高齢出産の知識は持っておいて損はない?

晩婚が進んでいるときに良く聞いた高齢出産
これは、リスクもあるという事を念頭においておくべきでしょう
どのようなリスクがあるのでしょうか

view519

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産とは?

  • 高齢出産とは統計上あるいは医学上、35歳以上で妊娠・出産することを意味します。35歳という年齢に何か特別な意味があるのか・・・というと、そういうわけではありません。高齢出産のリスクは、あくまで30歳を超えたころから徐々に高まっていくもの。よって、35歳を境として「急に」危険性が高まる・・・というわけではないのです。
    出典 :【高齢出産ってなに?】 - 35歳からの高齢出産
  • 日本産婦人科学会の定義=
    『高齢初産』は『35歳以上の初産婦』と定義されています。ただしコレは1993年以降のお話。それまではじつは『30歳以上の初産婦』でした。社会的に30歳以上の出産が増えたからということもありますが、いろいろな結果から実質的に35歳以上だと(とくに初産)いろいろなリスクが高まることから変更されたようです。
    出典 :2/4 35歳以上では何が変わるの? 高齢出産っていくつから? [女性の健康] All About
  •  

    高齢出産はごく当たり前の事になってきました

    しかし、リスクがある事は忘れられませんが
    ハイリスク・ハイリターンです
    喜びはリスクの上に成り立っています

  • =超高齢出産=
    最近のトピックです。50代以降の閉経後の女性が出産することです。『閉経後なのになんで?』と思われるでしょうが、過去に自分の卵子を凍結しておくか、他の人の卵子を使うことによって、技術的には可能になってきています((注)ただし日本では自分の卵子以外は認められていません)。これは倫理的、哲学的にいろいろと難しい問題ですが・・。
    出典 :2/4 35歳以上では何が変わるの? 高齢出産っていくつから? [女性の健康] All About
     

    上記の写真の意味はコチラ

  • 日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を「高齢出産(初産)」と定義しています。以前は30歳以上とされていましたが、平成3年頃から35歳に引き上げられました。それは30歳以上の初産婦が増えたこと、そしてWHOをはじめとする諸外国でも同様の定義がなされているからです。ちなみに、最近では初産婦・経産婦を区別せず、年齢に注目して分類する見方が強まっています。経産婦は初産婦に比べて母体の健康に対するリスクは低いものの、生まれてくる子供の健康に関するリスク(染色体異常が発生しやすくなるなど)は同様です。
    出典 :【高齢出産ってなに?】 - 35歳からの高齢出産
     

    定義はこのようになっています

  • メリットはあるの?

  • 高齢出産では母親の精神が安定しているため、余裕を持って妊娠~出産・子育てができるとされています。実際、「出産&育児に自信がない」と答える世代は20代前半の母親に多いとか。逆に、30~40歳前後の母親は「ゆったりとした気持ちで出産&育児ができる」と答える人が多いようです。高齢ならではの豊富な人生経験、またそれによって培われた精神力が大きく影響しているのでしょう。もちろん、年齢問わず個人差はあります。
    出典 :【どんなメリットがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  •  

    精神的余裕が持てます
    初めての出産でも高齢出産では
    色々な人の話を聞いて、自分でも色々な物を
    経験してきているはずですから

  • 精神的余裕がみられる高齢出産も、体力的な面では・・・あまり余裕を感じられません。しかし、赤ちゃんを育てるには想像以上の体力を要します。そんな時に役立つのが、高齢出産ならではのメリット「経済力」です。ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。育児に専念しつつ、自分のからだもしっかり休めましょう。
    出典 :【どんなメリットがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 若い間から苦労して育てるのもよしですが
    高齢出産は経済的にも安定していることが挙げられます

    35歳位になればそれなりに生活も安定しており
    収入も安定している人が多いでしょう

  • 高齢出産で若返り

  • さまざまな医学的リスクを抱える高齢出産は、さぞかしからだに負担がかかるだろう・・・と思われがち。ところが、高齢出産すると若返るという見方もあるようです。確かに、女性ホルモンがあふれ出る妊娠中は“お肌ツルツル”や“手足ぽかぽか”といった若返り現象が多く見られます。また、「自分はリスクを抱えている」という意識から食生活や体重管理などに十分注意を払うため、お産が軽くすんだ・・・というケースも多いとか。そして何より精神的な充実が得られるので、内面からどんどんキレイになれますよ。

    これらの若返り現象は産後もなお続き、小さな子供を抱えているだけで実年齢より若く見られる・・・なんてことは日常茶飯事。また、高齢妊娠・出産を無事に成し遂げたことで「自分のからだが信頼できるようになった」という人もいるようです。マイナスイメージばかりが行き交う高齢出産には、このようなプラス面もありますよ♪
    出典 :【どんなメリットがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • リスクとは

  • 35歳以上の妊娠・出産は、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすい・・・とされています。しかし、年齢問わず妊娠・出産にはトラブルがつき物。よって、一概に「高齢出産=危険」とは言えません。

    実際に20代でリスクを伴う出産をする人もいれば、40代以降でも若い人と同じように初産を難なくクリアする人だっています。かといって、油断は禁物! 高齢出産には高齢出産なりのリスク、また知っておくべき予備知識が数多くあります。それらを学び、理解することでより安全な高齢出産が臨めるでしょう。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 全妊娠の自然流産率(10~15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。主な原因として卵子の老化、またそれに伴う胎児の先天異常があげられるでしょう。流産は悲しいことですが、100%の予防策はありません。自然の厳しい一面であり、また若い人も10人に1人は経験することです。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
     

    流産の可能性が少し上がります
    予防策はありません
    しかし、若い人にも誰にでも
    流産の可能性はあるのです

  • 先天異常

  • 35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなるのは事実です。しかし、若いから安心・・・というわけではありません。とある調査では25~29歳で1.88%、35~39歳では2.02%、40歳以上では2.38%の確率となっています。加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。これに関しては、35歳以上のリスクが少々高いと言わざるを得ません。出生前診断を受けるか否かで悩む妊婦さんは多いと思いますが、まずは担当医に相談してみましょう。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • =染色体異常=
    ポイントは『女の人は、生まれたときから体の中に一生分の卵胞を持って生まれてくる』ということです。そして当然、その卵は年齢とともに成熟、さらに老化するのです。卵の老化というのは具体的にには染色体の異常ということです。染色体異常は自然流産(20代では10%強といわれている流産の確率は40代では30%以上になるという話もあります)や、先天異常の原因などになります。逆に自然流産の半分以上は染色体異常で起こるといわれています。
    出典 :3/4 35歳以上では何が変わるの? 高齢出産っていくつから? [女性の健康] All About
  • 妊娠高血圧症候群

  • 高齢出産には“妊娠高血圧症候群”というリスクも伴います。妊娠高血圧症候群はむくみや蛋白尿、高血圧などいずれか1つの症状が出現したもので、中でも高血圧に注意が必要です。高齢出産の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍とされています。加齢による内臓機能の低下、さらに妊娠という生体の変化が起こるのですから妊娠高血圧症候群が多いのも頷けるでしょう。妊娠高血圧症候群を防ぐには、早期発見および食事・栄養指導を受けることが大切です。また、体重管理にも注意しなければなりません。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 帝王切開

  • 高齢出産では、どうしても帝王切開が多くなりがち。しかし、それは「高齢だから・・・」という不安から医師も産む側も強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。また、医師が率先して帝王切開を勧めている部分もあるようです。帝王切開はなるべく避けたい・・・というのであれば、自然分娩志向のクリニックを探してみましょう
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  •  

    どの様な事も若い人とそう変わりはありません
    しかし、確率が高いのは否定できないのです
    その辺りに対しての予備知識を整えておく必要がありますよ