とても怖い!!!「尿毒症」

「尿毒症」は実はとても怖い病気なのです!
いったいどんな病気なのでしょうか???

view309

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿毒症

  • 尿毒症とは

     

    尿毒症は血液中の腎不全などで腎機能が低下して
    排尿により体外へ排出される物質が排出されず
    蓄積されるために様々な症状を引き起こすのです!

  • 尿毒症とは、腎機能の低下により起こる臓器、組織、さらには細胞機能(はたらき)の障害と、体液異常により起こる症候群の総称です。いい換えれば、末期腎不全(まっきじんふぜん)の状態を意味しています。
    出典 :尿毒症 - goo ヘルスケア
  • 尿毒症を放置しておくと、数日から数ヶ月で死に至ってしまう危険な状態となります。
    出典 :尿毒症の症状と治療法
     

    死に至ってしまうのですね・・・

  • 症状

  • 疲労感、無気力、食欲不振、嘔吐、頭痛、意識障害、痙攣、吐血、下血、口臭、血圧異常、不整脈、心不全、呼吸困難、肺炎、貧血、出血、紫斑など。重症となると幻覚や昏睡を引き起こす危険性があります。
    出典 :尿毒症(症状/検査/治療)
     

    とても怖いですね

  • 症状

     

    顔や下肢がむくむ、皮膚がかゆくなる
    貧血により顔色が青白くなる
    頭痛、めまい、倦怠感、眠気、動悸、息切れ、呼吸困難
    食欲不振、吐き気、下痢、腹痛、視力が低下する、
    皮膚、鼻血などの出血がみられる、尿の色が薄くなる
    ざっと調べましたが沢山でてきますね!

  • 免疫不全の状態になって感染しやすくなったり、高インスリン血症、性機能障害、成長障害、甲状腺ホルモンの異常、肺水腫、尿毒症性心膜炎などを引き起こします。
    出典 :尿毒症の症状と治療法
     

    たくさんの病気を引き起こすのですね

  • 免疫の異常 尿毒症では免疫不全の状態となっているため、感染しやすく、またワクチンなどによる免疫獲得率も弱くなっています。
    出典 :尿毒症| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • インスリン抵抗性や膵臓のβベータ細胞の糖に対する感受性の低下のため、耐糖能異常やインスリン分解能低下が起こって高インスリン血症となります。脂質代謝異常として、中性脂肪分解酵素の低下のため中性脂肪が高値となります。
    出典 :尿毒症| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 神経と内分泌の異常 尿毒性物質の貯留によると思われる神経精神異常が認められます。眠気から意識障害や精神症状まで程度も症状もさまざまです。
    出典 :尿毒症| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 治療法

  • 尿毒症の治療の一つに透析療法があります。透析療法では、臨床症状、腎機能、日常生活での障害度を考えて透析を導入します。食事療法ではタンパク質や食塩を控えます。
    出典 :尿毒症(症状/検査/治療)
  • 血液透析や、腎臓移植によって生存率も上がってくるようになりました。
    出典 :尿毒症の症状と治療法
  • 入院すると、安静を保ちながら食塩・カリウム・リンなどの制限を行って、低たんぱく食の食事療法をすすめていきます。
    出典 :尿毒症の症状と治療法
     

    最初からきちんとした食事をしておきましょう