感染性が非常に強い【結膜炎の感染経路】を知っておこう!!

【結膜炎の感染経路】は患者の眼⇒手⇒手で触ったもの⇒それに別の人が触れることにより次々感染していきます。出先ではトイレのドアノブ、電車のつり革、エレベーターのボタンなどから感染します。、また、家族に罹患者がいる場合は使うものは共用しないこと、そして消毒液で手指をこまめに消毒することです。

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 結膜炎は感染力が強い

  • 感染する結膜炎にかかったときに忘れてはならないのは、人にうつさないよう注意することです。感染する結膜炎かそうでないかの判断に少し時間がかかることもあります。その場合は、まずは感染するものと思って対処してください。
    出典 :結膜炎
     

    結膜炎にかかったら、ともかく周りの人にうつらないように、よく気をつけること。アレルギー性結膜炎は感染性はないといわれますが、細菌性と同様の症状なのでの違いはお医者さんに診断してもらうことだそうです。

  • 結膜炎とは

  • 結膜炎は目ヤニやまぶたの腫れ、目がゴロゴロするなど幾つかの独特の症状を発症する目の結膜に炎症を生じる疾患のひとつです。 結膜炎は幼少期からかかりやすく割と身近な目の病気でもあるため、既に発症経験をお持ちの方も多いかもしれません。
    出典 :結膜炎3大分類 | ウイルス性・細菌性・アレルギー性【潜伏期間ナビ】
     

    結膜とは眼の白眼の部分のところですが、外からの刺激を一番受けやすい組織だそうです。眼に異物が入ってごろごろしたり、痒かったり、痛かったりして先ず手で触れてしまいます。手指が触れることで細菌の感染を引き起こすそうです。

  • 結膜炎を大きく分けると

  • 主な結膜炎の種類は■アレルギー性結膜炎/スギなどの花粉によるアレルギー性結膜炎(花粉症)や、ハウスダストによる。 ■ウイルス性結膜炎/かぜの合併症として起きる結膜炎や、風邪以外のウイルスで起きる流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、咽頭結膜熱など。 ■細菌性結膜炎/細菌によって起きる細菌性結膜炎
    出典 :結膜炎の主な症状・種類 [目の病気] All About
     

    アレルギー性結膜炎はアレルギー反応を起こす花粉、ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットの毛などが要因なので、これらを遠ざけることなどで防ぐようにすることで、感染性は弱いそうです。また症状がある間のクトレンズは使用しない方がいいそうです。

  • 流行性角結膜炎(流行り目)は

  • はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。 感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。 発症は夏に多く、1~5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて幅広い年齢でかかります。
    出典 :流行性角結膜炎[はやり目](りゅうこうせいかくけつまくえん [はやりめ])-目の病気|一般の皆さま|千寿製薬
  • 結膜炎を予防するには

  • 接触感染が主ですから、まず、タオルや手ぬぐいの類はご自分専用にしましょう。目を触った手でそのまま色々なところを触ると、そこにウィルスがついて、他の人が触ってその手で目を触ると感染してしまいますから、目を触ったらそのままどこにも触れないようにしてすぐに手を洗いましょう。石鹸で良いので、とにかく流水でウィルスを洗い流してしまう事が大事です。
    出典 :はやり目
  • 結膜炎の症状、感染経路、治療法、予防など