還暦過ぎてもモデル体型!楠田枝里子さんの美の秘訣。チョコレート・ダイエットとは!?選び方・食べ方など

もうすぐバレンタインデー。
チョコレートと言うと太りやすいお菓子の代表だと思われがちです。
でも、食べ方を気をつければダイエットの強い見方に…!?
60歳を過ぎてもスタイル抜群の楠田枝里子さんの美の秘訣もチョコレート。
チョコレートダイエットについてまとめてみました。

view712

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バレンタインデーにチョコレート

  • 2月14日は日本では「女性が男性にチョコレートを渡す日」とされています。実はこの日にチョコレートを贈る起源は、メリーチョコレート社が東京の「伊勢丹」で販売したことがきっかけでした。

    意味・目的女性から愛を告白する日

    欧米では、バレンタインデーには男女間だけでなく家族や友人にカードやプレゼントを贈ります。 しかし日本では女性から男性へ愛の告白をする日、チョコレートを贈る日として定着しています。
    出典 :バレンタインデー|日本文化いろは事典
     

    チョコレートをバレンタインデーに贈るのは日本独自の風習みたいです。
    贈り物に限らず、冬にはどうしてもチョコレートが食べたくなりますね。

  • No known copyright restrictions

  • 楠田 枝里子さんは大のチョコレートマニア

  • チョコレート・ダイエット


    体重オーバー、わ~ダイエットしなくっちゃ、と焦っている、あなた。
    シミ、シワ、肌荒れなど、お肌のトラブルに悩んでいる、あなた。
    便秘やストレス、どうも体調がすぐれないなど、健康が心配な、あなた。

    おまかせください!
    私の新刊書「チョコレート・ダイエット」(幻冬舎)が、出ました!!
    出典 :** Eriko Kusuta's World ** 楠田枝里子公式ホームページ **
     

    この本もチェックしておきたいですね。

  • チョコレートダイエット

  • Chocolate by John Loo

  • アメリカの男性が、意外なダイエット方法で115キロの減量に成功し注目を集めている。その方法とは、ダイエットにチョコレートを利用したもの。チョコレートといえばダイエットの敵。普通は絶対に食べてはいけないお菓子のはずだが、男性は「チョコレートを食べたい」という欲求を逆手にとって、16か月で大幅な減量に成功したのだ。
    出典 :欲求を逆手にとった『チョコレート・ダイエット』で115キロ減量に成功 | ロケットニュース24
     

    なんと115kgものダイエットに成功した男性が!!

  • チョコレートでは太らない
    チョコレートは太る! こんなよくある誤解に挑んだ実験があります。標準飼料育ちのラットと、飼料の20%をチョコレートでおきかえたラットを比べた場合、カロリーがおなじなら体重の差はなく、肥満もみられませんでした。「何が」太るかの原因探しより「どれだけどう」食べたかのほうが大切なことが確かめられたわけです。

    出典 :チョコレート・ココア健康講座 | 日本チョコレート・ココア協会
     

    総摂取カロリーが同一なら、チョコレートでは太らないそう。

  • 美味しいだけじゃない!上手に食べれば健康にも役立つ

    いかがですか?ダイエット中の人やメタボの気になる人にとっては何かと悪者扱いされがちなチョコレートですが、カロリーの摂り過ぎにならないよう食べ過ぎなければメタボ予防やダイエットにも良い作用が期待できるのです。カカオ含有量の高い良質なチョコレートの脂質はコレステロール減少効果のあるオレイン酸と身体に吸収されにくいステアリン酸を多く含むので、ダイエットに利用される場合もあるほどです。チョコレートの成分はとても吸収が早いので、お腹がすいたときにチョコレートをほんの少し食べるだけで速やかに満腹感が得られてドカ食い・食べ過ぎを防ぐことができますし、テオブロミン等の効果で気持ちが落ち着いたりリラックスできたりもしますので、ちょっと疲れた時やイラっと来た時の気分転換にも効果的です。

    出典 :チョコレートの栄養成分について : タニタ運営[からだカルテ]
     

    オレイン酸とステアリン酸のコレステロール減少効果が期待されます。

  • ダイエット効果としては、血管をひろげ血流量を増やすことで基礎代謝率を高め体温をあげることでエネルギー消費率を高める作用がある。 さらに脳内物質のセロトニンに働きかけて、食欲をおさえリラックスさせる作用もある。
    また、カカオ豆から抽出した天然物質として多くの人がチョコレートとしてずっと食べてきた歴史もあり安全性は高いといえる。動物実験でもその安全性は確認されている。
    出典 :カカオから抽出される「テオブロミン」にダイエット効果(スゴモリ) - エキサイトニュース
     

    チョコレートを食べると身体がぽかぽかしてくる気がしますよね?

  • チョコレートダイエットの正しい方法


    「チョコレートダイエット」と聞くと、チョコレートをたくさん食べてもいいダイエットなのかと思ってしまいますが、そうではありません。50グラムくらい、大体板チョコ半分くらいのチョコレートを、食事の20分前くらいに、1日数回に分けて食べるのが基本です。

    カカオが70%以上のビターチョコレートを食べれば、チョコレートの糖分が満腹中枢を刺激して、空腹感を抑えることができるので、その後は普段どおりに栄養バランスのよい食事をとります。
    出典 :チョコレートダイエットの正しい方法
     

    満腹中枢を刺激する効果もあります。
    おすすめはカカオの含有率が70%を超えたチョコレートです。

  • ◆チョコレートを上手に活用

    ポイントはカカオ70%以上のチョコレートを選ぶこと。カカオには食物繊維やミネラルなど、美容に良いポリフェノールがたくさん含まれています。また、ダイエットによるストレスを軽減してくれたり、満腹中枢を刺激してくれる成分も含まれていますよ。空腹を感じる前に一粒かじるようにしましょう。
    出典 :チョコも肉もOKなダイエット法とは?(モデルプレス) - エキサイトニュース
     

    ポリフェノールの抗酸化効果にも期待できます。

  • 2:チョコレート

    チョコレートをよく食べて運動すると、食べずに運動した人よりもBMIが下がることが分かっています。

    カテキンなどの抗酸化剤によって細胞のエネルギー生成機能が高まります。

    しかし、お菓子は高カロリーなので、1回にとる量を30グラムほどにしたり、ココアパウダーを使うのがいいでしょう。
    出典 :痩せるためには!!|東京のモデル事務所Renaプロモーション
  • •高カカオチョコレートは普通のチョコレートより脂質量が多い。間食として食べることが多い食品であり摂り過ぎには注意が必要。
    •高カカオチョコレートは嗜好品として楽しむ分には問題ないが、テオブロミンやカフェイン等の生理作用のある物質も多く含まれるため、これらの成分に敏感な人やテオフィリン等の医薬品を使用している人は摂取に注意が必要。
    出典 :高カカオをうたったチョコレート(発表情報)_国民生活センター
     

    最後に注意点。
    食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。