デリケートゾーンの色は何色?黒ずみを改善するための3つの対策

デリケートゾーンの色って他人の様子を見ることができないため気になりますよね。黒ずみが気になった際に利用できる対策方法3つをまとめてみました。

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • デリケートゾーンの色

  • デリケートゾーンの色はなかなか人には相談できない箇所です。皮膚が薄い場所のため黒ずみができやすかったり、体質的にメラニンが蓄積しやすい人もいるようです。改善方法をまとめました。

  • 刺激が一番禁物

  • 刺激を避ける下着がおすすめ

     

    デリケートゾーンは下着に常に覆われています。刺激といえば下着でしょうか。締め付ける下着でこすれあったり、素材によっては肌に刺激が強い場合もあります。下着はできるだけ天然素材のものがベストです。
    ・コットン
    ・シルク
    足の付け根、ウエスト周りなどゴムの刺激で黒ずむこともあるため、きつすぎる下着は注意してくださいね。

  • 下着の形状はビキニタイプ、Tバックなど肌に触れる箇所が多いものよりも、ボクサーパンツなどゆったりと身に付けられる下着のほうがおすすめです。男性用の下着を愛用し、オシャレに決めるのもおすすめです。

  • 体質的に黒ずみやすい方もいます

  • デリケートゾーンもメラニンの影響で黒ずみます。元々メラニン色素が多い人はそれだけ黒くなりやすいといえます。色黒の方、肌が黒い人種のほうが黒ずみやすいといわれています。

  • 日焼けしやすくても代謝が高ければ大丈夫

     

    日焼けしやすい体質だと、体の中にメラニン色素が多くできる傾向があるようです。体質のためなかなか避けることはできませんが、代謝が上手くいっていればきちんと排泄することはできます。しかし、日頃から日焼け止めを塗る、UVカサを使う、UVカットサングラスをするなど防御は行ないましょう。意外と見逃すのが、目からの紫外線吸収です。

  • 正しいスキンケアで黒ずみ予防

  • 気になるのがお手入れ方法

     

    デリケートゾーン専用ソープなども売られていますが、お湯だけで洗う方法でもOKです。コツはごしごし擦って洗わないこと。万が一摩擦によって色素沈着ができてしまっても、通常は代謝によって少しずつなくなるのが普通です。顔用の美白化粧品などを使うと逆に蒸れの原因となるため、シンプルなケアを心掛けましょう。

  • 色素沈着は代謝が良ければ次第に排泄されていきます。普段から代謝を良くするための生活習慣、食生活を心掛けるのもおすすめです。
    ・適切な睡眠を取り成長ホルモンを分泌させる
    ・たんぱく質の摂取で肌の傷を修復
    ・抗酸化作用のある食品の摂取

  • 自浄作用が働く酸性の膣の中をアルカリ性の石鹸で洗うのはNG。毎日ビデを使うのもやりすぎです。お湯か専用のせっけんで外側をていねいに洗いましょう。
    出典 :デリケートゾーンの専門家に聞く! 「におい」「黒ずみ」「形」への対処法 | 「マイナビウーマン」
     

    デリケートゾーンはお湯で洗うのが基本です。洗いすぎると自浄作用が落ちてニオイ、感染症などが気になる場合も。

  • 自分の性器をこまめにチェック!

     

    女性の性器は構造上、汚れなどが付着しやすい場所もあります。黒ずみを確認するついでに、汚れが溜まっていないかも確認しましょう。それがニオイの原因となることもあります。

  • トイレでの拭き方に注意

  • デリケートゾーンの摩擦で一番多いティッシュ

     

    トイレに行ったらトイレットロールの使い方に注意しましょう。トイレで用を足したらそっと拭くようにします。また、大の場合は後ろと前を別々に拭いたほうが良いですよ。そのほうが感染症の予防に繋がり、デリケートゾーンをゴシゴシこすらなくて済みます。

  • ティッシュの摩擦を減らすには、ウォシュレットの使用がおすすめです。予め汚れを流しておけば、過剰に擦って落とす必要はなくなります。