最近話題のHIV。 AIDSとは何が違うの?

HIVとAIDSって、いったい何が違うの?そんな疑問を解決!

view322

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • HIVとAIDSの違い

  • 端的に言うと…

  • HIVとAIDSはどう違うのかって? HIVというのは、「ヒト免疫不全ウイルス」というウイルスの名前です。英語の頭文字をとってHIVです。一方のAIDSは、HIVによって引き起こされる症状のことを指します。

    AIDSは、日本語で「後天性免疫不全症候群」と言いますが、病気と戦う免疫の力が低下するので、ふだんはかからない、いろんな症状が出てきます。HIVが原因の症状をまとめてAIDSと言っています。
    出典 :12月1日は世界エイズデー HIVとAIDS、何が違う? (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
  • 全く別の病気ということではなく、HIVが原因で起こる症状をAIDSと呼ぶのですね。

  • HIVとは

  • HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(日本名「ヒト免疫不全ウ
    イルス」)のことで、エイズの原因になるウイルスの名前です。
    これは、「人の病気等に対する抵抗力を不完全な状態にしてしまうウイ
    ルス」という意味です。
    出典 :エイズとHIVの違いをご存知ですか?
  • AIDSとは

  • エイズとは、AIDS=Acquired Immuno Deficiency Syndrome(日本名
    「後天性免疫不全症候群」)のことで、簡単に訳すと「生まれた後に病
    気等に対する抵抗力がうまく機能しなくなり、様々な、もしくは何らか
    の病気になってしまった状態」という意味です。
     「後天性免疫不全症候群」=「エイズ」という意味だと思って下さい。
    出典 :エイズとHIVの違いをご存知ですか?
  • 感染者数と患者数

  • 日本は増加している!?

     

    日本とロシアが増えており、各国が減少に転じる中、日本は先進国で唯一増加している国と言われています。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/372310/

  • ・HIV感染者数
    合計3,340万人 (女性1,570万人、子供(15歳未満)210万人)

    ・新規HIV感染者数
    合計270万人 (子供(15歳未満) 43万人)

    ・AIDSによる死亡者数
    合計200万人 (子供(15歳未満)28万人)
    出典 :HIV・AIDSの症状・治療法 [感染症] All About
  • 国内のHIV感染者数とAIDS患者数の推移

     

    たしかに日本は増加傾向にあるようですね。
    献血の血液が原因で、また新たな患者を増やしてしまうということは避けたいですね。

  • HIVに感染したら辿る経緯

  • 感染したウイルス(HIV)が急激に増える段階です。この時には、発熱、だるさ、筋肉痛、リンパ節が腫れたり痛んだり、また湿疹ができたりしますが、数週間で症状は消えてしまいます。
    出典 :HIV・AIDSの症状・治療法 [感染症] All About
  • 症状が消えて、治った感じになる無症候期を迎えます。この時も同様にウイルスは増えている(毎日100億個前後)のですが、まだ、残されている免疫機能により症状が抑えられている状態にあります。
    出典 :HIV・AIDSの症状・治療法 [感染症] All About
  • 残された免疫機能が落ちてしまうと、AIDSを発症します。AIDSは、以下のいずれかの発症により判定されます。
    ・真菌症(カンジダ症(食道、気管、気管支、肺)、クリプトコッカス症(肺以外)など)
    ・原虫感染症(トキソプラズマ脳症、クリプトスポリジウム症など)
    ・細菌感染症(化膿性最近感染症(敗血症など)、再発を繰り返すサルモネラ菌血症など)
    ・ウイルス感染症(単純ヘルペスウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症など)
    ・腫瘍(カポジ肉腫、原発性脳リンパ腫など)
    ・その他(反復性肺炎、HIV脳症など)
    出典 :HIV・AIDSの症状・治療法 [感染症] All About