彼に嫌われたくない!デリケートゾーンに関する悩み

view89

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうしたら臭わなくなるの?

  • 感染症がないか調べる もし元から匂いをなくしたいのであれば、まず何が理由なのか知ることが必要です。一番よくあるパターンが感染症です。感染症はカンジダ膣炎からバクテリア感染、性病など様々です。これらが原因ではないと確実に知りたいのであれば、婦人科に行って医者に調べてもらいましょう。そうは言いましたが、下記が問題の一般的なゲージとなります。
    塊の白いおりものがたくさん出ているのなら、それはカンジダ膣炎です。ドラッグストアなどでも薬は簡単に買えます。
    きちんとトイレのエチケットを守っていないのであれば、バクテリア感染かもしれません。
    出典 :デリケートゾーンの匂いを消す 3つの方法
  • 香りのついたボディーウォッシュや石鹸を使わない 温かいお湯とマイルドな石鹸を使います。刺激の強い石鹸や薬品や香料を多く含んだ石鹸は、余計に膣からの分泌物を増やし、嫌な匂いを放ちます。
    膣周辺に石鹸をつけすぎない デリケートゾーンを石鹸で洗うことはできますが、膣自体からは遠ざけましょう。どのような石鹸でも膣内のデリケートなバランスを壊してしまいます。
    出典 :デリケートゾーンの匂いを消す 3つの方法
  • 生理中すぐにかぶれてかゆくなる

  • 月経中になると、かぶれてしまう、かゆくなる……。おもな原因はまずムレです。ナプキンを当てていると、どうしても湿った状態が続きます。その状態で、吸収されずナプキンに残った経血や汗などが肌を刺激すると、かぶれが起きてしまいます。赤ちゃんのオムツかぶれと似たようなもので、もともと皮膚の弱い人に多くみられます。
    もうひとつの原因は、摩擦です。うるおいが不足している場合など、動いたり歩いたりしたとき、ナプキンとのまさつで乾燥した皮膚がこすられてかぶれてしまうのです。
    出典 :かぶれとかゆみ | ソフィ生理辞典 | 生理のお悩み相談室 | ソフィ-ユニ・チャーム
  • かぶれているときのデリケートゾーンは、お湯で洗い流すのがいちばんです。石けんでゴシゴシ洗うのは、逆に症状を悪化させてしまいます。界面活性剤が含まれるボディソープなどは刺激が強く、炎症などのトラブルの原因になりやすいので注意しましょう。
    急にかゆみやかぶれが起きたときは、刺激の少ないウェットティシュや清浄綿で外陰部をやさしくふきましょう。その際は、ノンアルコール・無香料など刺激の少ないものがおすすめです。
    まずは、かゆみやかぶれのあるところをよくお湯で洗い、乾いたらそっと市販の塗り薬をつけます。市販の治療薬を使っても治らないときは、はやめに婦人科や皮膚科への受診をおすすめします。
    出典 :かぶれとかゆみ | ソフィ生理辞典 | 生理のお悩み相談室 | ソフィ-ユニ・チャーム
  • デリケートゾーンの衛生と快適さを保つためには、
    毎日のクレンジングが必要です。
    しかし、デリケートゾーン特有のタンパク質系の汚れは
    水だけでは落ちにくく、ニオイやかゆみの原因に。
    刺激や洗浄力の強い一般の石けんやボディソープで洗うと、
    デリケートゾーンを守る皮脂膜までも洗い流してしまい、
    これもニオイやかゆみなどのトラブルの原因となる恐れがあります。
    デリケートゾーンの“タンパク質系の汚れ”や“ニオイの元となる汚れ”を
    落としながらも、デリケートゾーンを守る皮脂膜を保ち、
    潤いを与えることでかゆみの原因となるかさつきを防ぐ専用石鹸で優しく洗う。
    出典 :デリケートゾーンの悩み デリケートゾーン石鹸 デリケートゾーンケアに Lovealeラブエル
  • 日常生活におけるデリケートゾーンの注意点!

  • 下着は「むれない、すれない、しめつけない」ものを
    通気性がよく、肌触りのよい柔らかな素材で、しめつけすぎないものを選びましょう。
    フェミニンゾーンを洗いすぎない
    洗浄力の強い洗浄剤で洗ったり、洗いすぎたりすることにより、皮膚のバリアを保つために必要な脂質が減少する可能性があるだけではなく、皮膚の常在菌を減らしたり、皮膚の角質層を傷つける可能性があります。
    カミソリなどは使用する時期に注意
    生理前や生理中にカミソリなどの使用は避けること。カミソリで処理する際には保護クリームなどを使い、やさしく丁寧に行いましょう。
    出典 :膣のpHバランスを保つ膣内の酸度 (酸性とアルカリ性) について | 女性のからだ | ラクタシード (Lactacyd) 公式サイト
  • 石鹸はしっかりと手のひらで十分泡立てたあと、陰部全体につけます。
    洗うときは、指の腹を使って丁寧に洗いましょう。
    洗う順番は、前から後ろ(肛門)の方にいくのが基本です。
    陰部は凹凸が多く、ヒダは特に汚れがたまりやすい部分になっていて、陰毛の部分は、臭いの原因が多いので、根元をマッサージしながらやさしく洗う。
    最後は、しっかりとすすぎます。
    しっかりと洗うことは大事なのですが、あそこの中までゴシゴシ洗うのは避けておきましょう。
    膣の中は洗わなくても、バイキンが入ってこないようにできてますので、洗う必要はありません。ただ、生理中やオリモノで汚れてるなと思ったら、軽く洗う程度にしておきましょう。
    出典 :あそこの臭いをなくすのにどの石鹸でどういうふうに洗ったらいいの?