狭心症の発作について

狭心症は心臓付近の血流の不調で、発作で突然胸が痛みだします
そして狭心症は心筋梗塞の要因にもなってしまう危険な病気です。
狭心症の発作にはどのように対処すればいいのでしょうか?

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です

  • 発作の起こり方、原因などにより分類されます。一般的には、「労作(ろうさ)(性(せい))狭心症」か「安静(あんせい)狭心症」、「器質型(きしつがた)(血管の強い狭窄(きょうさく)によって起こる)狭心症」か「異型(いけい)狭心症」、「安定(あんてい)狭心症」か「不安定(ふあんてい)狭心症」のように分けられます。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
     

    狭心症の発作はいくつかに分類されます。

  • 血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な血流・酸素が送り込めない時に胸の痛みが起こります。血管狭窄の原因の大多数は、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化(どうみゃくこうか)です。そのほか、血管けいれんも血管狭窄の原因となります。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • 症状の現れ方

  • 狭心症発作は、胸の中央からみぞおちにかけての広い範囲で胸痛が起こります。圧迫されるような、息が詰まるような、あるいはしめつけられるような痛みを感じます。
    出典 :狭心症
     

    広範囲での胸痛が最大の特徴です。

  • 痛みは表面的なチクチク感などの様に感じる痛みではなく、体の深いところに広く感じます。首、背中、左右の腕、肩、顎、歯、上腹部に生じることもあります。心臓 ヨレヨレ冷や汗、吐き気、おう吐、呼吸困難を伴うこともあります。
    出典 :狭心症
  • 代表的な発作の症状としては、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる・押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などがあります。大多数は胸部の症状として現れますが、上腹部(胃のあたり)や背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みとして感じることもあります。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • 痛みの程度は、冷汗を伴う強いものから、違和感程度の軽いものまであります

     

    とくに糖尿病の患者さんは、病変の重症度に比べて、症状を軽く感じることが多く、注意が必要です。

  • 安定狭心症と不安定狭心症

  • 安定狭心症とは、発作の起きる状況や強さ、持続時間などがほぼ一定で、大きな変化が少ない狭心症です。運動をして心拍数が上昇し、心臓に負担がかかると胸痛を自覚し、休んで心拍数が元に戻り、心臓の負担が軽くなると症状が消えます。
    出典 :狭心症
  • 堅いプラーク(コレステロールなどの固まり)の動脈硬化によって、血管内腔が狭くなっていることが多いようです。すぐに心筋梗塞に移行する可能性は低いと考えられています。安定狭心症は一定の労作で起こるため、労作性狭心症とも呼ばれます。
    出典 :狭心症
     

    コレステロールによる動脈硬化が原因になるようですね

  • 一方、不安定狭心症とは発作の回数が増加したり、胸痛がだんだん強くなったり、以前は発作が起きなかった軽い運動や安静時に胸痛がおこったり、持続時間が長くなったりします。
    出典 :狭心症
     

    不安定狭心症は安静時にも発作が起こります

  • この状態の血管内は、崩れやすいプラークの動脈硬化が存在することや、血栓(血の塊)ができていること、あるいは血管のけいれんが起こりやすくなっていることが原因とされています。近い将来に心筋梗塞を発症する可能性が高いと考えられており、特に注意が必要です。
    出典 :狭心症
     

    不安定狭心症は心筋梗塞の危険信号ですので特に注意が必要です。

  • 狭心症の発作はこんなときに起きやすい。

     

    ●激しい動作時(階段を昇る、急ぎ足で歩く)
    ●興奮したり緊張したとき
    ●急に寒いところに出たとき
    ●食後
    ●アルコール摂取後
    ●排便時など

  • 予防・対策

  • 狭心症の原因疾患は冠状動脈硬化症ですので危険因子の除去として、禁煙、肥満の是正、血清コレステロール値の正常化、糖尿病に対する血糖コントロール、高脂血症に対する脂質摂取の制限などを行うことによって症状の進行を阻止することができます。
    出典 :狭心症・鍼灸・針灸・治療院・治す・東京都・葛飾区
     

    予防や改善には生活習慣を見直すことが求められるようですね

  • また鍼灸治療には生体恒常性維持機能を強化する働きがありますので症状の進行を抑えるためにも、お近くの鍼灸院で治療されてみてはいかがでしょうか。
    出典 :狭心症・鍼灸・針灸・治療院・治す・東京都・葛飾区