食べると逆にお腹が空く食品、お腹が空きにくくなる食品は?

食品の中には、食べると逆にお腹が空く食品とお腹が空きにくくなる食品があります。
ダイエット中は、食べると逆にお腹が空く食品を避け、なるべくお腹が空きにくくなる食品を選びたいですね。
では、それぞれどんな食品があるのでしょうか?

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べると逆にお腹が空く食品

  • 野菜と果物で作ったジュース
    繊維をすべて取り除くタイプのジュースでは、糖分の高さで血糖値が上下し、お腹が空いて苦しくなってしまいます!
    出典 :ダイエット失敗の元凶に!「食べるとかえってお腹が空く」危険な食品5つ
     

    野菜ジュースは、ダイエット中に飲むことが多いかと思います。
    食事の前に野菜ジュースを飲むことで、太りにくくなるとも言われていますね。
    しかし、たとえ野菜ジュースでも糖分の高い野菜ジュースはダイエットには向いていません。
    太りにくくするどころか、逆に食欲がわいて食べ過ぎてしまいます。
    このようなことから、野菜ジュースでも糖分が少ない野菜の味がしっかりと残っているものを選びましょう。

  •  

    お酒も要注意です。
    お酒を飲むと、欲しくなるのがおつまみですよね。
    しかも、味の濃いおつまみを欲する人が多いようです。
    このようにお酒を飲むと逆にお腹が空いてしまうのはホルモンが大きく関係しています。
    満腹感が得られるのは、体内でレプチンとグリコーゲンの数値が上がることが理由のようです。
    しかし、お酒にはこれらの数値を下げる働きがあります。
    この働きのせいでいくら食べてもお腹が空いている感覚になり、ついつい食べ過ぎてしまうのです。
    このようなことから、お酒を飲むときはおつまみに注意しなければなりません。
    できるだけ高カロリーで味の濃いおつまみは避け、低カロリーなものを選びましょう。

  • 塩分の多いスナック菓子
    塩分の多いスナック菓子は、消化の早い炭水化物を使っていることが多く、血糖値の上下が激しくなります。
    出典 :ダイエット失敗の元凶に!「食べるとかえってお腹が空く」危険な食品5つ
     

    お菓子では満腹感を得ることができません。
    そのため、食べていると余計にお腹が空きもっと食べたいという気持ちになってしまうのです。
    また、よくあるNGな組み合わせがしょっぱい食べ物と甘い食べ物です。
    不思議なことに、しょっぱい食べ物を食べると甘い食べ物が欲しくなり、甘い食べ物を食べるとしょっぱい食べ物が欲しくなります。
    この悪循環で、食欲が止まらなくなってしまうのです。
    そのため、ダイエット中はスナック菓子を食べないように心がけましょう。

  • また、食べると逆にお腹が空く食品としてインスタント食品も挙げられます。
    インスタント食品の多くには、グルタミン酸ナトリウムが含まれています。
    この成分は満腹を感じるホルモンであるレプチンの分泌を抑えるため、満腹感が得られないのです。
    そのため、インスタント食品は便利ではありますが食べ過ぎはおすすめできません。

  • 食べるとお腹が空きにくくなる食品

  •  

    食べるとお腹が空きにくくなる食品は、意外にもチョコレートなのです。
    ただし、チョコレートと言っても甘さ控えめのビターチョコです。
    甘いミルクチョコレートなどは当然太る原因となってしまうため気を付けましょう。
    ビターチョコは満腹中枢を刺激するうえ消化がゆっくりなのです。
    このことから、ダイエット中にお腹が空いたら少量のビターチョコを食べましょう。

  • お酢
    この香り高い調味料に含まれる酢酸は、炭水化物を砂糖に変える酵素であるアミラーゼを非活性化させてくれます。
    出典 :スリムな体型を保とう!お腹が減りにくくなる6つの食品 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    お酢はフルーツなどと合わせて飲むのも良し、料理に使っても良し、おかずに掛けても良しのアレンジしやすい調味料です。
    ダイエット中は、お酢を積極的に摂りましょう。
    お酢の効果で食事の食べ過ぎを防ぐことができます。

  • 食べるとお腹が空きにくくなる野菜としては、ヒヨコマメやブロッコリーがあります。
    ヒヨコマメには栄養素がたっぷりと含まれており、消化が遅いため空腹になりにくいと言われています。
    そのため、ダイエットに最適な食品なのです。
    また、ヒヨコマメだけでなく豆類はダイエットに最適です。
    ぜひ、ダイエットと美容のために豆類を積極的に食べましょう。
    ブロッコリーに多く含まれているクロムという成分もお腹が空きにくくなると言われています。
    そのため、毎食前にブロッコリーの入ったサラダを食べるように心がけましょう。
    これだけで食欲が抑えられ、日々の食べ過ぎを予防することができるのではないでしょうか。