スポーツ脳トレーニングが有効な理由は?

view342

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • スポーツ脳トレーニング  篠原菊紀著 この本が話題です。脳とスポーツの関係を少し勉強しましょう。

  • 最初に脳とスポーツの関係を見てみましょう

  •  
  •  
  • 私たちの体は脳に支配されている。本人に自覚が無くても。

  • 優れたアスリートは脳もトレーニングされている

  •  
  •  
  •  
  • 蓄積された経験が脳をトレーニングしています。

  • トップアスリートと一般男性の脳の働きの違い

     
     

    体操選手が鉄棒種目のダブルコバチを成功させている自分の演技のビデオを見たときのfMRI画像です。左右の運動前野、上側頭回、頭頂葉などの血流量が増え、運動をなぞっている様子が見て取れる。
    同じビデオを見た一般学生で はあまり血流の増加は見られない。見る対象者がその動作に関してのイメージがないと役に立たないことが示唆される。

  •  
  • 脳を上手く制御すると、運動能力の向上に有効なのは確かのようです。

  • スポーツ脳トレーニング 内容紹介

  • イメージトレーニング

     
     

    イメージは脳にとってリアルな存在です。
    イメージすることは、脳にとって実際に動く以上にリアルなのです。

  •  
  •  
  •  
     

    スポーツ脳トレーニング [ 篠原菊紀 ]
    価格:1,365円(税込、送料込)

  • 主なコンテンツ

  • 身体能力向上系・脳トレ(速く走りたい、反射神経をよくしたい…etc)
    基礎技術習得系・脳トレ(遊びながら上手くなる、寝ながら上手くなる、…etc)
    勝負強くなる系・脳トレ(本番・チャンスに強くなる、…etc)
    やる気向上系・脳トレ(やる気を継続させたい、スランプを脱出したい、…etc)
    教え方、教わり方系・脳トレ(ほめて伸ばす・ほめないで伸ばす、…etc)