オリゴ糖を知って賢く使おう!

オリゴ糖を使う物は多いと思いますが
オリゴ糖自体の成分などをしって、もっとオリゴ糖を
有効利用しましょう

view184

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • オリゴ糖

  • オリゴ糖とは、単糖類が複数結合してできる糖類で、分子の大きさが単糖類と多糖類の間にあるものをいう。オリゴとはギリシャ語で「少ない」という意味。オリゴ糖は腸内でビフィズス菌など善玉菌のえさとなるため、腸内環境を整える働きが期待されている。
    出典 :【オリゴ糖】 整腸効果を持つが摂取量には注意すべし! | ダイエットSlism
  • フラクトオリゴ糖 砂糖を原料に作られる 大豆オリゴ糖 大豆から作られる ガラクトオリゴ糖 乳糖から作られる コーヒーマンノオリゴ糖 コーヒーを抽出した残りの豆カスから作られる
    出典 :【オリゴ糖】 整腸効果を持つが摂取量には注意すべし! | ダイエットSlism
     

    種類があるのはしっていましたか?

  • 歴史なんてものも

  • 発見によりビフィズス菌の特性の研究が進められ、同時にビフィズス菌を増殖させる研究も同時に進められたのです。そして、その増殖因子が母乳に含まれるオリゴ糖であることがわかり、ビフィズス菌発見後、多くの研究で様々な種類のオリゴ糖が特定されました
    出典 :オリゴ糖 | 成分情報 | わかさの秘密
  • ●体内での働き

     

    オリゴ糖の中には、胃や小腸で消化・吸収されにくい難消化性のものもあります。このため、大腸内で善玉菌のエサとなり、その増殖を促進します。
    腸は体の根っこといわれるように、栄養を吸収する大切な部分です。腸内で悪玉菌が増殖してしまうと、体内に便などの老廃物が溜まり、便秘を招きます。便秘は肌荒れや食欲不振などを招いてしまうため、腸内の環境を整えることは、人間にとって非常に大切なことです。

  • 健康茶と併用するのも良い

  • 自然のものだし味のないので抵抗無く飲めますよ。 お腹の善玉菌のためにオリゴ糖の摂取をオススメします。 食物繊維には水分を保水する働きや便の量を増やす働きもあり便通改善に役立ちます。 お通じを良くするためには食物繊維も多くとるように意識しましょう
    出典 :�I���S���ɂ͂����Ȏg������
  • 大人の方だけでなく子供さんでも安心して使えます。 いいこと尽くめですが、効果には体質や個人差があることは理解しておきましょう。 最近の人気から砂糖の代わりにオリゴ糖を使うという人が増えているようです。 オリゴ糖は副作用を心配しなくていい健康食品なので、 使用量を考えて継続させましょう。
    出典 :�I���S���ɂ͂����Ȏg������
     

    実感でき易いものなのですね

  • カロリーと摂取量の目安

  • フラクトオリゴ糖 2kcal
    乳果オリゴ糖 2kcal
    大豆オリゴ糖 2kcal
    ガラクトオリゴ糖 2kcal
    キシロオリゴ糖 2kcal
    出典 :【オリゴ糖】 整腸効果を持つが摂取量には注意すべし! | ダイエットSlism
     

    一グラム当たりのカロリーです

  • フラクトオリゴ糖 3~8g
    乳果オリゴ糖 2~8g
    大豆オリゴ糖 2~6g
    ガラクトオリゴ糖 2~5g
    キシロオリゴ糖 1~3g
    出典 :【オリゴ糖】 整腸効果を持つが摂取量には注意すべし! | ダイエットSlism
     

    一日の摂取量の目安です

  • 妊婦さんでもOK

  • 妊婦さんでも授乳中でも安心できるお通じスッキリ法です。 使い方としては飲み物に入れて飲むだけです。 カフェインが気になるって場合はヨーグルトにいれて食べてもいいかも。 砂糖のかわりとして料理に加えることもできたりと使い方はいろいろ。 ただ砂糖に比べると甘さが少ないからそこんとこ気をつけて下さい
    出典 :�I���S���ɂ͂����Ȏg������
  • 便利な効果

     

    ◎腸内環境を整える効果◎便秘を改善する効果◎美肌効果◎動脈硬化を予防する効果◎ミネラルの吸収を促進する効果◎虫歯を予防する効果
    これだけ効果があればOKですよね