しっかりしておこう!「子宮体がんの検査」早期発見が大切!

子宮体がんの検査を受けていますか?40代以上の人は是非受けてください!もちろん低年齢でも受ける必要があるのです!

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮体がんの現状を知ろう

  • 子宮頸がんが20歳代後半から30歳代後半に多いのに対し、子宮体がんは50歳代~60歳代に多いがんです。また近年は、年齢に関係なく子宮体がんは増加傾向にあります。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、1年間で子宮体がんで亡くなる方は約1,600人と推測されています(2009年データ)。
    出典 :子宮体がんの検診と検査 - goo ヘルスケア
     

    少なくはない数字なのです。

  • 年代別の罹患率をみると、40歳代から増え始め、50歳代後半から60歳代前半にピークを迎えます。死亡率をみると、50歳代から急上昇し、高齢になるほど高くなります
    出典 :子宮体がんの検診と検査 - goo ヘルスケア
     

    検査はしっかり受けておかないといけません

  • 検査は定期的に

     

    早期発見のために、まず一般的な子宮がん検診を定期的に受け、ちょっとした不正出血などの変化も医師に相談するようにしておくとよいのです。いきつけの産婦人科を持つのも大切ですね。

  • 早期発見するには

  • 子宮体がんも、発見するには子宮体がん検診を受けるしかありません。子宮頸がんの検査と違って、子宮の奥の方まで細胞を擦り取る細い器具を入れなければいけないので、多少痛みを伴うのが難点ですが、40歳以上でリスクが高い方や不正出血がある方はきちんと検査を受けておいた方がいいでしょう。
    出典 :子宮体がんの検査法・治療法・予防法 [子宮の病気] All About
     

    検査を受ける事自体が大切なのです。

  • 子宮体がんの検査は

  • 精密検査を行う前に、エコーなど簡単に分かることからはじめていきます。また月経の周期や不正出血があるかないかで検査方法も大きく変わってきます。一般に、子宮体がんの検査で痛くて大変と呼ばれる検査法は、細胞診や組織診です。
    出典 :子宮体がんの検査って痛い?
  • 2つのうち組織診の方は、キューレット呼ばれる器具を子宮の奥に入れて内膜の組織をとって検査するので激痛がして、なかには立つことができないくらいの痛みがある人がいます。もうひとつの細胞診ですが、こちらは、さっか法と吸引法という方法があり、子宮内膜の状態を調べる方法です。
    出典 :子宮体がんの検査って痛い?
  • 組織をとるわけではないので、組織診よりも痛みはないようですが、器具をこすりつけたり、器具が内膜に触れるので多少は痛いかもしれません。しかし、細胞診はがんかどうか、陽性か陰性かの信頼性が80%と言われているので、ここで陰性でも安心できないのです。本当に子宮体がんを調べる場合は、痛いですが組織診しかありません。
    出典 :子宮体がんの検査って痛い?
  • 子宮体がんの検査は

     

    色々な方法を使って行われます。検査の方法次第ですが、上記した検査以外にも色々あるので主治医の意見をしっかり聞いて行うのがベターでしょう

  • まず出血や下腹部の痛みなどがないかを問診によって確認します。医学的には、褐色がかったおりものや、スポッティングと言われるほんのわずかな点状の出血も不正出血とみなします。また、内診では腟内に手指を挿入し、子宮の形状や大小の変化を調べます。同時に経腟超音波検査も行います。
    出典 :子宮体がんの検診と検査 - goo ヘルスケア
     

    まずは問診と内診があります。

  • 腫瘍マーカーとは、体内にがんが存在すると血液中に大量に増える物質をいいます。子宮体がんでは主にCA125という物質が利用されますが、がんを発見するためにはあまり有用とはいえず、治療前と治療後の数値の変化によって治療効果や再発の可能性を推測するおおよその目安として用いられています。
    出典 :子宮体がんの検診と検査 - goo ヘルスケア