ワーカホリックと呼ばれる仕事依存症候群

私生活の多くを犠牲にしてまで仕事に打ち込んでしまう
仕事中毒になると問題になるのでは!?
私生活を大切にしましょう

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 仕事中毒とは

  • 仕事中毒(しごとちゅうどく)とは、生活の糧である筈の職業に、私生活の多くを犠牲にして打ち込んでいる状態を指す言葉である。英語ではワーカホリック(英:Workaholic)とも呼ばれる。
    出典 :仕事中毒とは - Weblio辞書
  • この仕事依存症は、アルコール依存や薬物依存などと並ぶ立派な依存症なのですが、あまり深い問題としては認知されていません。仕事ばかりしている人を揶揄するときに使ったりする程度にとどまっています。また、生産性のある依存症なので、仕事熱心な人と認知されることもしばしばです。
    出典 :�d���ˑ��nj�Q
  • あてはまるのでは?

  • 忙しくしているほうが楽自由な時間ができてしまうと「何をやっていいかわからない」と不安になってしまう。「やりたいこと」が明確になっておらず「やらなきゃいけないこと」を常に探していないでしょうか。
    出典 :当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ
     

    いかがですか

  • 今できることは今すぐやらないと気が済まない期限を守るのは大事なことですが、まだ余裕があるのにプライベートの時間を削ってまで仕事に没頭しているのなら要注意!家族や友達、パートナーと一緒に過ごす時間も大切にしてくださいね
    出典 :当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ
  • 頼るより頼られるほうがいい

     

    自分のやるべき仕事でなくても、頼まれたら断れない。そして、人に頼むのは苦手……。

    なんでもかんでも抱え込むのではなく、時には断ることが大事です。また、人に頼むときは「申し訳ない」という気持ちからではなく「見せ場を与えている」のだと思って任せてみてはいかがでしょう。

  • 人から褒められても「いや、まだまだです」と言ってしまう。あなたはどうなったら自分を認めることができるのでしょうか?人の頑張りを見て「凄いな」「偉いな」と思う気持ちがあるのでしたら、自分のことも褒めてあげませんか?
    出典 :当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ
  • 自己価値が低い「仕事を頑張っている自分」でなくなったときを想像してみてください。どんな気持ちになりますか?ネガティブなイメージしか湧かない場合、あなたは「ありのままの自分」には価値がないと思っているのかも知れません
    出典 :当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ
  • 動悸と態度が違う

  • 仕事を、未解決の個人的な問題、たとえば結婚生活、恋愛、子供との問題ある関係など、本当は直面して解決することから逃げる言い訳に使っているのです。 責任をとらなければならないことから目をそらせる手段として利用しているのです。そこに、仕事をしていないと生きていけないという事態が成立します。
    出典 :ワーカホリックと言われます
     

    仕事が生きがいなのでしょうね・・・

  • 何が問題か

  • 仕事依存症になると心身に問題が生じる危険があります。仕事依存では休日恐怖とも呼ばれる、休みの日にも仕事をしていないと落ち着かずイライラするといった症状が出ます。こうなると、休みなく働いていることになるので、疲労がたまり、いずれバーンアウトしてしまったり、うつ病になってしまうこともあります。一時期急増した過労死も仕事依存症によって引き起こされるものです。
    出典 :�d���ˑ��nj�Q
  • 脱却しよう

  •  

    仕事以外のことにも興味を持ち、仕事を家庭にできるだけ持ち込まず、休日は心身を休めたりリフレッシュするために使いましょう。また、大きな仕事を自分一人で全部やろうとしないで、ほかの人に委ねることも大切です。