腎不全と尿毒症。その関係はどういうもの?またその症状とは?

たまに「腎不全と尿毒症」という言葉を聞くときがあります。その両者の関係はどういうものなのでしょう?またその症状はどういうものなのでしょうか?

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿毒症について

  • 腎臓の働きが低下し、尿から排泄できなくなった毒素や不要な老廃物が血液中に溜まった状態です。
    出典 :腎臓病の症状|NPO法人腎臓サポート協会
  • 慢性腎不全(まんせいじんふぜん)(「慢性腎不全」)の末期や、急性腎不全(「急性腎不全」)で腎臓(じんぞう)のはたらきが極端に落ちたために、尿中に排泄(はいせつ)されなければならない老廃物が、からだの中にたまった状態を尿毒症といいます。
    出典 :尿毒症 とは - コトバンク
  •  

    気になる!腎不全と。尿毒症の関係。。尿毒症の症状は、まず最初に、疲れやすい、だるい、思考力が低下するなどの症状が現われます。身体がむくむということもあります。初期症状を見落とさないで!

  • 尿毒症とは、腎機能の低下により起こる臓器、組織、さらには細胞機能(はたらき)の障害と、体液異常により起こる症候群の総称です。いい換えれば、末期腎不全(まっきじんふぜん)の状態を意味しています。
    出典 :尿毒症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 尿毒症は、腎機能が著しく低下して、さまざまな老廃物や尿毒物が体内にたまることによる症候群のことをいいます。心臓、消化器、脳神経などのはたらきに障害が起こります。
    出典 :尿毒症の症状と治療法
  • どうして尿毒症になるの?

  •  

    尿毒症の自覚症状には、次のようなものがあります。
    ・顔や下肢がむくむ
    ・皮膚がかゆくなる
    ・貧血により顔色が青白くなる
    ・頭痛、めまい、倦怠感、眠気、動悸、息切れ、呼吸困難などの全身症状があらわれる
    ・食欲不振、吐き気、下痢、腹痛などの消化器症状があらわれる
    ・視力が低下する
    ・皮膚、鼻血などの出血がみられる
    ・尿の色が薄くなる

  • 腎臓病の主な症状として、たんぱく尿、血尿、むくみ(浮腫)、高血圧、尿量の変化などがみられます。腎臓病が著しく進行すると、尿毒症という深刻な状況になります。
    出典 :腎臓病の症状|NPO法人腎臓サポート協会
     

    腎不全と尿毒症の関係はこうだった!!

  • これらの症状はすべてが出現するとは限らず、軽度のうちは顕著ではないため、現れても見過ごされがちです。
    出典 :腎臓病の症状|NPO法人腎臓サポート協会
  • 腎臓の働きが低下するとエリスロポエチンという赤血球をつくるために大切なホルモンが低下し、赤血球がつくられなくなるために「貧血」などがみられることもあります。尿毒症の状態を放置すると、いずれは昏睡(意識がもうろうとした状態)となるなど、生命に関わる深刻な状態に陥ります。
    出典 :腎臓病の症状|NPO法人腎臓サポート協会
  • 腎不全とは?

  •  

    腎不全は、腎臓(じんぞう)の機能が低下した状態で、急性と慢性があります。
     急性腎不全は、大出血ややけど、ひどい下痢、嘔吐などにより、体液や電解質が大量に失われて起こります。一方、慢性腎不全は、長期にわたって徐々に腎臓の働きが低下します。

  • 初期は自覚症状がとぼしいのですが、進行すると尿毒症になります。
    出典 :腎不全・尿毒症 とは - コトバンク
  • 腎臓は尿をつくっているだけの臓器ではありません。体内の塩分・カルシウムの量のバランスをとり、血圧の調整、ホルモンの分泌、ビタミンDの活性化など、生命活動に欠かせない多くの機能をもっています。
    出典 :腎臓病の原因/症状と予防・治療がわかる
     

    なので様々な自覚症状があるのです。

  • 腎臓は組織の一部が壊れても、すぐにほかの部分が代行するため、なかなか病気の自覚症状はあらわれません。逆にいえば、むくみや高血圧、食欲不振などの自覚症状が出た時には、かなり腎臓病が進行してしまっているといえます。
    出典 :腎臓病の原因/症状と予防・治療がわかる
     

    放っておくと怖いことに・・。

  • 生活習慣病の影響で、糖尿病腎症や腎硬化症などにかかる患者が増えています。塩分の取りすぎ、肥満、運動不足、加齢、ストレスなどの要因が重なれば、だれでも腎臓の疾患にかかる可能性があります。
    出典 :腎臓病の原因/症状と予防・治療がわかる
  • 腎臓病の早期発見のためには、定期検診で尿検査を受けることが必要です。
    出典 :腎臓病の原因/症状と予防・治療がわかる
     

    早めの予防を心がけて!