逆子体操というものはとても大切!

約5割の人がなると言われている逆子・・・
この逆子は体操を行う事で治す事が出来るのです。
逆子体操は簡単に出来るのでチャレンジしてみましょう!

view977

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、逆子体操ってなに?

  • 約5割の人に起こるといわれている逆子ですが
    簡単にいうと胎児がきちんとした方向ではなく
    そのまったく逆の方向を向いてしまう事なのです。
    その逆子に対して有効な体操が逆子体操というわけです。

  •  

    逆子体操といっても色々あります。
    ここでは二種類ほどご紹介したいと思います。
    どちらも結果としておしりを高く上げる事で
    赤ちゃんを「回転」させるのが目的なのです。

  • 逆子体操(胸膝法)

  • 文字通り両膝をついての体操です。
    腹部を緩め両膝をついて出来るだけお尻を持ち上げるようにします。
    15分~20分程度続けたあと、頭を上げないように(上げてしまうと効果がなくなってしまうため)
    そのまま注意しながら横向きになり安静にします。

  •  

    寝る前に行うとそのまま寝る事で安静に出来るので
    就寝前の時間を利用してゆっくりするのが良いです。
    治らないからと言って無理はだめですよ?
    体に逆に負担を与えてしまいます。

  • 逆子体操(ブリッジ法)

  • これは仰向けに寝て、高さが30~35センチくらいに
    なるように、お尻の下に枕や布団をはさみます。
    この姿勢を一回につき10分、一日に2回行う事で
    逆子に効果が期待できます。

  •  

    これはお昼の時間がある時にゆっくりと
    する方が良いかもしれませんね。
    ただしこれも、し過ぎは注意ですよ?

  • とっても簡単だけど本当に逆子が治るの?

  • この逆子体操は実に約95%の人が治ったと言われる
    体操なんです。大方100%ですね。
    すぐに治るものなんてありませんから
    継続して行うようにしましょう。

  •  

    逆子はほとんどの人が経験する登竜門のような
    物だとかんがえて
    諦めない事が大事!!!

  • まとめとして

  • 逆子になったからといって悲観する事はありません。
    ここで紹介した体操以外にも方法はあるので、自分に合った体操を選びましょう。
    また、必ず勝手に行うことはせず、医師の指示を的確に仰ぐのも大切ですよ!

  •  

    お医者様と相談して無理のない方法を選び
    前向きに明るく子供と向き合いましょう。
    難しい事じゃありません。
    ゆっくりと継続する事が大切なのです。