自然にダイエットできるとされる「カルニチンとは」

カルニチンの効果はどのようなものなのでしょうか
自然にダイエットが出来るその効果をご紹介

view175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カルニチンとは何か

  • カルニチン(Carnitine)とは、脂肪を燃焼させてエネルギーに変換する際に必須となる重要な栄養素である。カルニチンはそのほとんどが脂肪燃焼の場である「筋肉細胞」に存在している。生体内のカルニチンはL形であるため、L-カルニチンとも表記される。
    出典 :【カルニチン】 Lカルニチンでダイエットできる脂肪燃焼の仕組み | ダイエットSlism
  • カルニチンが豊富に含まれる 「肉の赤身」

     

    カルニチンは体内でも生成されるが、1日に作られる量は少量であるため、食べ物から摂取する必要がある。また、カルニチンが作られる量は、20歳をピークに徐々に減少していくため、20歳以降は特に摂取するように心がけたい成分である。

  • ダイエットには?

  • 最近のダイエットサプリメントには、殆どと言ってよいほどL-カルニチンが含有されています。 これは、ダイエットの対象である余分な脂肪を、生命活動に欠かせないエネルギーに変換する効果を持つ為です。食事の量を減らしても、運動に励んでもなかなか体重が減らない人は、L-カルニチンの不足が第一に考えられます。
    出典 :【L-カルニチンの効果や副作用】
  • L-カルニチンはここに効く!

     

    L-カルニチンを十分に補給していれば、体に溜まっている脂肪は順次エネルギーとして使用され、無理なく自然にダイエットができるのです。また、L-カルニチンが体内に豊富であれば、食事で摂った脂肪も速やかに燃やされ、体脂肪がつき難くなり、太り難い体質になるのです。

  • 摂取の目安

  • 過度のL-カルニチン摂取を防ぐ目的で1日あたりの摂取上限の目安量を約1000mgとし、L-カルニチンを供給する者は過剰摂取の防止に対する配慮や消費者への情報提供を行うように勧告しています
    出典 :L-カルニチンについて
  • アミノ酸の一種であるため過度の摂取を行わなければ代謝され体外へ排出される可能性が高く比較的安全な食品成分と考えらます。体内でのL-カルニチン生成量は20代をピークに減少すると考えられています(1)。従ってL-カルニチンは、食事環境や加齢に応じた摂取を行うことが望ましい食品成分と思われます
    出典 :L-カルニチンについて
  • ざっくりとした効能

  • 記憶力の増強や脳の老化防止に役立ちます。
    慢性的な疲労感やだるさの解消に役立ちます。
    高脂血症を予防・改善します。
    出典 :【L-カルニチンの効果や副作用】
  • 運動能力の向上に役立ちます。
    免疫力の向上に役立ちます。
    不妊の改善に役立ちます。
    出典 :【L-カルニチンの効果や副作用】
  • 利用方法

  • カルニチンはこのように長鎖脂肪酸の燃焼に必須であるため、カルニチンの適度な摂取は肥満などの生活習慣病を予防・改善する効果が期待できる。さらに、エネルギーを十分に作り出せるようになることで、疲労解消やスタミナアップにも効果的であるとされている。
    出典 :【カルニチン】 Lカルニチンでダイエットできる脂肪燃焼の仕組み | ダイエットSlism
  •  

    カルニチンをダイエットに活用する場合は、運動と組み合わせることが効果的である。運動前にカルニチンを摂取しておくことで、運動による脂肪燃焼効果をさらに高めることができる。