マタニティママの悩み。妊娠線予防はいつからはじめる?

赤ちゃんがすくすくお腹の中で育っていくと同時に、ママのお腹も変化します。お腹が大きくなってくると気になる妊娠線ですが、妊娠線予防はいつから始めると良いのでしょうか。

view2307

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線とは

     

    一般に「妊娠線」と呼ばれるのは、お腹やバスト、太もも、ヒップ、二の腕などにできる真皮の断裂跡のこと。個人差はあるものの、妊娠5~7ヶ月のお腹が大きくなり始めるころからできやすくなります。1本だけできる人もいれば十数本という人も。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/387046/

  • 妊娠線はなぜできる?

  • 妊娠線ができる原因としてよく言われているのは、妊娠中の急激な体重増加。お腹が大きくなったりバストやヒップが豊かになるスピードが速いと、真皮や皮下脂肪の伸びが追いつかず、断裂が起こってしまうのです。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
  • 美容皮膚科医の片山聖子先生によると、妊娠中に分泌が増えるステロイドホルモンに、肌のターンオーバーを抑制させ、肌が元気に生まれ変わることができにくくなる働きがあるのだそう。元気がなくなった肌は弾力を失い、断裂も起こりやすくなるというわけです。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
  • 妊娠線を防ぐには?

  • 妊娠線が出来ないようにするには急激な体重増加を避け、妊娠線を予防するためのクリームで皮膚の保湿をすることが重要と言われています。
    出典 :妊娠線予防と対策なら美ボディ.jp
  • 急激な体重増加を避けるとしても、コントロールするのはなかなか難しいよね。

  • じゃ、いつから始めればいいの?

  • 一般的には妊娠線が出来始めるのは、妊娠30週あたりからのようです。http://t.co/qmZRboOQg3
     

    Twitterに妊娠線botがあるんだ!

  • マッサージクリームはいつから使うのが良いの?
    妊娠中のスキンケアとして、まず大切なのは妊娠初期からのケアです。おなかが大きくなってきて、クリームを塗りはじめれば妊娠線をケアできると思ったら大間違い!早い時期からのケアがとても大切なのです。妊娠線のできる要因のひとつとして肌の乾燥がありますので、乾燥を防ぐことが大切です。
    出典 :いつからはじめる? | ストレッチライン マッサージクリーム
  • 妊娠初期・中期の妊娠線ケア

     

    お腹が大きくなる前に、妊娠線のためのボディケアをスタートしましょう
    つわりも終わり、妊娠16週頃になってくると、おなかや乳房が大きくなりはじめます。20週を過ぎてくると妊娠線ができる人が多くなります。
    子宮が大きくなると共に、ぐんぐん前にせり出していき、皮膚もおへそを中心に放射状に伸びていきます。
    肌が新しくなる周期は28日間だと言われています。妊娠18週くらいには妊娠線ケアをはじめておいたほうがいいでしょう。

    出典:http://www.bebody.jp/ninshinsen_shoki.htm

  • 妊娠線予防⇒肌の柔軟性を保つことは妊娠中はもちろん産後のお手入れにも大切なことです。保湿というと水分補給と考える方も多いですが、皮膚に潤いを与えるのは油分ですのでローションなどよりもオイルや軟膏・クリーム系の方をお勧めします
     

    油分が多い製品のほうがいいのかな。

  • 妊娠線予防クリームの効果的な塗り方

  • 塗る量

     

    まず、妊娠線クリームを使う時は「もったいない」と思わないようにしましょう。
    お肌が乾燥していると妊娠線ができやすくなってしまいますので、
    ムラなくしっかりと保湿出来るようにたっぷりと使うようにしましょう。

    出典:http://xn--nckde4qsbe9db0ft513bwkzapqbdx5v3h5c.com/nurikata.php

  • 塗り方

     

    あまり力を入れずにやさしくマッサージしながら塗ることがポイントです。
    基本は“下から上へ”です。

    出典:http://xn--nckde4qsbe9db0ft513bwkzapqbdx5v3h5c.com/nurikata.php

  • お腹
    まず、おへそ周りにま~るい円を描くような感じで塗ります。次に、下腹部から上腹部にむかってなでるように塗ります。

    太もも~お尻
    膝裏からお尻に向かって、下から上にお尻を持ち上げるように塗ります。


    乳房の外側から、下を通って内側へと半円を描きつつ持ち上げるように塗ります。また、乳房の上から首に向かって上へ引き上げるように塗ります。乳房周辺は刺激しすぎると子宮が収縮してしまう可能性があるので、よりやさしくマッサージをしてください。
    出典 :妊娠線予防クリームの効果的な塗り方