子宮内膜症の症状

子宮内膜症についてまとめています。子宮内膜症は子宮以外の卵巣や卵管などで子宮内膜が増加する病気です。

view45

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 子宮内膜症の自覚症状

  • 子宮内膜症の発症のピークは30代

     

    自覚症状
    ●月経困難症(月経痛がある)
    ●過多月経(月経血の量が多い)
    ●妊娠しにくい

  • 子宮内膜症は月経のときに体外に排出されるべき予宮内膜が、腹腔内や卵巣、卵管などで増殖する病気で、20代の5~7%、30代の7~10%に見られます。月経のたびに子宮内膜と同じように出血を繰り返しますが、きれいに流れ出ていくことがないので、残った内膜が傷んだり、くっついたり(癒着)して、不妊の原因になります。
    出典 :子宮内膜症
  • 子宮内膜症の特徴的な症状は、家事などの日常生活ができなかったり、鎮痛剤を飲まなければならないほどの月経痛がある月経困難症です。そのほかにも、月経の量が多い過多月経、月経時以外の下腹部痛や腰痛、排便痛、性交痛などの症状があります。「月経痛と、排便痛または性交痛がある人の80%が子宮内膜症にかかっている」というデータもあり、子宮筋腫や子宮腺筋症を合併していることも少なくありません。
    出典 :子宮内膜症
  • 子宮内膜症になる原因は?

  •  

    子宮内膜症は月経血の逆流が原因で起こるといわれています。移植説と化生説の2つがあります。移植説
    は、月経血が逆流することで子宮内膜が腹腔内の子宮以外の場所について、そこで増殖するという説。化生説は、月終血の逆流で腹膜が刺激を受けて、子宮内膜のように変化するという説です。どちらにしても、妊娠せずに月経を繰り返すことで子宮内膜がふえます。

  • 子宮内膜症になりやすい人はどんな人

  •  

    子宮内膜症になりやすい人は月経痛が強いほか、初経が早い人や月経周期が短い人です

  • 「月経痛が強い場合は、そうでない場合にくらべ2.6倍も子宮内膜症を発症しやすい」というデータがあります。初経が早かったり、生理周期が短い場合も、月経回数が多くなって月経血が逆流する回数がふえるため、子宮内膜症になりやすいといえます。
    出典 :子宮内膜症
  • 妊娠希望の場合、子宮内膜症で妊娠できる?

  •  

    不妊治療をしている場合は手術が基本

  • 子宮内膜症の治療治療には薬と手術の2つがあります。卵巣以外に病巣がある場合は、手術も選択肢の一つになります。卵巣に病巣がある場合(チョコレート嚢胞など)は、手術によって正常な卵巣に影糾が出ることも。再発もしやすく、何度も手術するとダメージが人きくなるので、妊娠までに1回ですませることが理想です。術後は再発を予防するため、妊娠にトライする時期まで黄体ホルモンを服用します。
    出典 :子宮内膜症
  • すぐに妊娠を望まない場合は、まずは薬で治療

     

    将来的に赤ちゃんが欲しい場合には、まず薬による治療で進行させないようにします。服用し続けることで病巣が小さくなることも。その後、妊娠したい時期の直前に手術することになります