ハンカチ王子 斎藤佑樹選手が「ポリアンナ症候群」!? って何…??

ハンカチ王子と呼ばれ一世を風靡した日本ハム斎藤佑樹選手が、「ポリアンナ症候群」の疑いがあるとのニュースが!しかし、「ポリアンナ症候群」って、何?

view2261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ポリアンナ症候群」とは?

  • ポリアンナ症候群(ポリアンナしょうこうぐん、英: Pollyanna syndrome)は、心的疾患のひとつ。ポリアンナイズム(Pollyannaism)とも。現実逃避の一種で、楽天主義の負の側面を表すもの。
    出典 :ポリアンナ症候群 - Wikipedia
  • もう少しわかりやすく言うと…

  • ポリアンナ症候群

     

    ポリアンナ症候群(-しょうこうぐん)とは、『愛少女ポリアンナ物語』の主人公ポリアンナに由来して命名された心的疾患(症候群)である。一般的には「自分や他人の悪いところはすべて目を瞑り、良い部分だけしか見ず、すべて良しと自分勝手に納得してしまい、解決しようとしないこと」であると理解されているが、それはよくある「素人にもわかりやすく説明するために極端に単純化した説明」であり、厳密には正しくない。
    出典:http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

  • ハンカチ王子が「ポリアンナ症候群」!?

  • そう言われる原因は彼の言動にあった。

  • アマチュアにまでボコボコにされたにもかかわらず、当の本人はショックを受けている様子もなく、こう豪語したから周囲は目が点になった。「結果じゃなく、やりたいことをやった。いつ(一軍に)呼ばれてもいい準備をしたい」
    出典 :斎藤佑樹「ポリアンナ症候群」ではないか : 今日速2ch
  • 8月にフューチャーズ(若手主体の混成チーム)戦で6回6安打5失点と炎上したときも、「一軍で打たれなくても、二軍で打たれる選手もいるじゃないですか」と豪語。
    出典 :斎藤佑樹「ポリアンナ症候群」ではないか : 今日速2ch
  • 毎回安打を浴びた今月4日の西武二軍戦後も、平気な顔でこうである。

    「二軍で吸収したものを上でも出せるようにしたいですね」
    出典 :斎藤佑樹「ポリアンナ症候群」ではないか : 今日速2ch
  • この言動に対する精神科医の見解はこうだ。

  • 精神科医の西村鋭介氏に聞くと、「ナントカ症候群というのは社会学者が用いる言葉で、精神科の医者は使いませんが」と前置きしてこう続ける。「現実が見えていないという印象は確かに受けます。甲子園優勝をはじめとして学生時代に大きな達成感を得たことで、今と真剣に向き合っていないように思う。恵まれたキャリアからハングリー精神がなく、プロで成功しなくても、引退後も十分にやっていける、という安心感が、楽天的な発言につながる。甲子園優勝の経験から、自己流を貫けば報われる、と信じ切っているということもあるでしょう」
    出典 :斎藤佑樹「ポリアンナ症候群」ではないか : 今日速2ch
  • ポリアンナ症候群の典型的な症状!?

  • 何か問題が起きた時や、これからの事や相手の気持ちなどを考えた時、

    そこには問題解決する姿勢も考えもありません。

    その場を楽しめばいいというスタイルから「関わる人の人生は関係ない」と逃げているのです。



    他人からは人生を謳歌しているように見えますが

    ある意味 明るい部分の病です。

    本人は気が付いていないこともあります。

    出典 :ポリアンナ症候群 日本メンタルセラピスト協会 大阪 メンタルヘルス - メンタルセラピスト メンタルヘルス TMO
  • 斎藤祐樹選手も気がついていない、ということも考えられるかもしれませんね。

  • ポジティブだから良い訳ではありません
    ネガティブだから悪いのでもありません。

    どちらのバランスも大切なのです。
    出典 :ポリアンナ症候群 日本メンタルセラピスト協会 大阪 メンタルヘルス - メンタルセラピスト メンタルヘルス TMO