疲れやすい人への体質改善法

わかっていてもなかなか出来ないのが
体質改善です
しかし、疲れた身体を癒すには
体質改善を行うしかないのです

view349

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず気を付ける事は3つ

  •  

    1.規則正しい睡眠をとる事
    2.バランスの良い食事をとる事
    3.適度な運動をする事

    この三つは最低限行いたい部分だと言えるでしょう

  • 疲れに効果的な食べ物はこのような物

  •  

    筋肉に蓄積されていく乳酸が疲れの原因と言われています

    この乳酸を分解する栄養素は
    [ビタミンB1]
    [クエン酸]

    の二種類あります

  • 豚ヒレ肉 0.98 たらこ(生) 0.71 ベーコン 0.47 豚肉(たん) 0.37 ドライイースト 8.81
    生ハム(促成) 0.92 豚ロース肉 0.69 こい 0.46 たい(生) 0.34 インスタントラーメン 1.46
    豚もも肉 0.90 豚肩ロース肉 0.63 牛肉(はつ) 0.42 めんたいこ 0.34 あおのり(乾) 0.89
    生ハム(長期熟成) 0.90 豚ひき肉 0.62 すじこ 0.42 豚肉(レバー) 0.34 だいず(乾) 0.83
    ボンレスハム 0.90 ハム(ロース) 0.60 いくら 0.42 だいこんぬか漬 0.33 こんぶ(乾) 0.80
    焼豚 0.85 ベーコン(ロース) 0.59 かも 0.40 グリンピース 0.33 きな粉 0.76
    たらこ(焼) 0.77 ショルダーベーコン 0.58 鶏肉(レバー) 0.38 粒入りマスタード 0.32 焼きのり 0.69
    うなぎ(かば焼) 0.75 豚ばら肉 0.54 豚肉(はつ) 0.38 かぶのぬか漬(葉) 0.31 カップ麺(ラーメン) 0.68
    出典 :ビタミンB1の多い食品と含有量一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算
     

    ビタミンB1の含有量です
    100gあたりのビタミン量で
    成人女性推奨量は1.1mg
    成人男性推奨量は1.4mg
    ですよ

  • クエン酸は疲労回復だけでなく、様々な効果があります。


    クエン酸は、梅干しやレモン、お酢に含まれている“すっぱい”成分です。すっぱいので酸性かと思いがちですが、アルカリ性です。疲労の原因となる乳酸の生成を抑制する作用があり、心身の疲労、肩こりや筋肉痛、肝臓病などの予防・改善に有効とされています。また脳の神経疲労を和らげ、認知症を予防するともいわれています。クエン酸を多く含む食品には、温州みかん、夏みかん、レモン、グレープフルーツ、桃、梅、いちご、キウイ、リンゴ酢などがあります。
    出典 :クエン酸
  • 控えた方が良い食習慣があります

  • 程々にしておいてほしいものは
    ・カフェイン
    ・アルコール
    の2種類です

    また、甘いお菓子やスナック菓子は一時的に元気が出ます
    そのかわり一気に疲れます

    要注意してください

  •  

    冷たい飲み物の取りすぎも

    身体をだるくさせる原因になります


    過ぎたるは及ばざるがごとし
    昔の格言に習ってください

  • 改善方法

  • 呼吸法で改善

     

    呼吸は人間に必要不可欠な事です
    酸素を取り込み→二酸化炭素を排出
    これが不健全な状態だと
    疲れやすく・体力の無い身体になってしまいますよね

    その際は腹式呼吸を行いましょう
    どう行うのか?が問題です

  •  

    体を軽く動かすのが一番良いよ言われています
    腹式呼吸で横隔膜を動かす運動をしましょう
    呼吸をゆっくりに整える事で体が疲れにくくなるでしょう

    しかし、口呼吸になりがちの人は要注意してください

  • 運動を続ける事は

  • 運動をする事で改善する事は多いのが特徴です
    ・便秘解消
    ・冷え性の改善
    ・肩凝りの改善
    ・ストレス解消効果
    が期待出来ます

    女性だと気になる体重の減少を呼ぶ事が出来ます
    基礎代謝の向上も見られるからです

  •  

    画像は冗談ですが

    1日1回で良いので
    [好きな軽い運動]
    を10分は行ってください
    なにも1時間以上しなさいと言う事はありません
    20~30分程度でも良いので
    続ける事が疲れに対する体質改善になるのです

  • 寝る前に・・・

  •  

    軽く身体を伸ばすようなストレッチを行ってみましょう
    血行促進に繋がる事で
    寝つきが良くなるのです
    熟睡に繋がる第一歩と言うべきでしょう

  •  

    近年流行している[アロマ]で気分転換をしましょう
    落ち着いた精神を手に入れる事で
    毎日が楽しくなります

    寒い冬には
    アロマ加湿器
    もオススメです

  • 以上の事を念頭に置いて

    しっかりと体質の改善を行い
    楽しい毎日と
    疲れにくい毎日を
    実現してください