美肌になれない理由。肌に悪い食べ物って何?!

美肌に慣れない理由は、肌に悪い食べ物を食べているからかも。
肌に悪い食べ物について学びましょう!!

  • panda 更新日:2014/01/20

view1666

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美しいものには、とげがある。美味しい食べ物には、害がある?!
    肌に悪い食べ物について、まとめました!!

  • 炭水化物、糖分は取りすぎ注意!しみやしわができる?!

  • シミやシワの原因を作り出す食べ物があります。白い食べ物は美容の大敵と言われています。白米や白パンなどの精製された穀類は、シミやシワを作り出す食べ物です。

    また、白い砂糖は摂りすぎると酵素を失い、活性酸素が増えてしまい、体の不調を引き起こしたり、シミやシワを作り出す原因になります。

    これらは、食物繊維や栄養素が抜けており、血糖値が上昇しやすいため、シミやシワを作り出し、体内の老化を早めるのです。

    白砂糖は、黒砂糖やはちみつやメープルシロップなどを代用して、料理してください。乳製品や肉などに多く含まれている「動物性脂肪」や、加工食品に多く含まれている「トランス脂肪酸」も、とりすぎてしまうと、シミやシワの原因を作り出します。
    出典 :「にんじん」の驚くべき美容効果!高級美容液なんかよりシミ・シワに効果的かも!? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    これからは、白い食べ物には注意しないとね!

  • 炭水化物はお肌に悪い?!

  • 甘いものはやめよう!

  • 甘い食べ物はニキビに悪い?

    ニキビに悪い食べ物まず、ケーキやチョコレートなどに含まれている糖分というのは、胃の中で消化されると炭水化物と同じように脂分に分解されてしまいます。

    脂分に分解されてしまうということは、食べ過ぎることで余分な脂分を作り、それが皮脂の過剰分泌につながり、毛穴が詰まってニキビの完成(苦笑)

    バターを多く含むお菓子類や糖質を多く含む甘いもの系は避けるべきですね。
    出典 :甘いものやお菓子類はニキビに悪い食べ物? | ニキビに良い食べ物&悪い食べ物一覧.com
     

    今まで、甘いものを食べて、ストレス解消してました。

  • 甘いもの大好きだけど…

  • 冷たいものもダメ!

  • <血行が低下してしまう冷たい食べ物>

    体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなります。すると必要な栄養素が行き届かなくなり、乾燥肌がひどくなったりすることも。生野菜をたっぷり使ったサラダや、氷でキンキンに冷やされた飲み物など、冷えた食べ物は摂り過ぎにはご注意を。
    出典 :敏感肌に良い食べ物、良くない食べ物 | スキンケア大学
     

    夏は注意しよう。

  • 冷たいものもダメ!

  • 加工食品には注意!!

  • 加工食品
    (インスタント食品、清涼飲料水、化学調味料、お菓子など)  ビタミンが少なく、糖分や脂肪分を多く含むものが多い。
    また加工食品の合成保存料に使われるリンはとりすぎると骨がもろくなるなど体全体の老化につながる。
    加工食品中心の食生活は、絶対に避けよう。
    リノール酸などの不飽和脂肪酸を多く含む食品
    (紅花油やマーガリンなど) 不飽和脂肪酸はコレステロール値を下げるため健康によいといわれる一方で、体内で酸化して過酸化脂質(老化を促進する)になりやすいという面もある。
    とりすぎに気をつけるとともに、酸化を防ぐ「抗酸化物質」(ビタミンEなど)を一緒にとるとよい。 
    出典 :肌にいい食べ物・悪い食べ物|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    最近はノンフライのインスタント食品も出ています。

  • インスタント食品にも注意!

  • 体に良いオイルと、悪いオイルがあるらしい。

  • ★積極的に摂りたい良質オイルを含む・・・・・・オメガ3、オメガ9
    例:青魚、亜麻仁油、大豆製品、オリーブオイル、アボガド、アーモンドなど。

    ★過剰摂取を避けたいオイルを含む・・・・・・・オメガ6、トランス脂肪酸
    例:コーン油、サラダ油、マヨネーズ、マーガリン、ショートニングなど。
    出典 :3/3 油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ [美容食・インナービューティー] All About
     

    悪いオイルばっかりの我が家。

  • マヨネーズ大好きなのに…

  • 体に悪いオイルは病気の原因にもなる。

  • 要注意!身体に害を及ぼす油とは?
    良質な油とは反対に、摂り過ぎると身体に害を及ぼす恐れのある油もあります。肉や乳製品に含まれる飽和脂肪酸はそれに当たりますが、例えば不飽和脂肪酸でもコーン油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれる『オメガ6』に関しては、アレルギーを引き起こしたり、炎症を促進したり、血液を固めるなどの作用があります。さらに、マーガリンやショートニングなどに含まれる『トランス脂肪酸』は、自然なものではなく加工が施されており、体内で分解することができません。これは悪玉コレステロールを増加させ、心臓病のリスクを高めたり、ガンや認知症、免疫機能の低下、不妊症、アトピー・喘息・花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことも。さらに、美容の大敵・老化を早める作用もあるので、摂り過ぎには注意が必要です。
    出典 :3/3 油抜きでは美しくなれない!良質オイルで潤い女子へ [美容食・インナービューティー] All About
     

    病気の原因にもなるなんて!気をつけねば!!

  • お酒、カフェインは取りすぎに注意!

  • <お酒、カフェインなどの嗜好品>

    適量であれば問題はありませんが、摂り過ぎると必要なビタミンやミネラルを排出してしまったり、血管を収縮させてしまう作用があり、肌荒れの原因になります。

    お酒も刺激物なので、摂り過ぎはお肌によくありません。また、アルコールの分解に水分が必要になるので、体やお肌が水分不足になり乾燥を招きます。
    出典 :敏感肌に良い食べ物、良くない食べ物 | スキンケア大学
     

    飲みすぎなければいいのか。ほっ。