【肩甲骨ダイエット】肩甲骨をストレッチすれば体全体の脂肪が燃焼される!

肩甲骨のまわりにを刺激すると、体の脂肪燃焼効果が高まりダイエットに効果的なのだそうです。どんなストレッチ法があるのか、まとめてみました。

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肩甲骨のまわりの「褐色脂肪細胞」

  • 肩甲骨とその周辺には、脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞とは、食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがある細胞のこと。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • 「褐色脂肪細胞」は脂肪燃焼のカギ

  • 肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体をつくります。 また肩甲骨を動かすことで、リンパの流れがよくなり、むくみやセルライトを取り除く効果があります。
    出典 :最強の5分間!肩甲骨ダイエット - gooダイエット
  • 褐色脂肪細胞

     

    肩甲骨のまわり・・・
    この辺にあります。

  • もともとはたくさんあった「褐色智謀細胞」

  • もともと褐色脂肪細胞は体にたくさんあったのですが、成長すると共に褐色脂肪細胞は減少していきます。成人になると褐色脂肪細胞は肩甲骨まわりを除いて激減してしまいます。
    出典 :肩甲骨の褐色脂肪細胞
  • 肩甲骨を動かしてみよう

  • 肩甲骨ストレッチ その1

     

    1.両方のヒジを曲げて、息を吸いながら両ひじを後ろで近づけるように左右の肩甲骨を寄せます。大きく胸を張って。

    2.そのまま3~5秒キープします。

    3.次に手の甲をくっつけて両手を前に伸ばします。近づけた左右の肩甲骨を離すようなイメージです。

    4.そのまま3~5秒キープします。

    5.これを繰り返し5セットします。

  • 肩甲骨ストレッチ その2

     

    1.腕を後ろに回し、手を組みます。

    2.腕をそのまま30回上下させます。

  • 肩甲骨ストレッチ その3

     

    1.あぐらをかき両手をひざの上にのせ、上半身を前に倒します。

    2.おでこを床にくっつけ、そのままおじぎをします。肩甲骨が開いているのを意識して。

  • ストレッチの注意点は?

  • ストレッチを行う注意点は、『呼吸は自然にする事』『負担に感じない程度でも良いので続けていく事』の2点が肝心です。
    出典 :3分でも劇的ダイエット効果!朝型生活+肩甲骨ストレッチ | ダイエットSlism
     

    イタ気持ちいいくらいがちょうど良いそうです。

  • 筋肉は、急に伸ばそうとするとあまり伸びないので、ゆっくりと伸ばすように。
    出典 :肩甲骨ダイエット
  • どれもシンプルな動きばかりで、無理なく続けられそうですね。肩甲骨まわりを動かして、エネルギーを消費しやすい、太りにくい体質を作りましょう!