更年期障害の症状 女性40代と50代では違う?

更年期障害と言っても症状はたくさんあります。更年期障害の症状で女性40代と50代では違いがあるのでしょうか?

view253

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期とは

  • 更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。
    出典 :更年期症状と更年期障害|女性の更年期|ドクター's コラム|eo健康
  • 更年期のカギを握るエストロゲン

     

    エストロゲンは、卵巣で作られ、子宮の発育や子宮内膜の増殖などにかかわりがある女性ホルモンです。
    思春期にはエストロゲンのレベルが上昇し、女性としての機能が発達し、月経などが始まります。
    更年期に入るとレベルは次第に低くなり閉経する前後には急激に低下します。

  • 「これって…」更年期障害の症状

  •  

    更年期障害は40歳代の女性によく現れます。
    自分はまだまだ…なんて言っているといざ現れた時精神的疲労が重なりうつ病になってしまうかもしれません。
    そんな事になる前に知恵を身につけましょう。

  • ・頭痛、肩こり
    出典 :更年期障害の症状〜女性40代の予防・改善策はコレ!
     

    更年期の頭痛や肩こりは、卵巣機能の低下による血行不良が大きな原因です。頭痛によってめまいや不眠などの症状が引き起こされることもあります。

  • ・疲労感、倦怠感
    出典 :更年期障害の症状〜女性40代の予防・改善策はコレ!
     

    ホルモンバランスの乱れにより、慢性的な疲労感や倦怠感に襲われることがあります。症状には個人差がありますが、ほとんどの女性が経験するものです。睡眠を十分にとって、心と体を休ませることが大切です。仕事や家事は少し控えめにしましょう。

  • ・のぼせ、多汗、ほてり
    出典 :更年期障害の症状〜女性40代の予防・改善策はコレ!
     

    更年期になると、1日に数回女性ホルモンの分泌が活発になることがあり、これによってのぼせたり、汗が大量に出たり、ほてったりすることがあります。このような場合は、ぬるめのお湯に入ったり、シャワーを浴びると症状を抑える効果があるそうです。

  • ・動悸、息切れ、胸苦しさ
    出典 :更年期障害の症状〜女性40代の予防・改善策はコレ!
     

    運動をしていないのに、突然動悸や息切れが起こります。また、寝ている間に急に胸苦しさを感じて目を冷ますこともあります。このような症状は過労ぎみであったり、心配事があるときに起こりやすいようです。

  • 更年期障害40代と50代の症状の違い

  •  

    更年期障害の症状は人それぞれです。
    重い人もいれば自覚症状なく終わってしまう軽い人もいます。
    また、始まる時期もばらばらなため「この歳に更年期が始まる!!」と言う事も言えません。

    40代で更年期障害が現れる場合と50代で現れる場合は症状も多少変わってきます。

  • 【40代】
    ホルモン量が減少した事で自律神経に少し不具合が生じ、不眠やイライラ、気分の落ち込み、物忘れと言った、主に精神的な不調が目立つ人が多いようです。めまいや耳鳴り、動悸などを挙げる人も多いです
    出典 :更年期障害の症状の年代による違い
  • 【50代】
    口の中や皮膚が乾燥する、髪の毛が抜ける、手足がしびれる、などです。40代から徐々に減り始めた女性ホルモンが、50代でいよいよ残り少なくなり、自律神経の不調だけでなく、肌や皮膚を健康で若々しい状態に保つ事ができなくなってきたのです。
    出典 :更年期障害の症状の年代による違い
  • 簡単に言えば、40代は精神的な症状が目立ち、50代は身体的な症状が目立ってきます。