老化をSTOP!抗酸化物質が多い食材

そんな食材があったら、ぜひ、食べたい! 
ありがたいことに、実は身近な食材にあったんです。
アンチエイジングって、気楽にできるのです。 

view519

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歳をとって、老化するのは当たり前だけど・・・。

  • 老いること・・・。それは避けられない人類の宿命。

  • しわのある顔

     

    老化が進むとしわやシミができてきます。
    歳をとると誰もがそうなりますが、
    宿命から逃れられないのでしょうか?

  • でも、いつまでも若くいたい!

  • いつまでも若くいたい

     

    女性ならば、いつまでも若くて、美しくありたいものです。
    男性もですね。

  • そもそも、なんで老化するの?老化の原因って?

  • 老化の原因物質・・・。  活性炭素

     

    活性酸素って何?

    活性酸素が増えると体によくない…最近そんな話をよく耳にしませんか。肌のしみやしわといった老化現象から、動脈硬化やがんなど多くの生活習慣病の原因として、活性酸素がクローズアップされています。
    活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことです。私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。
    活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています。ところが活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子をも攻撃(酸化)してしまうのです。

    出典:http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/life/2

  • 酸素を吸って生きている私達には避けられない宿命・・・。それは体内の酸化

  • 老けるのはしょうがないとして、どうにかできないの?
    せめて、老化をストップする方法はない?

  • 実は身の回りの食品に意外と、抗酸化物質が含まれています。

  • どんな食材に抗酸化物質が含まれているの?

  • 抗酸化物質の多くは、植物が紫外線や害虫から身を守るために作り出す物質で、色、香り、アクの成分にあたります。味は、すっぱい(ビタミンC)、渋い(カテキン)といった食味を感じる成分です。
    出典 :公益社団法人 日本栄養士会
     

    抗酸化物質は野菜に多く含まれていて、それを食べればいいということですね。

  • まずはビタミン!

     

    ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。

    出典:http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_26.htm

  • 抗酸化物質を多く含む食・・・フラボノイド

     

    フラボノイドは、植物に広く含まれる色素成分の総称で、主に野菜や果物などから多くのものが発見されており、その数は4000種類以上もあるそうです。ビタミンPと呼ばれるヘスペリジンやルチンもフラボノイドの一種です。フラボノイドを水酸化したものをフラボノールとよび、いわゆるポリフェノールとして一般に知られています。


    出典:http://kenko.it-lab.com/info.php/97/

  • 抗酸化物質・・・ポリフェノール

     

    ■ポリフェノールと美肌の良い関係とは

    それぞれに違った効果を発揮するポリフェノールですが、共通してみられる効果に「抗酸化作用」と「抗菌作用」があります。この抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防止してシミ・シワ・たるみからお肌を守ります。細胞が元気に活動する事で、皮脂のバランスも良くなり乾燥肌の防止にもなります。

    またポリフェノールの殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

    いちご、ラズベリー、ザクロ、りんご、ナッツ類などに含まれるエラグ酸というポリフェノールには、メラニン色素の発生を抑制する効果がありますので美白志向の高い方は要チェックですね。いちごやラズベリーなど、ビタミンCも豊富ですので、ダブルでシミ・ソバカスを撃退してくれます。

    出典:http://lbr-japan.com/2013/01/29/3953/

  • そして最強の食材・・・ブロッコリーのスプラウト

     

    ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽で、このまま成長するとブロッコリーになります。新芽の状態より成長した方が栄養価が高まりそうと思いますが、植物の栄養素は種の中に多く含まれていて、成長していくにつれ栄養素は減少していきます。ですのでブロッコリースプラウトのように新芽を食べるのが、最も効率よく栄養素を吸収できる方法と言えます。

    ブロッコリースプラウトには、スルフォラファンという抗酸化物質がブロッコリーの20倍以上も含まれていて、しかもその坑酸化作用は3日間も持続するのです!

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/65271/

  • 老化ストップをする食材を摂る以前に、大切なことがあります。

  •  大切なのは、生体〔私たちの体〕の酸化を亢進させないことです。そのためにも次のような日頃の生活を見直しましょう。


    1.エネルギーの摂りすぎを避ける
    2.栄養バランスの悪い(野菜や果物の不足など)食生活を避ける
    3.過激な運動を避ける
    4.不規則な生活、ストレスの多い生活を避ける
    5.放射線、紫外線、薬物などへの暴露を避ける



     特に、加工食品に偏った食生活をやめて、自然食品から各種栄養素をバランスよく摂取することが最も重要です。
    出典 :公益社団法人 日本栄養士会
     

    酸化しやすい毎日を送っていないか、それをまずやめることが必要です!

  • 健康的な生活をしましょう!

     

    スキンケアも、最終的には暴飲暴食をやめ、バランスの良い食事をして、精神的に安定をすることが必要なのです。ストレスを解消したり、睡眠ももちろん大切です。

  • エスティ ローダーは大学病院ケース メディカル センターとともに60人の女性参加者と彼女たちの睡眠パターンが与える肌への影響を調べた。30歳から49歳までの女性たちはまず二つのグループに分けられた。「質の悪い」睡眠パターンをもつ30人と、「質のいい」睡眠パターンをもつ30人だ。4晩にわたる調査の間、研究チームはひとりひとりの女性の肌がどうなっているかを調べた。

    結果は驚愕に値する。小じわや、肌の色ムラ、張りの減少は「質の悪い」睡眠グループで2倍、日焼け (aka "The Silent Wrinkler") からの回復もずっと遅いことがわかった。さらに悪いことには、睡眠が乱れている女性たちの肌には水分不足や感覚反応の鈍化などの症状も見られた。
    出典 :お肌と睡眠、予想以上に密接な関係 (研究結果)
     

    スキンケアで食べた物質が肌の修正に使われる時間が睡眠時間なのです。せっかく食べたスキンケア食材を無駄にしないためにも、しっかりと睡眠をとりましょう。