肌荒れの救世主!?「乳液洗顔」とはどんなもの!?

乳液洗顔って知っていますか?肌荒れの救世主と呼ばれているその方法とは!?

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳液洗顔とは

  • ごわごわと肌にたまってくる角質。若い時はニキビ肌につながっていくし、年齢肌にとって角質はくすみやゴワつきの原因に。最近では、毎日でも使える炭酸系洗顔料や、フルーツ酸配合の洗顔料などがあり洗顔をかねて気軽に角質ケアできるので、忙しい人には便利!
    出典 :乳液洗顔で角質オフ! - 正しい洗顔方法|シミをつくらない毛穴の黒ずみ・角質オフ
     

    角質ケア出来るという点は嬉しい所ではないでしょうか?

  • ただ、角質をとりすぎるとそれも危険!角質をとりぎたり、スクラブでごしごし洗ったりすると、皮膚が薄く傷つきやすい状態になって、敏感肌になってしまったり、肌が薄くて潤いを保てなくなって乾燥肌になりシワの原因になったり、考えただけで危険。
    出典 :乳液洗顔で角質オフ! - 正しい洗顔方法|シミをつくらない毛穴の黒ずみ・角質オフ
     

    このような考えの結果乳液洗顔があるのです。

  • そこでおすすめなのが、乳液洗顔です。乳液は化粧水・美容液の後に使用するアイテムですが、実は洗顔として利用することもできます。毎日乳液洗顔する必要はありませんが、肌の調子が悪かったり、洗顔で刺激を感じたら、乳液洗顔を試してみることをおすすめします。
    出典 :乳液洗顔の方法
     

    乳液洗顔はとっても頼りになる存在ですよ。

  • 乳液洗顔は

     

    刺激が少なくて、肌本来の力を復活させるという効果も期待できるそうです。そこまで考えられると嬉しいですよね。のびの良い軽めの乳液がよさそうですね。

  • 乳液洗顔の手順は

  • ①乳液を大さじ1くらい手に取り、両手で温めます。②額・頬・鼻・顎に塗布してクルクルとマッサージするように肌になじませます。③ティッシュで押さえるように拭き取ります。 (べた付きが気になる方は、ぬるま湯で軽くすすいで下さいね♪)④化粧水やクリームなど、いつものスキンケア。
    出典 :寒くて乾燥する季節におすすめの洗顔方法(乳液洗顔) | 深谷市エステAMONLISAのスタッフブログ
     

    ここまでが一巡の例ですね

  • 朝の乳液洗顔は、トラブルがある人に考えられた1つの方法であり本来の肌の力が戻るまでの間です。表皮だけでも2週間、真皮から変わるなら1ヶ月。それに体の血液の入れ替わりまで計算すると、どれだけ考えても3ヶ月はかかります。
    出典 :乳液洗顔をご存知でしょうか? −chieco(チエコ)−
  • 効果はあるの?

  • 乾燥や花粉の時期は洗顔料を使用すると刺激が強すぎるので、朝起きた時の洗顔はぬるま湯だけで済ませてしまう方も多くいらっしゃいます。確かにぬるま湯洗顔は刺激がまったくないので安心ですが、水分だけでは毛穴にこびりついた皮脂汚れが落ちにくく、ぬるつきやベタつきを感じることがあります。
    出典 :乳液洗顔の方法
  • その点、乳液洗顔は油分が含まれているので、毛穴につまった皮脂汚れもきれいに落とすことが可能。さらに、洗顔と同時に肌表面に保湿膜を形成してくれるので、さっぱりした洗い上がりながら、しっとり感を実感することができます。
    出典 :乳液洗顔の方法
  • これだけで、お肌の顔色がワントーン明るくなったのを感じられる方が多いようです。(個人差はあります)優しく、角質をはがせたので、皮膚に負担もかかりません。普通の洗顔に加えて、週に1~2回ほど組み込めば、常につるっとした美しい肌へ。
    出典 :乳液洗顔で角質オフ! - 正しい洗顔方法|シミをつくらない毛穴の黒ずみ・角質オフ
  • ポイントは、乳液を惜しむことなくたっぷり使うこと。ここで乳液を少ししか使わないと、お肌に負担がかかり、逆にお肌が傷付いてしまいます。お肌にたっぷりと覆って、したたるくらいの乳液をつけることをおすすめします。
    出典 :乳液洗顔で角質オフ! - 正しい洗顔方法|シミをつくらない毛穴の黒ずみ・角質オフ
  • 使用する乳液はどんなものでもOKですが、伸びがよく、軽めの乳液を使用すると、指と肌の摩擦を防ぐことができます。
    出典 :乳液洗顔の方法
  • 化粧品だけではなく

     

    皮膚科の専門の人に相談するのも良いですよ。そのあたりも考慮にいれると美しい肌を手に入れる事が出来るようになる事間違いなしかもしれませんね!