ベル麻痺のリハビリは、根気よくマッサージを続ける事が有効です

ベル麻痺とは顔面神経症の事で、顔面の神経の自由がきかなくなってしまう症状です。
このベル麻痺にかかると顔面の表情だけではなく、味覚や聴覚も影響を受けるので注意が必要です。
ベル麻痺のリハビリにはマッサージが有効なようです。

view217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔面神経麻痺(ベル麻痺)とはどんな病気か

  • 顔面神経麻痺は、顔面神経によって支配されている顔面筋の運動麻痺です。急性あるいは亜急性に発症します。原因疾患が明らかな症候性(しょうこうせい)顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性(とくはつせい)顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
  • 原因疾患として多いのは、ヘルペスウイルス感染症で、典型的には口唇(こうしん)ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症します。ほかには腫瘍(しゅよう)や代謝疾患が原因となる場合もあります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
     

    原因となるのはヘルペスウィルスのようです。

  • 顔面神経は、運動神経以外にも舌の前3分の2の味覚を伝達したり、アブミ骨筋という音量を調節する小さな筋を支配しています。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
     

    顔面神経は味覚や聴覚にも影響するのです。

  • ベル麻痺の症状の現れ方

     

    (1)男女差、年齢層に関係なく、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。その結果、額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖(とが)らせて口笛がふけなくなる、口角からよだれが垂れる、などの症状が起こります

    (2)麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じることがあります。

    (3)麻痺側の舌の前方3分の2の味覚障害を伴うことがあります。典型的な訴えとしては、ものを食べた時、金属を口に入れたような感じがするというものです。

  • 眼が閉じにくいため、眼を涙で潤(うるお)すことができず、夜間などに角膜が乾燥しやすくなります。そのため、角膜に潰瘍(かいよう)ができることがあります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
  • (6)治癒が完全でない場合には、顔面麻痺が残ることがあります。また再生した顔面神経が本来の支配先と異なった筋を支配してしまった場合には、口を閉じると眼が一緒に閉じたり、熱いものや冷たいものを食べた時に涙が出たりする異常連合運動が起こることがあります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
     

    神経の病気のために反射神経にも影響を及ぼすようです

  • ベル麻痺のリハビリテーションについて

  • 顔面神経麻痺には,中枢性と末梢性とがあります.中枢性は脳腫瘍や脳梗塞等の合併症として多くみられます.それに比し,末梢性顔面神経麻痺は,日常生活において,しばしば,見うけられます
    出典 :顔面神経麻痺の診断およびリハビリテーションについて | 厚生連高岡病院
     

    主に,ベル麻痺(約70%)とハント症候群(10%)に分類されます

  • 顔面神経麻痺を発症した患者さんがまず最初に知りたいことは、いつ頃・どの程度まで治るのか ということだと思います。重要なことは、末梢性顔面神経麻痺の多くは回復するまでに時間を要し、治療を開始して数日で良くなることは少ないのです。
    出典 :顔面神経麻痺を理解しよう
     

    ベル麻痺の治療は長期にわたる事がほとんどなのです

  • ベル麻痺の程度を知るためには,次の10項目の顔面運動を行い採点します

     

    1. 顔の緊張度合い
    2. おでこのしわよせ
    3. 軽い閉眼
    4. 完全閉眼
    5. 瞬目(瞬き)
    6. 鼻のシワ寄せ
    7. 両口角を外側へ広げ「イー」という.
    8. 口笛
    9. 頬を膨らませる
    10. 下口唇の可動(左右への)

  • 麻痺の程度:通常、麻痺が発症してから1週間程度は症状が進行することがありますので、麻痺の程度は1週間以上経たないと判定できません。原則として麻痺が重症なほど治るまで時間がかかり、治り方も不十分なことがあります。
    出典 :顔面神経麻痺を理解しよう
  • 症の場合:動きが正常の20%以下の状態ですが、外見的にもかなり麻痺が目立つ状態です。2-3カ月で麻痺が改善する患者さんのグループ(神経障害が軽度)と3-6カ月くらいでようやく麻痺が改善し、さらに程度は様々ですが後遺症が生じる患者さんのグループ(神経障害が高度)に大きく分かれます。
    出典 :顔面神経麻痺を理解しよう
     

    同じ重症でも個人差があり、神経の障害の程度によって回復過程異なるようです。

  • 麻痺を発症してから約一年経過すると慢性期と呼ばれます。慢性期の主な症状は、筋力低下、異常共同運動、顔面拘縮、顔面痙攣の4つの要素からなります。
    出典 :顔面神経麻痺のリハビリについて / 杏林大学病院形成外科・美容外科
     

    リハビリでは、麻痺側の表情筋の筋力強化を図り、後遺症としての機能異常を防ぐことを目的とします。

  • リハビリにより、それぞれの表情筋(口まわり、目まわり、額など)の動きの練習を適切に行うことで、筋力を強化できると同時に、異常共同運動の予防に役立ちます
    出典 :顔面神経麻痺のリハビリについて / 杏林大学病院形成外科・美容外科
  • ベル麻痺のリハビリには根気よくマッサージを続けるとこが大切なようですね