おしゃぶりと出っ歯の関係。子どもの世話をおしゃぶりに頼っていませんか?

子どもの成長において、おしゃぶりには鼻呼吸の促進や情緒の安定などの利点が挙げられます。しかし、常に吸引する行為は子どもの柔軟な顎や口腔内発達に影響を与えるとも言われています。つまり、おしゃぶりと出っ歯には明白な関係があるのです。出っ歯にさせないための、注意ポイントを見てみましょう。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おしゃぶりの利点。発育に良い影響があります。

  • 利点としては精袖的安定、簡単に泣き止む、静かになる、入眠がスムーズ、母親の子育てのストレスが減るなどが挙げられます。
    出典 :子育て(おしゃぶり)
  • おしゃぶりの利点

     

    おしゃぶりは、
    赤ちゃんにとって、鼻呼吸を促す、顎を強くする、吸う力をつける、情緒を安定させるという利点があります。
    また、子育てするパパ、ママにとっても、楽に泣きやませることができる、静かになる、入眠しやすくなるなどの利点があります。

  • 指しゃぶりは赤ちゃんが成長していく過程でごく自然な行動で、強制的にやめさせたりする事は、精神的に不安定になってしまうこともあります。
    出典 :赤ちゃんの生活リズムとおしゃぶり | べびとら
  • 生後、5~6ヵ月くらいの乳児は、なんでも口の中に入れ、感触を確かめます。入れたものをなめたり、そのうちだんだんと強くしゃぶったりします。この行為は、初めて見たり、感じたり、いろいろなものを確かめ、学習するためにしゃぶって形や味、性状を学習していると言われています。
    出典 :おしゃぶりは、出っ歯になる?! - 歯のトリビア|歯とお口の健康ガイド|歯医者さんネット
  • おしゃぶりと出っ歯の関係は明白にあります。常用は避けましょう。

  • おしゃぶりや指しゃぶりと乳歯の噛み合わせとの関係を...1,120名について調査した。その結果、2歳児では指しゃぶり...で出っ歯...が、...高頻度にみられ、5歳児ではこの傾向がさらに増大したと報告している。...いずれの調査もおしゃぶりを長期に使用すると噛み合わせに悪い影響を与えることを示している。
    出典 :おしゃぶりについての考え方|日本小児歯科学会
  • 長期間使用すると噛み合わせが悪くなる...1歳過ぎになったら常時使用は止める...2歳半までには使用中止ということらしいですが、ようは長時間続けての使用はせずに、2歳になったら卒業すれば問題無いのではないかなと。
    出典 :「赤ちゃんのオシャブリは出っ歯になる」は本当?ウソ? - パパさん.com
  • 便利なこのおしゃぶりも実は出っ歯の原因になるのです。...これさえあれば泣き止むという便利さから常用するお母さんも少なくありません。ですが子供の将来にとって害を及ぼすものです。子供の歯並びを親の身勝手で悪くするようなことをしてはやめましょう。
    出典 :おしゃぶりが出っ歯を生む?
  • 噛み合わせへの影響以外で、おしゃぶりを使用する際の注意点

  • 【1】母乳を飲まなくなる可能性があります

  • 母乳っ子の場合は、おしゃぶりを受けつけない赤ちゃんも多いです。なぜなら、大好きなおっぱいの吸い方と、おしゃぶりのゴム乳首の吸い方は根本的に舌の使い方が違うから。...少なくとも母乳で育てたい人は、なるべくおしゃぶりを使わないほうが賢明かな、と思います。
    出典 :おしゃぶりはね… | 助産院ばぶばぶ 大阪・阿倍野
  • また、月齢が低い赤ちゃんの場合は、母乳を上手に吸えるようになるまでおしゃぶりは使わない方が無難です。...赤ちゃんが乳頭混乱を起こして、楽に吸えるおしゃぶりを好み、母乳を吸わなくなってしまう可能性があるからです。
    出典 :早くても遅くてもダメ!赤ちゃん寝かしつけの強い味方おしゃぶりのポイント
  • おしゃぶりが原因で母乳を嫌がる?

  • 【2】おしゃぶりの汚れが原因で急性中耳炎になる可能性があります

  • 急性の中耳炎は、赤ちゃんがよくかかる病気ですが、これもおしゃぶりと関係があるといいます。おしゃぶりが汚れていると、微生物が口に入り込み、鼻を伝って、耳に達してしまい、急性中耳炎になる可能性があるというのです。おしゃぶりは、使用後、毎回かならず消毒してくださいね!
    出典 :中耳炎や歯並びにも悪影響!「おしゃぶり育児」に潜む危険性4つ