お風呂で歯を磨くと美容やアンチエイジングになる!?その効果とは

お風呂で歯を磨くことは歯医者さんも勧めるほど合理的で美容やアンチエイジングにも効果があるみたいなんです。お風呂で歯を磨くだけでそんな効果があるの!?

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お風呂に浸かりながら歯磨きすることの意味

  • 「私自身、寝る前の歯みがきには20分ほどかけます。しかもお風呂で温まりながらするんですよ」
     と話してくれたのは、歯科医師の上野ちひろ先生。
    出典 :「歯にいい!代謝にいい!お風呂で歯みがき習慣」|デンタルプロ株式会社
  • これ、とても大切なポイントです。お風呂で歯を磨く時は必ず湯船に浸かりながら歯磨きしてください。その理由は……

  • 「入浴すると体が芯から温まって、女性にとって大敵である冷え症の改善になります。さらに、水圧による全身へのマッサージ効果があり、リラックスできることで、よい眠りにつけるという良さもあります。ですから忙しい1日の終わりに、上下あわせて28本の永久歯を1本ずつていねいに磨きながらゆっくり入浴すると、口の中だけでなく、体や頭の中もスッキリした気分になります」
    出典 :「歯にいい!代謝にいい!お風呂で歯みがき習慣」|デンタルプロ株式会社
  •  

    歯を磨く時の体の動きが水流によってマッサージ効果を生み、全身がほぐれるんです!なんて合理的なんでしょうか。

  • プラークコントロールを行う場所はどこでも良いのですが、私のオススメはずばりお風呂です。
    お風呂なら毎日寝る前に入ることが多いので、プラークコントロールのタイミングとして最適ですし、ゆっくり湯船に浸かりながら歯磨きをすれば体はポカポカ、歯はツルツルになって、一段とさっぱりすること間違いなしです!
    出典 :歯磨きの回数と時間【歯磨き教室】
  •  

    お風呂のさっぱり感を増幅することで、よりリラックスすることができ、ストレス解消にもなります。いいことばかりです。

  • 「お風呂で歯磨き」の最大の利点は、若返りホルモンが分泌されること!

  • 「体を温めてリラックスすることで、副交感神経が優位になり、その状態で口内を刺激すると"サラサラのいい唾液"がたくさん分泌されるのです。このサラサラの唾液をたくさん出しておくと、脳に指令が行き、寝ている間に、成長ホルモンの一種である"パロチン"がたくさん分泌されます」
    出典 :「歯にいい!代謝にいい!お風呂で歯みがき習慣」|デンタルプロ株式会社
  •  

    なんと、お風呂で歯磨きすることで若返りホルモン「パロチン」が分泌され、アンチエイジング効果まであるんです!此れは驚きですね。パロチンの効果、知りたくありませんか?

  • パロチンの効果は若返りだけではなかった!

  • パロチンとは、唾液に含まれる成長ホルモンの一種です。唾液は、耳下腺、舌下腺、顎下腺から分泌されていて、成分は殆ど同じですが、耳下腺から分泌される唾液にのみパロチンが含まれています。
    出典 :よく噛むだけでOK!若返りホルモン「パロチン」の美容効果とは | ハウコレ
  • パロチンには、骨や歯の再石灰化を助ける効果、皮膚の新陳代謝を活発にする効果など、身体中を若返らせる効果があります。お肌の新陳代謝が活発になれば、シミやシワといったお肌の老化現象を防ぐことができますね。また、壊れた組織を修復する効果もあり、白内障や更年期障害の治療薬としても使われるほど、その効果は高く評価されています。
    出典 :よく噛むだけでOK!若返りホルモン「パロチン」の美容効果とは | ハウコレ
  • パロチンが若返りホルモンと呼ばれるほどの美肌との関係といえば、パロチンには体内の壊れた細胞組織を修復する作用があり、特に、各器官や皮膚、筋肉、目などの「粘膜」を強化してくれるそうです。
    出典 :●●するだけで若返りホルモン「パロチン」が分泌される!0円美容で20代肌をキープ| Life & Beauty Report(LBR)
  •  

    組織の修復効果があるので、あらゆる病気の予防にもなるんです。お風呂で歯を磨くだけで、若返るし、病気の予防になるし、ストレス発散になるし、マッサージ効果もある。凄すぎです!ぜひ今日から取り入れたいですね。