坐骨神経痛の症状にはどんなものがあるの?

坐骨神経痛の症状ってどんなだかしってる?坐骨神経痛って言葉は良く聞くけど、ほんとは良く知らないっていう人も多いんじゃないですか?そこで、坐骨神経痛の症状をまとめてみました。

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 坐骨神経ってどこにあるの?

  • 「坐骨」とは文字通り、椅子に座った時に座面に当たる部分のこと。クッションなしで堅い椅子に座っていると痛くなる、お尻の骨の下の部分を指します。
    出典 :坐骨神経痛の原因と症状 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • 「坐骨神経」はお尻の深い層の筋肉前方にあり、骨盤の中を通り抜け、足の先に向かって1mほど伸びている神経。
    出典 :坐骨神経痛の原因と症状 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • 坐骨神経

     

    なが~い神経です。

  • 坐骨神経痛は、この長い坐骨神経のまわりにおこります。

  • 痛みの分布図

  • 坐骨神経痛の症状は、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状に分けられます。全てがミックスされて症状が出現する事も多いです。
    出典 :坐骨神経痛の症状 (坐骨神経痛 症状、原因、治療のguide)
  • 運動系の坐骨神経痛の症状

  • 運動系の症状に関しては、筋力の弱化と共に、股関節・膝関節・足関節の障害を生じる事があります。これは、脚の後側の筋肉の異常が出現するからです。
    出典 :坐骨神経痛の症状 (坐骨神経痛 症状、原因、治療のguide)
  •  

    太ももの裏側がしびれたり、痛みがあります。

  •  

    ふくらはぎや膝の裏にも
    チリチリとした痛みや
    しびれがおこります。

  • ひどくなってくると、痛みで立っていられなくなったり、歩いていても、痛くて歩けなくなったりします。

  • 知覚系の坐骨神経痛の症状

  • 知覚系の症状は、通常、お尻の辺りから脚の先にかけて、神経の走行に沿って鋭い痛みを感じます。痛みは持続性の痛み(動かなくても痛い)と、運動痛(脚を動かすと痛みが再現する。)が存在します。
    出典 :坐骨神経痛の症状 (坐骨神経痛 症状、原因、治療のguide)
  • 知覚系の異常は、しびれ、皮膚の痛み、冷える感じ、感覚鈍磨などの自覚症状も出てきます。これらは、傷害されている神経によって、症状の出てくる場所が決まっています。
    出典 :坐骨神経痛の症状 (坐骨神経痛 症状、原因、治療のguide)
  •  

    いつもお尻が痛くなります。

  •  

    安静にしていても、お尻や足が
    激しく痛んで眠れなくなります。

  • 上記以外にもこんな症状が出たら要注意!
    ・太ももやふくらはぎ、かかと等が痛み、ぴりぴりとしたしびれるような感じが続く。
    ・お尻が痛くて長時間椅子に座れない。
    ・足に力が入らなくなったり、 足の裏に正座の後のようなしびれる感覚がある。
    ・足の筋肉の大きさが左右で違ってきている。
    ・足の裏の皮膚が分厚くなって、感覚が鈍くなったようなきがする。 
    など。これらは全て、坐骨神経痛の症状です。

  • 坐骨神経痛は、症状が進んで来ると、筋肉の麻痺や萎縮が起こってきますので、そうなる前に、坐骨神経痛の自覚症状があったら早期に必ず医療での検査を受けましょう。
    出典 :坐骨神経痛の改善は症状や原因の理解から