この足のガサガサはひょっとしてかかと水虫なのか?

【かかと水虫】についてのまとめをします!!あなたの周りに、「かかとって硬くなってガサガサになったりしな~い?」「あるある!でも、最近乾燥してるから、たぶんそのせいだよね~♪」・・なんて会話を聞いたことってないですか??ちょっと待って!!それってもしかしたら・・・かかと水虫なのかもしれませんよー!!

view62116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水虫には種類があります!

  • 小水疱型:小さい水ぶくれができる

    水虫の病変が足の裏や縁に広がると、小さな水ぶくれができることがあります。水ぶくれをつぶすと、においのない透明で少し粘る液体が出てきます。水ぶくれは、特にでき始めにかゆくなり、かくとかゆみが強くなりやすいです。
    出典 :症状写真でわかる各種の病気 水虫の症状写真・画像
     

    水ぶくれってきになっちゃいますよねー!!とにかくかゆいし、触るとプヨプヨしてて気持ち悪いし、ついついつぶしたくなって針とかつまようじとかで潰したくなります!

  • 趾間型:足の指のあいだの皮膚がむけたり、ふやけて厚くなったりひび割れたりする

    指のあいだの皮膚がぽろぽろとむけたり、柔らかく白くふやけて厚くなります。症状がさらに進むとひびが入って割れて、赤くただれた皮膚が顔をのぞかせます。その周辺は皮膚がめくれています。

    こういった症状は、足先を締め付けるような靴を履き続けたときや、生まれつき足の指が太くて指と指の隙間が狭くて湿りやすい人に多いようです。患部が乾いて治ってきたときやお年寄りの場合は、薄い膜のように表面がはげているだけのこともあります。
    出典 :症状写真でわかる各種の病気 水虫の症状写真・画像
     

    確かに宗ですね、足の指の間もですね。皮がむけちゃって見た目的にもよくありません。ヒールなどで長時間足の指を締め付けている場合や、足に汗をかきやすい、指の間が湿りやすい人もなりやすみたいですね。

  • 爪白癬:爪全体が白っぽくなる。表面にたて皺ができることもある

    爪に菌が侵入して病変が起こると、爪は破壊され、凹凸の爪床部分が見られるようになります。爪白癬では、爪の変化や崩壊がはげしくなっても、そのわりに爪の周囲は炎症が少ないのが特徴です。時には、爪をドアにはさんだりして傷つけた後に足白癬になることがあります。この場合、怪我にまどわされて足白癬を見逃してしまう場合があります。足の小指の爪の変化は、特に足白癬患者でなくても単に履き物の慢性の軽い刺激だけでも起こると一般的には言われています。
    出典 :症状写真でわかる各種の病気 水虫の症状写真・画像
     

    この症状に気づいたときは、結構症状が進んでしまっているのですね。足の小指なんかをぶつけて爪が割れてしまった後、爪の治りがわるくて、なかなかきれいに生え揃わないって人、もしかしたら気付いていないだけで、爪白癬っていうのになっている可能性もありますから、気になったらすぐ皮膚科の医師へ相談してきてくださいね。

  • 角化型:皮膚の角層が厚くなってひび割れを起こしたり、白い線ができる

    足白癬を治療せず放置していたり、高齢の患者は、趾間型や小水疱型の水虫を繰り返すうちに、足全体の角層が厚くなってきます。皮膚の角層だけが厚くなると、その一部はひび割れを起こし白い線が見られるようになります。このような状態になったものを、角化型足白癬といいます。

    角化型にもいろいろな程度があります。足の裏の一部だけにかるい角化が見られるものから、足の裏全体が強い角化と亀裂を生じて乾いた白い粘土をつけたようになるものもあります。
    出典 :症状写真でわかる各種の病気 水虫の症状写真・画像
     

    これが、踵にできるかかと水虫の正体というやつですね!!これ、女性に多いんじゃないでしょうか??
    かかとの皮が厚くてガサガサしてくるのは、乾燥だけが原因ではないですよね。皮膚に沿って白い線が何本も走っているなんて状態は、かかと水虫ですよ!!

  • 踵にできる「角質増殖型水虫」ってどんなもの?

  • 「だって・・・ただのガサガサだと思ってたんだもん。」

     

    ここまでご覧になって思い当たること、ありましたか?知らなかっただけで、ずっと前から水虫だった可能性ありますよね・・。やっぱりそのままだと、治り難い水虫になってしまって、家族に移ったり、いろいろと後悔するかもしれません。

  • かかとの部分の手触りがカサカサしたり、シワが深くなって白い粉が出てしまいます。それが悪化すると、かかとのひび割れの原因になってしまいます。素人判断では乾燥によるものなのか、かかと水虫によるものなのか、こういった症状がでているのか、判断がしにくいところだと思います。
    出典 :女性急増!かかと水虫とは?
     

    ひびわれになったら、痛くてあるくこともままなら無くなってしまいます!!踵が白いと感じたら、自己完結しないで医師の診察を受けましょうね。

  • 一つはずばり白癬菌で俗に言う水虫なのです。白癬菌は真菌と呼ばれる糸状の皮膚に寄生するカビの一種で他のカビ同様、密閉された高温多湿の環境を好みます。意外に、かかとにできる水虫は分かりにくくかゆみなどが殆どないことから、発見した時には症状が進みガサガサになってから気がつく人がほとんどです。
    出典 :かかとがガサガサになる原因は?
     

    かゆみがないなら、目で見て判断するしかないですからね。ガサガサしている状態は既に症状が進んでしまっている証拠なんですね。

  • 衝撃な事実ですが、水虫と言うものは、手にも移っちゃうんです。手までカサカサになったり、手の皮が厚くなってしまったり、粉吹いたりなんて耐えられませんよね!!今はしていない場合でも、料理を作ったり、子供たちの世話をしなくてはならないし、手に水虫が付いてしまうなんて・・・ちょっと考えただけでも怖すぎですよね!!

  • 「かかと水虫」の予防方法

  • ワイドスクラッチ - YouTube

     

    まずはなっちゃう前に、こういうのでケアした方が良さそうですね!

  • 族に水虫の症状の人が居る場合は、できる限り、同時治療を始めて家庭内での感染の悪循環を断つことが必要です。またスパのような温浴施設やお風呂場の足拭きマットや家庭のスリッパからでも感染する可能性がありますのでご注意ください。
    出典 :水虫は、かかと予防からはじめる
     

    家族の中にも水虫と思われる症状の人がいたのであれば、思い切って同時に治療を始めて、他に広がらないように配慮したり、感染源を断ちましょう。公共施設に通っている場合には、しっかりと足の裏や手を洗う事を徹底して習慣付けましょうね!!

  • 「かかと水虫」の治療方法

  • かかとを軽石ででゴシゴシ削り落としてしまうと、逆に角質を厚くしたり、皮膚を傷める原因となる事もありますから注意が必要です。
    出典 :水虫は、かかと予防からはじめる
     

    見た目から改善していきたいのはわかりますが、皮をゴシゴシ削るのは良くないみたいです。

  • かかと水虫のおもな治療方法としては、飲み薬と塗り薬の兼用が必要となります。かかと水虫の治療法は、抗真菌薬を内服すると2ヵ月後ぐらいで、かかとの皮膚が柔らかくなってきますので、じっくり治療していきます。
    出典 :水虫は、かかと予防からはじめる
     

    しつこい水虫のようなので、塗り薬はももちろん、飲み薬で体の中からも菌をやっつけなくてはなりませんね。時間が掛かりますが、根気よく続けていきましょうね。

  • かかと水虫は、かかとの分厚い角質を温床として非常に頑固な水虫ですから、水虫薬は角質に浸透しやすい成分が配合されている水虫薬が効果ありです。薬のなかには水虫菌を角質と一緒に剥がして治療する水虫薬もあります。
    出典 :水虫は、かかと予防からはじめる
     

    角質と一緒に剥がすことが出来れば、一気にキレイな足になれちゃいそうですね。治療のしかたは皮膚科によって違うでしょうから、自分にあったものを選ぶといいですね。

  • かかと水虫になってしまった場合、恐らく他の場所や家族にも水虫が広がっている可能性が高いので、一気に早目の治療を施す事が必要になってくるんですね。足のガサガサが気になっていたらそのまま放っておかないで、まずは皮膚科へ受診してみましょう!!