糖尿病でも赤ちゃんは産める【血糖コントロールがカギ】

糖尿病になったからといって
子供が産めないわけじゃありません
上手くコントロールする事が出来れば
元気な子を産む事が出来ますよ

view400

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 糖尿病でも赤ちゃんを産めるのか

  • 血糖をコントロールすれば
    問題なく産む事が可能と言えます

    それには計画妊娠が必要です

  • 妊娠を希望する場合は

     

    医師に相談し

    【妊娠しても良い】

    という許可を得てから妊娠しましょう

  • 血糖をコントロールしないまま妊娠すると

  • 母子ともどもに色々なトラブルが起きてしまいます
    1型でも2型でも同じことが言えるでしょう

  • 起こりやすいトラブル

     

    【母体】
    糖尿病網膜症の悪化
    腎症の悪化
    高血圧症候群
    羊水過多症
    膀胱炎
    【赤ちゃん】
    奇形児
    巨大児
    子宮内胎児死亡
    未熟児

  • 上手にコントロールするには

  • 食事療法と運動療法、薬物療法をきちんと行う事です
    妊娠後も完全に血糖を正常にする事で健康な赤ちゃんを産む事が出来ます

  • 妊娠中はインスリン療法

     

    血糖値の自己測定は必要になってきます
    インスリン療法に切り替える為
    自己測定器で測れるようにしておきましょうね

  • インスリン療法に切り替える理由

  • 飲み薬は胎盤を通してあかちゃんに運ばれます
    あかちゃんが低血糖を起こすきけんがあるのです

  • 注意するのは

     

    妊娠初期は低血糖を起こしやすいので注意です
    また、その不安で食べ過ぎるのも
    絶対に駄目です

  • 体重管理も必要

  • 太りすぎは
    【妊娠高血圧症候群】
    を招きます
    また、一般の人と体重管理が変わります

  • 体重管理は

     

    出産時までの体重増加は6~8kgに抑える

    妊娠後期の体重増加は300g以内/週
    にする事が大事です

  • 妊娠中の運動は

  • 妊娠前から決まった時間に運動をすると良いでしょう
    15~30分が目安です

    アクアビクス
    マタニティビクス
    散歩でもOKです

  •  

    もちろん出産は自然分娩も可能です
    授乳が終わるまではインスリン療法を続けましょう

    妊娠がきっかけで糖尿病を見つける人もいます

    気を付けて、楽しいマタニティライフを送りましょうね