この季節だからこそ飲み過ぎ注意!進行すれば命に関わるアルコール性肝障害!!

飲酒によって肝臓の細胞が変化する病気【アルコール性肝障害】。
その病気について探ってみました。

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルコール性肝障害とは

  • 進行すれば命にかかわる病気です!

  • 肝障害に至る過程

  • 毎日、大量のアルコールを飲み続けると、アルコールを分解する酵素(アルコール脱水素酵素(だっすいそこうそ)とミクロソーム酸化酵素の2種類あるうちの後者)のはたらきが活発になり、より多量のアルコールを飲めるようになります。
     その結果、肝臓の細胞の変化が恒常的に続くようになり、ついには、肝細胞の変性・壊死(えし)と、細胞間質細胞(さいぼうかんしつさいぼう)の線維化(せんいか)がおこり、肝臓のはたらきが衰えてきます。
    出典 :アルコール性肝障害の症状・解説 - goo辞書
  • アルコールと肝臓病の関係

  • よく飲みすぎると肝臓を悪くするといいますが、その関係性はいかに??

  • アルコールが摂取されると肝臓によってエネルギー源に変えられ最終的には炭酸ガスと水に分解され排出されます。

    この一連の流れをMEOS(メオス)と呼びます。これが一連の流れとなるわけですが、毎日大量にアルコールを摂取すると、肝臓は絶えず働き続け休むことが出来ずにだんだんと傷んでアルコール性肝障害の可能性をたかめていきます。
    出典 :アルコール性肝障害が全て分かります
  • MEOS(メオス)の働き

     

    アルコールを摂取し過ぎてADHだけでは分解が追いつかない場合には、肝臓の細胞内にあるミクロソーム・エタノール酵素(MEOS)もアルコールの分解に働く。このMEOSが働くときにはビタミンB1が大量に消費されます。このようにアルコール分解にはナイアシンとともにビタミンB1も深い関係が。

  • アルコールの多量な摂取量で肝臓が休めない状態が主な原因

     

    アルコールに強い弱いは関係なく、大量に飲む人は『アルコール性肝障害』になる可能性が高い。

  • 個人差はありますが、3合以上の日本酒を毎日5年間飲み続けるとアルコール性肝脂肪になり、5合以上の酒を10年間飲み続けるとアルコール性肝硬変になると言われています。特に女性は男性よりも少ないアルコール量で肝障害が起こります。
    出典 :アルコール性肝障害の治療/症状で病気を早期発見!
  • アルコール肝障害になるとどんな症状が現れるの?

  • 全身倦怠感、腹部膨満感、食欲不振、右季肋部痛、上腹部圧迫感などがアルコール性脂肪肝の主症状となります。
    出典 :アルコール性肝障害 | 治療法は症状と原因から
  • こんな症状が表れ始めたら重症なので注意!

  • 物言わぬ臓器【肝臓】に是非休肝日を

  • アルコール性肝障害の初期段階では、禁酒やふだんの食事に気をつけるだけでも、肝臓を正常に戻すことができます。
    出典 :肝臓とアルコール|アルコール性肝障害
  • 物言わぬ臓器【肝臓】