胃潰瘍の原因、症状と治療法

胃潰瘍の原因と治療法を調べてみました。胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多く、胃を保護している粘膜が消化される現代社会の代表的な病気の1つと言われています。

view517

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃潰瘍とは、どのような病気か

  • 胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化される現代社会の代表的な病気の1つです。胃潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、「消化性潰瘍」とも言われています。
    出典 :胃潰瘍とは・症状・原因・種類
  • 胃潰瘍の主な症状

  • 胃潰瘍は『胃(みぞおち)の痛み』をはじめ『吐き気・嘔吐・食欲不振』による『体重減少』や、『口臭』『胸焼け』などさまざまな症状があります。ここで、胃潰瘍にみられる主な症状についてまとめてみました。
    1. 胃(みぞおち)の痛み
    2. 吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少など
    3. 口臭・胸やけ・ゲップ
    4. 下血
    5. 吐血
    出典 :胃潰瘍の主な症状について1 - 胃潰瘍ナビ
  • 胃(みぞおち)の痛み

     

    胃(みぞおち)の痛みは、胃潰瘍の自覚症状の90%に該当すると言われています。胃潰瘍は食後から痛み発症し、過剰摂取をした場合は、長時間にわたり痛みが続きます。

  • 嘔吐、吐き気

     

    胃潰瘍になり、胃液が多く出すぎた影響で、胃粘膜とのバランスが崩れると、胸やけ、ゲップなどが起こります。嘔吐、吐き気、食欲不振などの症状が出ることがあります。

  • 吐血、下血

     

    胃潰瘍の場合、胃酸によって黒くなった血を『吐血』することがあります。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因です。赤い血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)であることがあげられます。
    胃潰瘍で便に血が混じる場合『黒い便』が出ます。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因と言われています。この便を『タール便』と言います。『下血』の場合、気づかないこともあり、貧血になってやっと、胃潰瘍で『吐血』していると気づく場合も少なくありません。 下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもありますし、大量に下血する場合、病院で検査をする必要があります。

  • 胃潰瘍の原因

  • 胃潰瘍になる原因は、主に下記とおりと言われています。
    1.人間関係、過労、睡眠不足、緊張、不安、イライラ感
    2.ヘリコバクター・ ピロリ菌の感染
    3.強い香味料の過剰摂取
    4.鎮痛剤・ステロイド剤などの長期服用
    5.アルコール・コーヒーの過剰摂取
    6.喫煙
    7.暴飲暴食、早食いなど不規則な食生活
    出典 :胃潰瘍になる原因について1 - 胃潰瘍ナビ
  • ヘリコバクター・ピロリ菌

     

    強い酸性の胃の中には、細菌は生息できないと考えられていました。しかし、ヘリコバクター・ピロリ菌という胃粘膜に生息する細菌が存在すること、さらに十二指腸潰瘍患者の90%以上、胃潰瘍患者の70~80%がこのピロリ菌に感染していることからピロリ菌が胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こしていることが分かり、現在ではピロリ菌に感染することが胃潰瘍・十二指腸潰瘍の最大の原因であると考えられています。

  • ストレス

     

    内臓の働きは自律神経によって調節されています。肉体的ストレスや精神的ストレスを受けると自律神経の働きが乱れ、粘膜の血流が悪くなって粘膜が傷つきやすくなり潰瘍ができやすくなります。

  • 胃潰瘍の治療

  • 胃潰瘍の治療は現在ほとんどが薬によるものですが、吐血や下痢といった症状がひどい場合は胃潰瘍にも手術が必要です。
    「急性」の場合はその原因がストレスであったりアルコールの飲みすぎであったりしますから、それらの原因を取り除 くことで治ります。 「慢性」の場合は少しやっかいです。 最初に内科的治療として、薬物療法があります。
    出典 :胃潰瘍の治療法