静電気から髪を守る方法☆

静電気でせっかくセットした髪が台無しになってしまうことは
ありませんか?
そんな静電気から髪を守る方法をご紹介したいと思います☆

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 静電気

  • 寒くなり、乾燥した季節になると、静電気に悩まされることが多くなりますよね。
    まず、静電気が起こりやすい状況を避けるためには、乾燥を防ぐことが大切です。
    出典 :静電気から守る【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • 静電気

     

    髪と地肌をいたわり、静電気をなるべく起こさないためにも、 プラスティック製のクシやブラシを使うのは控えたほうがベター。 木製のブラシにかえるだけでも静電気は起こりづらく、 髪への負担とダメージも軽くなりますよっ。
    100円ショップで売ってる木製のクシに、 椿油を染み込ませて、お手製『つげ櫛』にするのも◎です♪

  • 静電気はプラスの性質があるため、マイナスとプラスがぶつかり合って髪表面のキューティクルが荒れたり損傷したりするのです。キューティクルが損傷すると、内部のタンパク質が流出し、それが髪のダメージにつながるのです
    出典 :冬の天敵を撃退!静電気・乾燥から髪を守る|eltha
  • トリートメント

  • トリートメント

     

    髪の毛のケアをする時は、トリートメントやリンスを、
    欠かさないようにしましょう。
    髪の毛の水分保湿率を13%異常保つことで、静電気から髪を守ることができます。

  • 外出前に洗い流さないトリートメントでしっかりと水分補給をしてから出かけることを推奨します。
    出典 :�Ód�C���甯�����ɂ�
  • ブラッシング

  • ブラッシングをする時は、髪の毛に、少しだけ湿り気を与えましょう。
    しかし、びしゃびしゃになるまで濡らしてしまうと、髪の毛が傷む原因になるので、
    注意が必要です。
    霧吹きなどを利用して、適度に濡らすことがポイントです。
    出典 :静電気から守る【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • 摩擦

  • 空気の乾燥やウール製品による静電気のせいで髪の毛にダメージが集中してしまいます。静電気によるダメージは、紫外線や摩擦、熱によるものと同じくらい強いダメージとなって髪の毛に影響を及ぼすでしょう。
    出典 :�Ód�C���甯�����ɂ�
  • ドライヤー

  • 静電気対策として大切なのが、加湿と保湿になります。「マイナスイオンドライヤーを使ったり、部屋に加湿器を置いたりして、髪の水分量を10~15%に保つことが大切です。また、髪内部の水分が逃げないよう、表面にオイルをつけるのも良いでしょう」。
    出典 :冬の天敵を撃退!静電気・乾燥から髪を守る|eltha
  • ポイント

  • エアコンに直接あたらない
    ドライヤーのかけすぎには注意
    プラスティック製のクシはNG
    ゴシゴシ、髪の毛をこすらないこと
    出典 :乾燥から髪を守る!冬のダメージとヘアケア対策 | ピュアラバリ