【生理中の肌荒れ】はこれで解決♡

生理周期でお肌の調子が変わるそうです。
今回は”生理中”の肌荒れについてまとめます!
自分の体の状態にあったスキンケアでいつも美しく♪

view386

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理周期で肌のコンディションは変わる

     

    生理中の「月経期」、生理後の「卵胞期」、「排卵期」「黄体期」といったように、生理の周期は4つに分けられます。
    この4つの時期は、女性ホルモンの関係で肌にも変化があります。生理周期にあったスキンケアを行いましょう。

  • 覚えておきたい二つの女性ホルモン

     

    女性ホルモンを味方につけるために一番重要なことは、まず自分の生理周期を知ること。生理周期は約25日~38日前後で個人差があります。この周期を把握するために、基礎体温を計りましょう。基礎体温から自分の女性ホルモンがどのように分泌され、変化しているのかを把握することができ、適切なメンテナンス方法もわかるようになります。

    難しく考える必要はなく、覚えておきたい女性ホルモンは2種類のみ。まずはこの2つの作用を覚えておきましょう。そして生理周期は生理1日目から数えて次の生理が始まる前日までを4つの時期に分けてその特徴を把握するだけです。

    【エストロゲン】

    脳下垂体からの卵胞刺激ホルモンに刺激されて、卵巣から分泌されるホルモン。卵胞を育て、子宮内膜を厚くして、妊娠の準備に備えます。美肌の素ともいわれるコラーゲンの産生を促し、女性らしい体を作ります。また、自律神経を安定させ、血管、骨、関節、脳などを健康に保ちます。しかし、過剰になりすぎると乳がんや子宮体ガンのリスクが高まります。

    【プロゲステロン】

    脳下垂体からの黄体形成ホルモンにより分泌されるホルモン。エストロゲンの作用により厚くなった子宮内膜を柔らかくふかふかにして妊娠の成立を促したり、妊娠した時にそれを維持するため水分や栄養素を溜め込む性質があります。皮脂の分泌を促したり、PMSを引き起こしたり、生理前にむくんだりするのはプロゲステロンの作用によるものです。

  •  

    生理が始まってから1週間は下腹部に違和感を覚えたり、何となく憂鬱になったり、イライラしたりするあの時期です。気分はパッしませんが、新しい身体を得るためだと思い、前向きに受け入れましょう。

    生理中は肌が荒れて、ブルーな気分になるもの。どんなときも美しい肌を保つ方法とは「肌は女性ホルモンの影響を受けているので、生理周期によって変化します。だからスキンケアも、周期に合わせて変えることが美肌への近道です。高級なコスメを使っても、タイミングが悪ければ効果かないどころか、逆に肌トラブルを招いてしまうことさえあるんです。まずは、自分の生理周期と肌の変化をきちんと把握しましょう。

  • 生理中(月経期)にはどんなスキンケアが必要?

  • 生理1日目からカウント!最初の7日は「月経期」

     

    月経期の7日間は体温も低く、血行が悪く肌も乾燥しがちな時期。乾燥は肌を敏感にします。スペシャルケアをするより、とにかく保湿が必要です。
    また、この時期は体の血液量が減り、血行も悪くなるので顔色もどんよりとくすみがち。軽いストレッチなどで血行を促すのもおススメ。体調がイマイチで運動する気にもなれない人はチークで血行を補ってあげると、見た目だけでもややヘルシーに。

  • 月経期とは生理中のこと。体温が低く、血行が悪くなりがちなため、肌も乾燥しがちです。
    この時期には、念入りな保湿を心がけましょう。
    出典 :生理周期にあわせたスキンケアで美肌を手に入れる方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 【安定になった肌を守るトラブル期(月経期)】

    ●敏感になった肌を守るやさしいケアを●

    卵胞ホルモン、黄体ホルモンがともに減り、肌がテリケートになる生理中。
    この時期は、睡眠不足やちょつとした日焼けなど、些細なこともトラブルの原因になります。
    ときには、マッサージや高機能コスメが刺激になってしまうことも。
    普段使用しているコスメか低刺激のコスメで、肌をいたわるケアをしましょう。
    出典 :生理の肌トラブルの解消法は3つの周期ケアが決めて!
  • 生理が始まってからの1週間を「月経期」と呼んでいます。月経期は、体温がいつもより低めになるため、血行不良に陥りやすく、肌も乾燥しがちになります。

    そのため、この時期は、洗顔後に化粧水、乳液、クリームなどのスキンケア商品でしっかり保湿ケアを行い、お肌の乾燥を防ぐことが大切です。
    出典 :生理中のお肌とスキンケア | スキンケア大学
  • 生理中1週間は、お肌が乾燥しやすく血流が悪くなるので顔色がくすんで見えやすいです。
    バリア機能も敏感な時期なので保湿を充分にして、生理痛が和らぐような
    ヨガなど軽い運動をすると肌のためにもいいです。
    生理中のスキンケアは保湿メインで敏感肌用のお肌に優しい無添加スキンケアがベストです。
    出典 :生理中や生理前のスキンケア | 美肌対策とダイエットで女子力アップ〜美肌の森
  • 【生理中のお肌はどうなっている?】

    お肌の瑞々しさは失いがちですが、生理前から生理中にかけての時期は、黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、お肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなっています。

    しかし、この時期はお肌が非常に敏感になっているため、肌トラブルを解消するために過剰に洗顔するなどのケアを行うと、逆に悪化し、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。回数は1日2回まで、普段にも増して優しく洗顔をするようにしましょう。
    出典 :生理中のお肌とスキンケア | スキンケア大学
  • 【生理中は、新しいスキンケア商品に手出ししない】

    生理中は普段よりもお肌が敏感になっているため、新しいスキンケア商品を使ってみるなどはせず、使い慣れている化粧品でいつもと同じケアをすることをおすすめします。

    スキンケア商品で新商品を見つけたり、サンプルを貰うとすぐに試したくなると思います。しかし、お肌が敏感な時期に使い慣れない化粧品を使用すると、肌トラブルが悪化する原因となります。新しい商品を試すのであれば、生理が終わるまで待ちましょう。
    出典 :生理中のお肌とスキンケア | スキンケア大学
  • 【ニキビができても保湿はしっかりと!】

    また、ニキビができてしまった場合でも、化粧水などでしっかり保湿するようにしてください。ニキビができるとお肌が脂っぽくなるため、化粧品などは使用しない方が良いのではないかと考える方もいるようですが、保湿ケアをしないと、お肌が乾燥しやすくなり、バリア機能も弱まってしまいます。

    もし、ニキビができたのであれば、クリームなどの油分を含むクリームなどを使用する場合は、ニキビの部分を避けて塗るようにしましょう。
    出典 :生理中のお肌とスキンケア | スキンケア大学
  • 【生理中にできれば避けてほしいこと】

    生理中はお肌のバリア機能が衰えるため、シェービングなどでムダ毛の手入れをするとお肌に刺激を与えてしまいます。また、エステやパックによるスペシャルケアも避けた方が無難です。それから、頭皮も皮膚の一部であるため、カラーリングやパーマもできるだけ避けるようにしましょう。
    出典 :生理中のお肌とスキンケア | スキンケア大学
  • 【この時期のポイント】

    ・新しい化粧品や、顔そり、パーマは避ける
    ・朝はぬるま湯で洗顔、夜は泡洗顔
    ・保湿クリームは、低刺激のシンプルなもの
    出典 :カサカサ期(生理中)の肌ケア | コラム
  • 生理周期は個人差があるので自分のリズムを知るためには、基礎体温をつけることがおすすめだそうです♪
    基礎体温を付けることで生理周期に合わせたスキンケアができるということに加え、自分のホルモンリズムを知ることでPMSの対策などもできるようになります。

    生理周期・基礎体温の管理/記録ができるアプリやサイトを利用するのもいいですね♡

    ※PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くな るのが特徴です。(引用:http://www.terumo-womens-health.jp/trouble/3_1.html)