ストレッチって危険?その声に答えながらストレッチ実践集

ストレッチ自体は危険ではありません。ただやり過ぎが危険です。効果的な方法も交えながら

view252

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレッチのやり過ぎ危険です。

  • Q.運動前のストレッチって実は逆効果という話を聞いたのですが、どうなんでしょう?

    A.その通り、ハードであろうとソフトであろうとスポーツで事前ストレッチは危険です。
    出典 :運動前のストレッチって実は逆効果という話を聞いたのですが、どうなんでしょう?... - Yahoo!知恵袋
  • 筋繊維は縮まっている期間が長いとその距離は縮まったままで固定されていることが考えられる。

    だからそれをいきなり伸ばすのは危険が有るんだ。
    出典 :ストレッチの危険性について|Ken Yamamotoのブログ
  • ストレッチはリラクゼーション目的にしましょう。

  •  最近ではこれらの効果に加えてリラクゼーションの効果が明らかとなってきました。30分程度にわたり全身の筋を順番に伸ばしていくようなストレッチングの前後で脳波や自律神経活動を調べてみると、前頭葉でのアルファ(α)波を増加させ、心拍変動を増加させ心拍数を低下させること、すなわち自律神経の活動が副交感神経活動を有意に変化させることが明らかとなっています3。
    出典 :ストレッチングの効果|e-ヘルスネット[情報提供]
  • ストレッチとしてヨガを味わってはいけないのか 素朴な疑問 快感や解放感 無を味わうこと ヨガは瞑想 yoga meditation

     

    動画時間約5分です。しっかり学びましょう

  • 中目黒和風癒し処 ゆうてらす ストレッチング指圧の手技一部 - YouTube

  • ストレッチで健やかな日常生活を送れる。

  • ストレッチにより関節の可動域を広げ、柔軟性を高めることは運動能力の向上だけでなく、健康的な日常生活を送る上で大切な事なのです。
    出典 :ストレッチの効果とは? [ストレッチ] All About
  • デスクワークやパソコンを使ったお仕事、車の運転など同じ姿勢を続けることが多い私たちの生活では、筋肉が常に緊張を強いられています。そんなときは簡単なストレッチをときどきするのが筋肉の緊張をほぐし効果的です。

    痛くなるまで伸ばす無理をする必要はありません。気持ちのよい張りを感じるところまでで十分なのです。
    出典 :日常生活にストレッチ
  • 柔軟性のある体になり日々の仕事も頑張りましょう。

  • 運動前にどうしてもストレッチをしたい場合

  • 筋トレ中にケガをしないためにでは、

    ストレッチをするまでの、からだを温めること
    出典 :想像を絶するストレッチ効果【筋トレ職人の実践講座】
  • ストレッチ前後体を温めることも必要です。

  • 無理なストレッチは危険です。自分の目的に合わせて適度なストレッチを行いましょう。