物忘れを防ぐ!脳を鍛える【生活術】

誰もが一度は経験した事があるはず
物忘れについてまとめてみました

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術

  • 「テレビに出ている芸能人の名前が思い出せない」「何を取りにきたのか忘れてしまう」…こうした「物忘れ」は日常生活で誰もが一度は経験したことが あるでしょう。
    年齢を重ねるごとに筋力や体力が衰えていくのと同じように、脳も衰えていきます。その脳の老化現象の一つが「物忘れ」。
    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    脳の老化をストップさせることは難しいですが、日常生活でいくつかのポイントを注意することで、脳の老化スピードを遅くすることは可能です。日常生活を工夫して、物忘れの少ない若々しい脳をキープしましょう。

  • 脳を鍛えられる」として話題になり、中高年層を中心にヒットしたソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は「ニンテンドーDS」向けだった。せっかくパソコンがあるのだから、携帯ゲーム機だけでなくパソコンでも「脳を鍛えたい」と思う人は少なくないはず。
    出典 :PART1 物忘れ、大丈夫?脳を刺激して若返ろう!《パソコンで脳を鍛える》
  • 20代から始まる!脳の老化

  • 原因は「加齢」で、年齢を重ねるごとに脳の細胞が減少していくためです。実は、脳の老化が始まるのはなんと20代! 20代を境に、年齢とともに脳は老化していき、記憶力は低下していきます。さらに60代になると記憶力に加えて、判断力や適応力も低下するため、物忘れが起こりやすくなってしまうのです。
    また、不規則な生活や睡眠不足も一因。疲れがたまったり、睡眠不足になったりすると頭がボーッとして、自然と集中力は落ちてしまいます。さらにストレスが加わると、理解力や記憶力も低下し、物忘れがひどくなるのです
    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
  • 「加齢?」「認知症?」物忘れの違い


  • 加齢による物忘れの場合
    ・自分のした経験の一部を忘れる
    ・ものの名前を忘れることが多く、物事自体は覚えている
    ・物忘れが多いことを自覚している
    ・人や場所、時間はほぼ正しく認識できる
    ・日常生活にさほど支障はない


    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
  • 認知症による物忘れの場合
    ・自分のした経験を全部忘れる
    ・ものの名前だけでなく、物事自体も忘れる
    ・物忘れが多いことを自覚していない
    ・人や場所、時間が混乱する
    ・日常生活に支障をきたしている
    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
  • ちょっとした事が予防になる

  • ①散歩は、とても良い。足腰には、もちろんの事、季節感を体感できる。(見当識障害に 効果)
     ②日記など、年月日の確認(見当識障害に効果)
     ③歌の暗記やパズルゲームなど(短期記憶障害に効果)
     ④手芸や日曜大工などの物作り
     ⑤ゲートボールなど、ルールのある遊び
     ⑥対人交流
    出典 :『モノ忘れ対策にできることは?』
     

    若い世代でもこのような事をする人は減っているので
    これは参考になるはず

  • 1.脳の3機能を意識して鍛錬  計画力 : 旅行の計画を事前に練る エピソード記憶 :   出来事を思い出し日記に  注意分割力 : 同時に複数の料理を作る
     2.鍛錬の目標は少し高めに  達成したらまた少し上を目指す
     3.継続は力なり    仲間と一緒だと励みになるし会話が刺激に
     4.運動の習慣で血流を改善   まず一日7000歩を目標にウオーキング
     5.栄養をきちんととる   魚(特に青魚)や野菜、果物を食べる
     6.規則正しい生活を心がける   ぐっすり眠って頭すっきり  
    出典 :『モノ忘れ対策にできることは?』
     

    これだけでも全然違います

  • ワーキングメモリを鍛える!脳力アップ生活術

  • 選択肢の数を最小限に抑える

    選択肢が多すぎるとワーキングメモリに過負荷がかかり、さまざまな悪影響が及ぶ。ストレスや不安が増大したり、判断力が鈍ったり、正しい選択をしたかどうか自信がもてず、くよくよと考え込んだりしがちになるのだ。だから幸福になりたいのなら、選択肢の数を最小限に抑えよう。職場では「この時間はこの作業に専念する」と決めよう。パソコン画面には複数のプログラムではなく、ひとつのプログラムだけを立ちあげよう。いちいち画面を切り替え、複数のプログラムを行ったり来たりするよりも、作業に集中しやすくなる。
    出典 :【オススメ!】『脳のワーキングメモリを鍛える! ―情報を選ぶ・つなぐ・活用する』トレーシー・アロウェイ,ロス・アロウェイ:マインドマップ的読書感想文
  • ランニングする

     

    いくらウェイトをもちあげたところで、ワーキングメモリに測定可能な改善は見られないというのに、ランニングは頭脳の力を大きく上げたのである。とりわけランニングの直後、ワーキングメモリの能力が急上昇した。たった30分間のランニングであろうと、その直後は、ランニングの前よリワーキングメモリの働きが向上したのである。
    http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52112063.html(引用)

  • イメージしてから行動する
    イメージを働かせて記憶することで、ワーキングメモリにうまく働きかけることができ、物忘れをしにくくなるといわれています。たとえば、「はさみを取りに行く」という行動をとるとき、その前に「はさみを取って紙を切るところ」をイメージします。これを毎日繰り返すことで、少しずつ効果が表れてきます。
    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
  • 感動や達成感を味わう体験をする
    本や映画などで感動する、達成感を味わうといった体験は、ドーパミンの分泌に効果的です。また、アルコールを適度に摂ることも、ドーパミンの分泌に繋がると言われています。このドーパミンとワーキングメモリには、深い関係があることが分かっており、これが脳力アップに繋がると考えられます。

    ※ドーパミン:脳内ホルモンの一種で、脳に対しやる気を出すように、楽しさや心地よさを生みだす物質のこと。
    出典 :物忘れを防ぐ!脳を鍛える生活術|ヘルスケア情報|eo健康
     

    感動できるって良いですよね

  • ローズマリーの香りを嗅ぐ

     

    ローズマリーのグループは、対照群と比較して、ワーキングメモリ課題で高スコアを獲得した。ところが、ラベンダーは逆効果であることがわかった。ラベンダーのグループのスコアは、対照群のそれより低かったのだ。ローズマリーには覚醒作用があるので、ワーキングメモリが改善され、ラベンダーには鎮静作用があるため、ワーキングメモリには逆効果だったのではないかと、モスは推測している
    http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52112063.html(引用)

  • 脳生活をしっかりと行うようにしてくださいね!