【人工中絶】時期で変動!中絶費用っていくらなの?!

堕ろす時期で値段が変わる?初期・中期は?後遺症ってあるの?人工妊娠中絶のあれこれまとめます

view5382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の大きな決断「中絶」

  •  

    望まなくして妊娠をしてしまったとき。
    選択肢のひとつに「中絶」があるでしょう。
    中絶について詳しく見ていきましょう

  • 日本において、単に「中絶」や「妊娠中絶」と言うと一般的には人工妊娠中絶のことを指すことが多く、、性交後に対応し子供を産まないということから、緊急避妊のことを中絶と呼ぶ場合もあるが、医学上は自然妊娠中絶(一般的な意味での流産)の場合も含まれる。
    出典 :人工妊娠中絶 - Wikipedia
     

    確かに日本は中絶=手術するってイメージがありますよね。
    本来は中絶のひとつが人工中絶なんですね

  • 人工妊娠中絶(じんこうにんしんちゅうぜつ、英: induced abortion)とは、人工的な手段(手術または薬品)を用いて意図的に妊娠を中絶させ、胎児を殺すことを指す、妊娠中絶の一分類を言う。刑法では堕胎と言う。
    出典 :人工妊娠中絶 - Wikipedia
     

    言い方はどうあれ、ひとつの命がなくなるのが中絶。
    大きな決断が迫られますね。

  • RT @adult_girls: 1年間の妊娠中絶の件数はおよそ30万件。
    広島に原爆が落とされた際に
    亡くなられた方の数もおよそ30万人。
    避妊をしない人達の軽はずみな行為で、
    日本には毎年原爆が落とされているようなもの。
     

    Twitterで人気のツイート
    この現実を男性女性どちらも真摯に受け止めましょう

  •  

    何か中絶をせざるを得ない事情がある場合もあるかと思いますが、
    そもそも避妊具をしないなど軽はずみな性行為はしてはいけませんね

  • 中絶費用、こんなに高かった!!

  • 中絶を決めた人が気になるのが費用です
    一体どれくらいかかるのでしょうか

  •  

    けっこう高い中絶。
    女性にとっては、行為をした男性がどの程度負担してくれるかも重要かもしれません。

  • 中絶費用には保険が適用されず、全額自己負担となりますので、通常の病気と比較すると非常に高額となってきます。
    出典 :【初期と中期では大きく違う】中絶費用の平均相場
     

    保険が効かないんですね。
    事前に料金も調べてから病院を決めるのが良いかも

  • 時期によって大きく額が変わります

  • 「初期」で平均相場が7~15万円くらいです。 「初期」というのは週数が12週未満の状態のことです。
    出典 :【初期と中期では大きく違う】中絶費用の平均相場
     

    妊娠初期とは12週未満、つまり1ヵ月~4ヵ月未満ですね

  • 週数が12週以降である「中期」ですと中絶費用は平均相場として20~50万円くらいです。 「中期」ですと手術法が出産時と同じものとなり、時間もかかりますので入院しなければならない場合があるため、「初期」より高額となっているのです。
    出典 :【初期と中期では大きく違う】中絶費用の平均相場
     

    中期は5ヶ月~7ヶ月の期間です
    当然お腹の中の赤ちゃんが成長しているわけですから、初期より大変な手術になります

  • 中絶の後遺症ってあるの…?

  •  

    中絶が女性の身体にかなり負担をかけるのはよく聞く話。
    実際後遺症や影響はどういったものがあるのでしょうか。

  • なんと後遺症は100種類以上…。

  • すぐあとに合併症にかかる女性は多く存在しています。 100種類以上ある合併症には軽い症状のものと重い症状のものがあります。
    出典 :中絶による後遺症は、100種類以上あることを知っておきましょう
  • 「軽い」症状としては、胃腸障害、吐き気、慢性腹痛、発熱、出血、感染症、Rh敏感症などがあります
    出典 :中絶による後遺症は、100種類以上あることを知っておきましょう
     

    「軽い」に分類はされていますが、避けたい症状ばかりです。

  • 「重い」症状としては、感染症、大量出血、塞栓症、穿孔、麻酔による合併症、痙攣、出血、子宮頸部の損傷、内毒素ショックなどがあります。
    出典 :中絶による後遺症は、100種類以上あることを知っておきましょう
     

    合併症のひとつとして頸部損傷もあるそうです。
    中絶をするのにはかなりのリスクがあるということですね。

  • 手術後に起こる合併症のほとんどは治療可能みたいですが、重篤な生殖器の損傷などが起こると、大がかりな手術になることもあるそうです。