表情筋を鍛えるだけで小顔になれるって?

表情筋のことを考えたことありますか? ちょっとしたトレーニング方法を知っていると、それだけで小顔になることができるのです。

view569

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 表情筋って何?

  •  顔の目や口、鼻などを動かす筋肉。
     顔には30種類以上の筋肉があり相互に作用し、人間の複雑な表情を作り出します。
    出典 :表情筋とは
     

    非常に繊細で複雑なのが表情筋。普段から気にしていないとすぐに衰えてしまいます。

  • 表情筋とはこれ!

     

    表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っておらず、無表情で筋肉を使わなかったり、加齢などが原因で衰え、衰えた表情筋は今まで保っていた顔のハリなどのバランスを崩しシワやたるみになります。
    また、たるみが毛穴を目立たせたり、どんどん老け顔を招くきっかけになります。
    出典:http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0312_hyoujoukin/topic03_10_1.html

  • とりあえず変顔しとけ!は間違いです

  • 実は、鍛えることによってえらが張って見えちゃう筋肉もあるとか。
    出典 :スッキリ!小顔にするにはどの表情筋を鍛える!? - えっ!表情筋を鍛えると10歳若くみえるって、どうするの?
     

    表情筋、とにかく適当に鍛えるのはダメなんです。きちんと小顔のためのトレーニングをする必要があります。

  • 気を付けたいのが顔のエラを覆うようにある「咬筋」です
    この筋肉は、物を噛む時に使う筋肉なのですが
    エラが張っている人が咬筋を鍛えてしまうと、
    顔の輪郭が広く見えてしまい、結果顔が大きく見えてしまいます・
    ガムを噛むと小顔になれると言われていますが、
    すべての人にあてはまるわけではなさそうです。
    出典 :スッキリ!小顔にするにはどの表情筋を鍛える!? - えっ!表情筋を鍛えると10歳若くみえるって、どうするの?
     

    良く噛むのは健康のためにとっても良いのですが、やり過ぎは厳禁です。

  • 小顔に必要な表情筋

  • 表情筋を鍛えるトレーニング

  • 二重あごとサヨナラするトレーニング

     

    顔をゆっくり上にむけ、上に向いたら下唇を思い切り突き出す。
    上唇も突き出し、5秒ほどキープ。
    ゆっくり元に戻す。
    出典:http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0312_hyoujoukin/topic03_10_3.html

  • 口元を鍛えるトレーニング

     

    ゆっくりタコのように唇をつぼめ突き出す。
    ゆっくり元に戻す。
    「あ・い・う・え・お」と大きく口を開けて大げさに発音する。
    出典:http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0312_hyoujoukin/topic03_10_3.html

  • 日本語の母音である「あいうえお」にはいろいろな筋肉を使う動きが
    隠れているのです。
    出典 :スッキリ!小顔にするにはどの表情筋を鍛える!? - えっ!表情筋を鍛えると10歳若くみえるって、どうするの?
     

    あいうえお体操なんかも、実は小顔にきいてきます。

  • 表情筋トレーニング ~毎日見てね 体操~

  • 目を閉じ、口先をとがらせてすぼめ、小鼻に力を入れ、鼻先に顔のパーツすべてを寄せ5秒キープ。寄せたパーツをすべて思い切り開き5秒キープします。
    次に目を閉じて眉と目を眉間に寄せて5秒キープ。眉と閉じたままの目を上に寄せて5秒キープします。
    今度は口を大きく開け、ゆっくりと「あ」「い」「う」「え」「お」の形を作ります。
    次に笑顔を作るように頬を上げながら口を横に大きく開けて5秒キープしたら、口を縦に大きく開けて5秒キープします。
    今度は口を思い切り膨らませて5秒キープしたら口をすぼめて5秒キープします。
    次に口をすぼめて縦に広げ5秒キープしたら、笑顔を作るように横に広げて5秒キープします。
    最後に右側にずらすように口とアゴをずらし5秒キープしたら、左側も同じようにずらし5秒キープします。
    1日3セットを目安に、(1)~(7)までの動作を繰り返しましょう!
    出典 :表情筋トレーニング ~毎日見てね 体操~ - YouTube
     

    言葉で説明するとこんな感じ。

  • 小顔をつくる表情筋トレーニングは、できれば毎日つづけましょう。