原因不明!?「単純性紫斑の治療」はどのようにするの?

単純性紫斑の治療はどのようにするのでしょう。原因不明でも可能!?

view752

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 単純性紫斑の特徴

  • 単純性紫斑は米粒大のツブツブとした点状の出血斑が多数現れます。その出血斑はあらゆる場所に拡散します。症状によっては色素沈着をして痕が残るケースもあります。
    出典 :原因不明の病、単純性紫斑とは?原因と治療法 | スキンケア大学
  • 症状は四肢、特に下肢に多く発生し、20代の女性を中心に姿を現します。出血斑は隆起しておらず平らで、しこりも確認できません。またかゆみや痛みを伴う事はありませんし、重篤になったり合併症を招いたりする恐れもないので過度な心配は不要です。
    出典 :原因不明の病、単純性紫斑とは?原因と治療法 | スキンケア大学
  • 後発部位について

     

    好発場所は四肢、中でも下肢であり、二十代の女性に多く見られる点状出血斑です。時期的には春と秋に発症しやすく、しこりも全身症状も認めません。また、合併症も伴いそうです。

  • 原因は不明ですが、血管の弱さが関係するものと考えられます。過労や生理の時悪化しやすい様です。春、秋に多い傾向があります。なるべく安静にし(激しいスポーツなどは控えて)ます。。アレルギー性血管性紫斑病の軽症型ともいわれています。
    出典 :紫斑病
  • 単純性紫斑の治療とは

  • 単純性紫斑は比較的、症状の経過が良好な疾患ですので心配は要りません。また発症しても数週間で自然に消えていく場合がほとんどなので、特別な治療を必ずしも行わなければならないわけではありません
    出典 :原因不明の病、単純性紫斑とは?原因と治療法 | スキンケア大学
  • 予後は良好で、単純性紫斑病を発症しても何週間かで自然消滅します。
    出典 :単純性紫斑病 | 治療法は症状と原因から
  • 自然治癒しない場合

  • ケースによってはビタミンCなど血管を強めるために薬を処方されることもありますが、通常処置を必要としません。一般に、極端な運動は止めて安静を心がけます。また単純性紫斑病は再燃傾向を示すため、注意を要します。診断では他の紫斑病との鑑別を要しますが、血小板数といった出血性素因で異常を認めません。
    出典 :単純性紫斑病 | 治療法は症状と原因から
  • なるべく安静(激しいスポーツなどはひかえる)にします。時に血管強化薬としてビタミンC剤を内服することがあります。数週間で自然に消えてなくなり、予後のよい疾患ですが、再発しやすいので注意が必要です。
    出典 :単純性紫斑 治療方法 - goo ヘルスケア
  • まずは安静にする事から始めよう

  • 単純性紫斑になったらまずは安静にすることが大切です。症状がある時期に過度な運動をすると、血管に支障をきたすので症状が悪化します。また単純性紫斑は一度消えても再発する可能性が高いので、経過をよく観察しておく必要がありま。
    出典 :原因不明の病、単純性紫斑とは?原因と治療法 | スキンケア大学
  • 単純性紫斑は診断が容易ではなく、検査を行うものの、ほとんどの場合は見た目で判断しなければなりません。自己判断では他の疾患との識別は困難ですので、症状に気付いたら早めにクリニックを受診し、専門のドクターの判断を仰ぐことが重要です。
    出典 :原因不明の病、単純性紫斑とは?原因と治療法 | スキンケア大学
  • 症状として

     

    高齢者や副腎皮質ステロイド薬を用いている人達でも見られることがあり、境界がハッキリしない紫斑が上肢前腕に認められます。本疾患以外にも血管に原因があると考えられている紫斑病では、アレルギー性紫斑病であるシェーンラインヘノーホ紫斑病が該当するそうです。