ついにお腹の赤ちゃんとご対面って時!妊娠したら決めたい理想の出産スタイル

陣痛に耐えてようやく生まれる~!って時、赤ちゃんとどんな形でご対面したいですか?妊娠したら、自分の理想の出産スタイルを考えましょう。

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近よく耳にする「バースプラン」。その名の通り「お産の計画や要望」のことです。一生に数回の貴重な体験なので、できるだけ自分の希望に合ったものにしたいですね。
    出典 :ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めてのバースプラン 1 - ユニ・チャーム
     

    人によっては一生に一度の経験になるかもしれない妊娠・出産
    自分の理想ってありますよね。

  •  

    どんな出産スタイルがいいかな~


    妊娠すると10か月先のことでも気になりますよね

  • 出産スタイルを決めるということは、赤ちゃんとご対面する方法を決めるということです。
    生まれて初めてこの腕に抱く赤ちゃん。
    その瞬間、どんなシチュエーションが理想ですか?

  • いろいろある出産スタイル

  • 今では、いろいろな出産スタイルがあります。

  • 赤ちゃんが出てくる場所による種類 経膣分娩 帝王切開 分娩時の姿勢による種類 普通分娩 座位分娩 フリースタイル分娩 水中分娩 呼吸法による種類 ラマーズ法 ソフロロジー
    分娩する場所による種類 自宅出産 LDR その他の分娩(薬などの使用) 無痛分娩・和痛分娩
    出典 :ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めてのバースプラン 1 - ユニ・チャーム
     

    出産にもこれだけの選択肢があります。

    中には、聞きなれない言葉もあるかもしれませんね。

  • 座位分娩
    仰向けではなく、上体を起こした姿勢で出産する。分娩台そのものが、美容院のシャンプー台の椅子のようになっていて、腰かけた姿勢になる。分娩台の角度は好みによって変えられる。上体が起きているので、重力の助けをかりて胎児が降りやすくなり、いきむ方向もつかみやすい。また、子宮の内圧も高まる。
    出典 :帝王切開・麻酔分娩・誘発分娩・座位分娩-お産ガイド:babycom
     

    重力が働いてお産が進むというメリットがあるのですね。

  • 分娩台は使わず、いきみもフリースタイルで
    病院の分娩台では考えられないようなポジションでも、ママが楽なのであればOK。好きなようにあっちを向いたりこっちを向いたり、ときには夫に支えてもらったり。女性に本来備わっている「産む力」を発揮し、自分らしいお産をすれば、育児への自信にもつながるはず。助産婦さんはその力を引き出すリード役
    出典 :分娩台を使わず、フリースタイルで産む!【助産院でのお産 2】 - gooベビー
     

    フリースタイルとは、分娩台に乗ってお産するスタイル以外のことを指します。
    ポーズは決まっていません。妊婦さんの好みの恰好で産めます。

  •  

    図のように、どんなポーズでもOK
    これがフリースタイル分娩です。

  • 水中出産はとは、ジャグジーのような出産用のプールに、人肌のお湯を張り、その中で出産する方法です。温水に入ることで心身ともにリラックスした状態で出産することが可能で、また、麻酔を使わない無痛分娩とも言われています。みなさんも、生理中に暖かいお風呂に入ると生理痛が嘘のように和らぐのを経験したことがありませんか?水中出産も同じように
    出典 :水中出産は危険?メリットデメリットご紹介
     

    生理痛が和らぐ感じ、経験ありますよね。
    温水に入ることで、筋肉の緊張や陣痛が治まるのだそうです。

  • モデル 道端カレンさん

     

    道端カレンさんは2児のママですが、第一子出産の際、水中出産を経験したそうです。

  • それでも赤ちゃんと初対面した時の様子をこんな風に話しています。

  • 日本式ラマーズ法が定着している。呼吸法も簡略化され、リラックスに重点がおかれるようになっている。呼吸をしながら体から力を抜き、リラックスする。呼吸はゆっくりとした胸式。 これまで、出産は力いっぱいいきんで産むものとされてきたが、呼吸を止めることによって胎児への酸素供給量が減るため、最近ではいきみを極力短く、無理に腹圧をかけない呼吸法に変わってきた。
    出典 :ラマーズ法 ル・ボワイエ式−暴力なき出産 アクティブ・バース-お産ガイド:babycom
     

    ラマーズ法は、呼吸してリラックスすることに重点を置いた出産スタイルなのですね。