手が震える、意識が朦朧とする、それは肝性脳症かもしれません

肝性脳症というものをご存知ですか?手が震えたり、意識が朦朧としたり、気分のムラが激しくなったり、物忘れがひどくなったり。年のせい?ボケてきた?いいえ、それらの症状はもしかしたら肝性脳症かもしれません。肝臓に疾患はありませんか?肝性脳症は早期治療が大切です。

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝性脳症とは

  • 肝性脳症は、肝硬変で肝臓の機能が低下した状態、つまり、肝不全によって起こる重要な症状の一つです。
    出典 :http://www.otsukakj.jp/med_nutrition/pallette/dlfile.cgi/19/v23p03.pdf
  • 肝硬変の成因

     

    日本の肝硬変は、9割が肝炎ウィルスによるもの

  • 肝性脳症(門脈体循環性脳障害、肝性昏睡)は、正常であれば肝臓で除去されるはずの毒物が血液中にたまって脳に到達し、脳の機能が低下する病気です。
    出典 :肝性脳症: 肝臓の病気でみられる症状: メルクマニュアル 家庭版
  • かんせいのうしょう。肝性昏睡ともいう。肝臓の機能低下による意識障害。正常であれば肝臓で除去されるはずの毒性物質が血液中に増えたために、脳の機能が低下すること。肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされるほか、特定の薬が脳症を引き起こす場合もある。
    出典 :肝性脳症 | 看護用語辞典 ナースpedia
  • 肝性脳症は、腸で作られたアンモニアという有害な物質は、本来肝臓で分解され無害となりますが、肝臓が分解する力がないために、肝臓を通らないルートの血管を通って脳へいってしまいます。手が震え始め、進行すると頭がもうろうとしたり、訳が分からないことを口走ったりし、最後には意識を失ったりということが起こります
    出典 :肝性脳症〜生体肝移植体験談
  • 肝性脳症とは、肝機能が正常に働かないために血液中の毒素が分解除去されず、アンモニアなどの物質が脳に溜まってまるでボケたかのような症状を引き起こす

  • 肝性脳症 どんな症状があるか

  • 自覚症状は代償期の肝硬変ではほとんどないことが多い。非代償期へと進行すると全身倦怠感、易疲労感、食欲不振、微熱、腹部膨満、下肢のこむら返り、味覚異常、吐血、黒色便などがみられる。
    出典 :独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター │ 肝臓専門医以外の医療従事者の方へ │ 肝硬変
     

    肝障害があっても、予備能力で症状が表に出ない時期が代償期、障害が進行して症状が出てくる時期が非代償期といいます。

  • 肝性脳症の症状は意識障害が中心となります。
    様々な精神症状と運動系の症状が表れるのです。
    肝性脳症は5つの段階に分けられます。
    出典 :肝性脳症の症状と治療について
     

    下のイラストでは1〜4までの分類ですが、5つめの段階は全ての刺激に対して全くの無反応になってしまう段階のことをいいます。

  • 肝性脳症をおこしている患者さんでは特徴ある脳波所見(三相波)がみられ有用な検査法です。肝性脳症の程度は昏睡度1-4度に分類して表示します。
    出典 :肝硬変
  • 肝性脳症の発症初期段階で発見できれば、その後の治療がスムーズに進みます。
    人格や行動、思考に変化が表れる。気分が変化しやすく、判断力が鈍る。睡眠パターンが変化する。息がカビ臭く甘ったるい臭いになる。
    出典 :肝性脳症の症状と治療について
  • 当てはまる症状はありますか?ただの「ボケ」や年のせいだと考えずに、肝機能障害のある方は必ず医師に相談して下さい。

  • 肝性脳症 治療法は

  • 肝性脳症は多くの場合、治療をすれば治ります。実際に、脳症の引き金が可逆的な原因であれば、元通りに回復することも可能です。しかし、慢性肝疾患の人は将来、脳症を発症しやすくなっています。また、急性の肝臓の炎症が原因で昏睡に陥った患者の最大80%は、集中治療を行っても肝性脳症は致死的です。
    出典 :肝性脳症: 肝臓の病気でみられる症状: メルクマニュアル 家庭版
  • 感染症や服用中の薬など、脳の機能低下の原因を見つけて取り除くための治療を行う。また食事制限などを行って腸から毒性物質を除去する。
    脳症の原因が薬などの完全に取り除けるものであれば回復することもあるが、急性肝炎が原因で重度の昏睡に陥った場合は致死率が高く危険である
    出典 :肝性脳症 | 看護用語辞典 ナースpedia
  •  

    慢性肝炎の方は、少しでもおかしい(ぼけた?)と思ったらすぐにかかりつけ医に相談して下さい。

  • 慢性肝炎などの肝臓に疾患がある人の場合、不可解な精神症状がみられたら肝性脳症かもしれないと疑ってみてください。決して自己判断せず、早めに専門的な治療を受けてくださいね。
    出典 :肝臓が悪い方の場合、不可解な精神症状がみられたら「肝性脳症」かも|みんなの介護ニュース