金属アレルギーの症状が出たらどうする?

金属アレルギーの症状が出たらどうする?軽度のアレルギーから、全身に至る重度の金属アレルギー症状を解説しています。

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 金属アレルギーの症状は2つ

  • 金属接触アレルギー(いわゆるカブレ)直接皮膚や粘膜に触れる金属は汗などの影響を受け、溶け出して体内に入り、その後再び金属が触れた部分に、かゆみ、発赤、発疹、水疱、びらんなどを起こします。また慢性化すると皮膚が厚くごわごわし治り難くなります。なお、口腔内では、口内炎や歯肉炎などを起こすことがあります。
    出典 :金属アレルギー〜ティーペック健康ニュース
  • アレルギーではないと思っていても、実は金属に拒否反応していたなんて人もいるようです。

  • 金属のアクセサリーが好きな人は、アレルギーの症状について知っておきましょう。

  • イオン化した金属が体内に入ることで、次に同じ金属が接触すると拒絶反応を起こしてしまうんです。そして、その拒絶反応によって皮膚がかぶれてしまいます。この症状を「アレルギー性接触皮膚炎」と言いますが、そういった症状が金属アレルギーと言われています。
    出典 :金属アレルギーの症状と対策
  • 大好きなアクセサリーで肌荒れになる可能性は誰にでもあります。

  • 皮膚の症状が全身性の症状だったら

  • 全身性の症状は、想像も付かない部分で症状が起こる場合がほとんどです。
    出典 :金属アレルギーの症状|金属アレルギー治療ガイド
  • アレルギー反応は、金属を身につけている場所とは限りません。

  • 全身性の金属アレルギーの場合、誤診されるケースもあります。

  • 「全身性」体内に入った金属が、全く関係なの場所、または全身に表れるタイプの金属アレルギーの症状
    出典 :金属アレルギーの症状とは?
  • 気づかなければ、症状が悪化しても金属を使いつづけてしまいます。

  • 健康が阻害されてると感じたら

  • 手足のかぶれだけでなく、女性には大敵のシミ・シワ・肌荒れ、老化であったり、肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒、重金属毒)を起こす可能性も指摘されています。 そして、さらにやっかいなことに、憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れなどの精神面でも影響を受けるとの指摘もあります。
    出典 :金属アレルギーをご存知ですか?
  • 治療が改善に向かわない場合には、金属アレルギーの可能性を疑いましょう。