月経困難症の治療は気長に根気よく・体質改善から始めよう

月経困難症の治療は、まず体の体質改善からすることがよいようです。なかなか良くなってくるまでに時間がかかると思いますが、根気よく続けてみましょう。

view99

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎月来る生理・・。重い人軽い人それぞれですね。

  •  

    もし耐えられないほどに痛むようでいたら、ちょっと注意。月経困難症かもしれません。

  • 月経困難症とは

  • 月経時の症状のうち、日常生活に支障が生じるほどのものをいいます。
    出典 :月経困難症 | e治験.com
  • 例としては、「月経痛がひどく、起き上がることができない」「症状のために学校や会社を休まざるを得ない」「家事ができないほどつらい」など
    出典 :月経困難症 | e治験.com
  • 他の症状としては、腰痛、頭痛、吐き気、貧血、倦怠感。精神的に不安定な状態になることも。
    出典 :月経困難症 | e治験.com
  • これらの症状に隠れて子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が進行していることもあります。
    出典 :月経困難症 | e治験.com
     

    それは大変。単なる月経痛と考えてはいけないのですね。

  • 月経困難症の治療の前に

  • まずは、診察をしてもらって判断してもらいましょう。

  • 月経困難症の診察内容

  • 問診票・・過去の既往症、初潮の年齢、出産経験の有無、月経周期、状態、自覚症状、性体験、服用中の薬などを問われます。
    出典 :【月経困難症を治す!】-サヨナラしたい生理痛-
     

    きちんとした判断をしてもらうために詳しく書きましょう。

  • エコー検査・・超音波をつかった検査。子宮や卵巣の状態を調べます。内診、エコー検査、MRI
    出典 :【月経困難症を治す!】-サヨナラしたい生理痛-
     

    内診検査は少し抵抗があるかもしれませんが、必要な検査なので楽な気で調べてもらって。

  • 月経困難症の治療の方法を見ていきましょう。

  • 月経困難症の考えられるケースは2通りあります。

  • 器質性月経困難症

  • 子宮に病気があることが原因になりますので、その原因となっている病気の治療を行わなければなりません。
    出典 :【月経困難症を治す!】-サヨナラしたい生理痛-
     

    主に子宮内膜症や子宮筋腫などがその例です。

  • 機能性月経困難症の場合

  • 対処療法として鎮痛剤が用いられます。痛みの元になる成分は生理が始まる前から少しずつではじめますので、生理が始まると予想される1~2日前から服用し始めると効果があるといわれています。
    出典 :【月経困難症を治す!】-サヨナラしたい生理痛-
  • 鎮痛薬としては、ロキソニン、ボルタレン、などの非ステロイド性鎮痛薬を月経前から投与します。漢方薬が有効な場合もあります。程度が強いものとしては、低量ピルにより月経量が減るのと同時に症状が改善することが多いようです。
    出典 :月経困難症 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 適度に体を動かすのも効果的

  • 運動療法・毎日少しでも運動することが生理痛を軽くします。
    出典 :月経困難症
     

    軽度でしたら体を動かして、気がまぎれるということもありますよね。

  • カイロで温める・血液循環がよくなります。足浴・腰浴・・下半身の血液循環を改善します。洗面器にお湯を入れ、【41~42℃くらい)くるぶしまで浸して、15~20分。額に汗をかくくらい温まるのがポイントです。
    出典 :機能性月経困難症の治療法|産婦人科メモ|おしえて生理痛
     

    あたためたり、体操したりということが血液循環を促してくれます。