意外と知らない!?オーガニックコスメのあれこれ…

オーガニックコスメと聞くと、自然の成分に満ち溢れ余分なものを何も含まないコスメのことを思い浮かべますね。
化学成分を含まないので敏感肌の方や自然派志向の方に愛用している方が多いようですが、オーガニックコスメの中にはオーガニックを謳いつつ様々な成分が添加されている物もあるのです。

view64

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オーガニックコスメとは!?

  • オーガニックコスメとは、コスメに使用される素材が農薬や化学肥料などの合成物を一切使用しないで作られた化粧品のことを言います。
    素材が持つ力を最大限に発揮し、人間の持つ自然治癒力に働きかけて健康を維持するというシンプルな自然派の考え方を持っています。

  • ★オーガニックコスメの特徴★

     

    ・お値段が高い…化学肥料や農薬を使わずに原料を育てるので、非常に手間と時間が掛かります。
    また天候や疫病の流行などの影響を受けやすいので、生産が難しいこともありお値段も高額になってしまうのです。

    ・お肌の力を底上げしてくれる…過酷な自然の中で生き抜いている植物には、我々人間には計り知れない偉大な力が宿っています。
    オーガニックコスメを使うことによって、お肌本来の力を引き上げトラブルの原因を根本から回復させてくれます。

  • 意外と知らない?オーガニックコスメについての勘違い

  • みなさん、自然派とか天然系とかいう言葉に安心していませんか?
    安心安全な化粧品を使いたいと思うのは誰しも同じです。

    しかし正しい知識が無いと、あなたは言葉のマジックに騙されているかもしれませんよ…。

  • ★言葉のマジックに気をつけて★

     

    私達が注意しなくてはいけない言葉は
    ①自然派・天然由来化粧品
    ②無添加化粧品
    です。

    《言葉のマジックに気をつけて!》
    ①自然派・天然由来化粧品…天然成分が含まれた化粧品という意味です。
    天然成分が含まれていれば使うことが出来ますから、化学成分が入っていることも多いです。

    自然派・天然由来化粧品と聞くと100%天然と思いがちですが、これは間違いなので気を付けたいですね。

    ②無添加化粧品…人工的な化学物質をほとんど配合していない有機素材の成分が含まれた化粧品のことです。
    防腐剤・合成着色料・合成香料など化学成分を含んでいない化粧品のことです。

    つまり無添加とは人工化学物質に対して使う言葉であって、素材そのものに対して使う言葉ではないのです。
    100%オーガニック原料であるかは言い切ることができません。

  • ★オーガニックコスメによる肌荒れにも注意★

     

    オーガニックコスメには、植物の力がたっぷり含まれています。
    そのためお肌にとってまだ未知の成分も多く、実は薬レベルで危険な成分も含まれていることがあるそうです。

    私もそうなのですが、オーガニックコスメは成分が肌に強すぎて逆に肌荒れを起こしてしまいます。
    また、自然の香りもちょっと苦手でした。

    私の場合は、某エステで購入したオーガニックローズエキス配合の化粧水でした。
    使った直後から肌がヒリヒリ・ピリピリしてきて、何だかおかしいな…と思ったのですが高い物だしオーガニックだしと信用して数日使いました。

    しかし、やっぱりお肌が荒れて来てしまったので泣く泣く捨てました。

    オーガニックコスメは化学成分が含まれていないので敏感肌にも安心…そう思っている人も多いと思いますが、本当に安心であるかは個人差があるように感じます。

    使ってみてお肌に異常が表れた場合にはすぐに使用を中止して、お肌を休めて上げましょう。

  • オーガニックコスメは高価なものなので、お肌に合わなかった時にも「もったいないから」と使い続ける人が多いようです。

    お肌が悲鳴を上げる前に、速やかに使用を中止しましょう。
    またフルボトルを購入する前に、サンプルなどを貰って試してみることをおすすめします。