体が固い・・・・(泣)体が固いとどんなデメリットがあるの???気になるまとめ☆☆

体が固い人って案外多いはず!!
そんな人におすすめの体をやわらかくしてくれる食べ物についての情報をまとめてみました~!!

view906

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体が固いと困る事ってあるの???

  • 体が固いことで起こるデメリットが色々とあります!!

     

    ダイエット中に人や腰痛がある人にとっても体が固いことはデメリットだらけなのです!!

  • ①疲れやすい・眠れない
    血流が悪くなり、酸素や栄養が十分に脳を含む体内に行き渡りません。
    同時に老廃物の排出機能も弱まってしまうので、疲労物質が
    たまって疲れやすい体を作ってしまいます。
    脳も疲れていると、寝付けない、ぐっすり眠れないという
    悪循環にもつながります。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ②冷えやすい
    体の冷えを引き起こす原因の中にも体が硬い場合があります。
    慢性的な血行不良がある場合は常に手先・足先などの
    末端が冷たく、夜も寝付きにくくなることもあるようです。
    また、冷えによって生理痛や生理不順も悪化させることがあるので
    腰の筋肉の硬さなどにも注意が必要です。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ③やせにくい
    関節や筋肉が硬いと代謝が低下するため、むくみやすい・
    脂肪がつきやすい・脂肪がとれにくい体になってしまいます。
    特に腰まわりやお腹まわり、お尻から太ももの裏にかけて
    (この部分、触ると冷えていませんか?
    冷えているとセルライトができやすくなっています)
    の筋肉は意識して動かすようにしてください。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ④便秘
    便秘の原因は様々ですが、便を押し出すぜん動運動が弱く
    便が滞留してしまう場合は、加齢・骨盤のゆがみ・内臓下垂が
    原因であることが多いようです。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ⑤老けて見える
    骨盤や体のゆがみがあるだけで猫背や腹筋や背筋が弱い、
    またはバランスが悪いことで姿勢が悪くなり、
    覇気のない老けた印象を与えてしまいます。
    ゆがみや姿勢の悪さは血行不良の原因になるので、
    同時に顔色が悪く、肌のくすみ・シミ・たるみにもつながり、
    ますます老けて見えるのです。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ⑥肩こり・腰痛
    肩こりの場合、パソコンやデスクワークをこなす人に多いのですが、
    長時間の猫背や首を前に出した前首状態ままでいることで
    首と肩周辺の筋肉が緊張して硬くなり、血流が悪くなります。
    腰痛は腹筋・背筋・腰筋の弾力がないことや、腰の軟骨・関節の
    老化が原因の場合があります。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ⑦集中力低下・イライラ
    体が硬いと胸の筋肉の動きも悪くなるので呼吸が浅かったり
    乱れがちになります。
    そうすると、酸素が十分に体に届けられないため
    脳への酸素不足を引き起こし、集中力がなくなったり、
    思考力が低下したりイライラしたりします。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
  • ⑧ケガをしやすい
    体が硬い=筋肉や関節の可動域が狭い(小さい)ということです。
    その状態でハードなスポーツや急な動作をすると
    柔軟性がないために捻挫や骨折・アキレス腱や靭帯損傷などの
    ケガをしやすくなります。
    出典 :体が硬いデメリット - 体が硬い人の腰痛
     

    実は怪我の原因が体が固いことな場合も多いのです!!!

  • 柔らかいからだ作りを目指しましょう!!!

  • 体柔らかいことで起こるメリットはどんな物があるの???

     

    柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです!!
    ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります!!
    ストレッチを心掛けるだけで健康になれるのです!!

  • ■基礎代謝があがり、血行が良くなる
    硬いままの身体で生活することは、基礎代謝の低下や血行不良につながります。ストレッチを行い、柔軟性を高めることは筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉のもつポンプ作用を利用して血行を改善させます。基礎代謝があがることはダイエットにも有効ですし、血行が良くなることは手先や足先の冷え症改善につながります。
    出典 :身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About

  • ■疲労回復に効果がある
    運動や日常生活でたまった疲労物質などは、血液に乗って運ばれ分解されます。血行が良くなるとこの循環が早くなるので、疲労回復に効果があります。
    出典 :身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About
  • ■肩こりや腰痛の改善にも役立つ
    筋肉の張りやコリなどは、肩こりや腰痛の大きな原因の1つです。柔軟性が低いと関節により大きな負担がかかり、痛みを引き起こすことも。筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。
    出典 :身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About
  • ■運動をするときのケガの予防になる
    ストレッチを行い、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。運動前のウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。逆に筋温が十分に上がらない状態で運動を始めてしまうと、筋肉や関節を痛める原因ともなってしまいます。
    出典 :身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About
  • ■心身の老化予防にも
    身体を動かして柔軟性を高めることは、心と身体をリラックスさせて緊張を解きほぐすだけでなく、心身の老化予防に効果があるといわれています。
    出典 :身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About
  • ストレッチを心掛けて体をやわらかくしてあげましょう!!!

  • 効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのがストレッチを効果的にする5つのコツです。

    1) 身体が温まった状態で行う(入浴後、軽い運動後)
    2) 反動をつけず、ゆっくりと20秒~30秒かけて行う
    3) 息を吐きながら行う
    4) 伸ばす筋肉を意識する
    5) 継続して行う

    これらのコツを意識して行うだけでもストレッチ効果は高まり、柔軟性アップにつながります。身体と心をほぐして日々の運動不足を解消し、健康的な生活を送りましょう。
    出典 :2/2 身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About
     

    出来ることから実践していきましょう!!