妊娠初期の飛行機による影響

妊娠初期、飛行機に乗って胎児への影響はあるのか、いつから乗っていいのかなど、妊娠初期に知るべき情報を集めました。

  • ssay 更新日:2014/03/19

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期、飛行機のX線の影響

  • 飛行機のX線は、胎児に悪影響を与える可能性がある。
    と言う人もいますが、飛行機のX線はごく微量のため胎児に影響を与えることはありません。

    影響を与えるとすれば、X線を気にしすぎて、ストレスにより流産などの兆候がでてしまうことです。

    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
  • どうしても気になるときには係員に妊娠初期だと伝えると、X線を通らずに済む場合もあるそうです。

  • 妊娠初期に飛行機で旅行

  • 旅行となると荷物もあるし、移動も多い、時間もかかる、旅行に夢中で体のことを忘れてしまう。
    人が多い時期は、バスなど待っている間立ちっぱなしかもしれません
    そういった、疲れやストレスのせいで出血したり、悪阻がひどくなる可能性もあります。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
     

    ストレスを感じないようにこまめに休憩をとるようにしましょう。

  • 妊娠初期の飛行機は流産する?

  • 妊娠初期に飛行機に乗ったから流産するわけではありません。飛行機に乗ると振動や放射線、普段は考えないようなことで悩むことがあると思います。不安がストレスとなり、そのストレスが流産へと繋がることがほとんどです。
    確かに、振動や気圧がお腹を圧迫してしまう可能性はあります。
    出典 :妊娠初期の飛行機 利用。胎児への影響は?
  • ストレスをためやすい人は、新幹線の方がいいかと思います。

  • いつからなら乗ってもいい?

  • 妊娠12週以降36週以前(可能であれば28週ごろまで)の間に搭乗の予定を立てることが望ましいとされています。
    出典 :妊婦さんが飛行機に乗る時に知っておきたいこと | nanapi [ナナピ]
  • 機内の環境

  • 機内は与圧装置によって外気圧よりも高い圧力がかけられています。気圧の低下に伴い気体は膨張するので、腸管内のガスは膨張し体に影響を及ぼすこともあります。
    機内はとても乾燥しており、風邪やインフルエンザのウィルスなどが感染しやすい状況
    出典 :妊婦さんが飛行機に乗る時に知っておきたいこと | nanapi [ナナピ]
  • マスクを用意するようにしましょう。

  • 機内で注意したいこと

  • 気圧の低下に伴い炭酸ガス飲料を飲むのは避ける

    無理せず、楽な姿勢をとる

    悪阻がある妊婦は、飛行機酔いによる嘔吐が助長されやすいので注意。

    シートベルトは、長さが不足する場合は延長用のベルトが機内に搭載されているので、乗務員にお願いする。
    出典 :妊婦さんが飛行機に乗る時に知っておきたいこと | nanapi [ナナピ]
  • 実家への急な帰省など、妊娠中に飛行機に乗ることもあると思います。
    その場合は上記に書いてあるような点に注意するようにしてください。