不安神経症への接し方について考えてみました。        

不安神経症という病気を正しく理解してますか?周りにこの病気の人が居る場合の接し方についてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/06/03

view474

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安神経症とは

  •  

    突然襲い掛かる言い知れない不安が一つの症状なのです。

  • 不安を主症状とする神経症を、不安神経症といいます。 不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    一概のその不安の原因は語れない場合もあります。あくまでもその人の気持ちの奥底にある不安が身体症状を引き起こしているのです。

  •  

    パニック障害という言葉は最近ではよく聴かれるようになりました。

  • 国際疾病分類などでは「神経症」という用語はすでに正式な診断名としては使われなくなっており、従来の不安神経症にあたる診断名は、現在では「パニック障害」か「全般性不安障害」です。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    周りのこの病気の人が居る場合には家族等も医師の説明をよく聴いて対処するべきです。

  •  

    本人にとっては辛く重い状態が続いているということを理解したいものです。

  • 神経症の原因は心理的な出来事(心因)とされていますが、実際にはそのような出来事がみられないこともしばしばあります。全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、まったくないこともあり、また、過労、睡眠不足、かぜひきなど、一般的な身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    思い当るきっかけが家族の中である場合には同じ状況に陥らないように気遣う事も大事です。

  • 不安神経症の人への接し方

  •  

    家族みんなで背負うということではなく一緒に闘うという気持ちが大事です。

  • まず本人にとって不安や症状は非常につらいものだという事を理解する、という事です。神経症の症状やその根底にある不安は、健常者のそれと大きくかけ離れたものではありませんが、患者にとっては非常につらく、長期に持続する事が多いので、大変な事なのです
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 一般によく言われるのは、とにかくゆっくり休ませたら、という事ですが、休息だけで良いのでしょうか?たしかにパニック障害やうつ病など、しばしば過労やストレス等が原因で発症する神経症や不安障害もあります。これらの場合、まずは休息が必要でしょう。しかし、例えばうつ病でも数週間~数ヶ月の休息が必要でしょうが、徐々に回復に向かう時期には、むしろ少しずつ活動モードに切り替えていく方が、良い効果が出てくると言われます。
    出典 :神経症(不安障害)と森田療法〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
  • 不安神経症の克服法

  • 家庭環境の中で出来るものもあります。ただ、それを行うには、「家族や周囲に、不安神経症の内容を理解してもらうこと」が重要と言えるでしょう。不安神経症を発症した人しか解からない事が、この病気にはたくさんあります。その為に周囲の理解は、ものすごく重要なのです。
    出典 :不安神経症を克服するには
  •  

    何かを共有するということだけでも不安神経症の人にとっては支えになります。

  • 不安を受け止めること。自然体で出てくる不安や恐怖。受け止めてと言った所で、簡単ではないと思います。ただ、不安や恐怖が襲ってきたときに「なんなの!!これは!!」と思うより、「また、いつもの発作だ」と思う方が、気はラクになります。
    出典 :不安神経症を克服するには
  • 不安神経症の人を理解することはなかなか難しいことです。疑問に思う行動や思考の中でまずはどの人の今を受け入れるということから始めてみませんか?