コレステロールを下げるお茶のキーワードはカテキン!

コレステロールを下げるお茶の成分で大切なのがカテキン。このカテキンは様々な能力を持ったスパー成分です。カテキンのコレステロールを下げる効果を探ってみましょう。

view141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールの正体

  • コレステロールの正体は脂質です。コレステロールは細胞の膜をつくったり、生体機能を整えるホルモンをつくったり、体にとって必要な働きをしています。
    出典 :体脂肪&コレステロールについて | 2つの働き カテキン緑茶
  • このコレステロールには、血液中では主に「HDL(善玉)コレステロール」と「LDL(悪玉)コレステロール」の形で存在しています。運動不足や食べ過ぎなどが原因となって、「LDL(悪玉)コレステロール」が増えて健康問題を引き起こします。
    出典 :体脂肪&コレステロールについて | 2つの働き カテキン緑茶
  • LDLコレステロール

     

    肝臓から体の各組織に運ばれるコレステロールです。運動不足やカロリーの摂りすぎが原因で使いきれなかったLDLコレステロールは増えすぎてしまいます。

  • HDLコレステロール

     

    体の中で余ったコレステロールは、HDLコレステロールの形で肝臓にもどされます。

  • 正常な状態

     

    本来、コレステロールは「HDL(善玉)コレステロール」の形で回収して、肝臓に戻ります

  • LDLコレステロールが増えすぎた状態

     

    運動不足や食べ過ぎなどが原因で増えすぎたLDLコレステロールは、体のあちこちの組織に運ばれます。そして、色々な病気の原因となったりします。

  • お茶に含まれるカテキンは凄い

  • カテキンは、緑茶や紅茶などに含まれ、様々な効果があり、副作用が少ないことから人気です。最近では、お茶からつくられた、サプリメントも販売されています。カテキンを含む飲料で、うがいをすると新型インフルエンザ予防の効能があると言われています。
    出典 :【カテキン.com】緑茶の効果を解説。
  • コレステロールを下げるお茶

  • 緑茶に含まれるカテキンはコレステロールの吸収を抑え動脈硬化に効果あります。
    出典 :コレステロールを下げるお茶
  • 善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させるなど、血中脂質を正常にします。このようなカテキンの働きで、血管の状態を良好に保つため、動脈硬化などのリスクが減少します。また、血圧を上昇させる酵素を抑えて血圧を下げる効果があり、高血圧の予防にもつながります。
    出典 :【カテキン.com】緑茶の効果を解説。
  • 緑茶の渋み成分のカテキンには、抗酸化作用があり血液中のLDL(悪玉コレステロール)の酸化を抑え、動脈硬化を予防すると報告されています。
    出典 :コレステロールを下げるお茶
  • カテキンの強い抗酸化作用で、体内の酸化を防止します。人体が酸化するという事は、すなわち老化する事であり、それを防止する事で若さを保つ効果があります。
    出典 :【カテキン.com】緑茶の効果を解説。
     

    LDLコレステロールが酸化すると超悪玉コレステロールとなります。この超悪玉コレステロールが動脈硬化の原因を作ります。

  • またコレステロール値を低下させる不飽和脂肪酸の働きを助ける効果もあります。
    出典 :コレステロールを下げるお茶
     

    不飽和脂肪酸は、コレステロールや中性脂肪の運搬・排泄を促進するなどの作用をもっています。

  • 茶葉ごと飲むのも効果的

  • カテキンには殺菌作用は広く知られており、さらに糖尿病やインフルエンザの予防効果も言われています。副作用も殆ど無く、毎日の飲茶を習慣にするのはいかがですか。