意外と知られていない?間違ったダイエット法トップ10

様々なダイエット方法が登場してきている昨今、ご自分が選択したダイエット方法は果たしてあなたの本当の目的に到達できるのでしょうか?

view411

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 絶食して食べなければ痩せる?

  •  

    高価なダイエット商品に手を出す予算もない、でも早く、且つ簡単に痩せたい。
    そんな人の多くが、絶食と言う道に走ります。これは、ダイエットではなく、はっきり言って自殺行為に近いものです。
    まず、絶食をすると付いてくるのはリバウンドです。
    一旦痩せれば、摂取量に気をつければ大丈夫?ちがいます!!
    一度太った体の細胞は、一緒に太っているのです。しかし、急激にやせても細胞は痩せてくれないのです。つまり、いつでも満タンに吸収できるだけの袋を持ちかまえています。そこに飢餓状態の人がご飯を食べれば、必然的にどうなるかわかりますよね?
    更に危険なのは、リバウンドを恐れるあまり、拒食症になってしまう事です。

  • 酒飲み必見!!禁酒ダイエット!?

  • ダイエット食品は、成分に何が入っているか疑うべきだし、お酒はまったく飲まない人や大量に飲む人よりも、“適量を飲酒する人のほうが死亡率が低い”という研究結果が出ているんですよ
    出典 :早死にを招く間違ったダイエット | 日刊SPA!
  •  

    お酒が好きな人にとって、禁酒によるダイエットはかえってストレスを増加させて、食欲も増加させてしまいます。
    適量を健康のために毎日飲めば、好きな料ではなく我慢になるけれど、そのストレスも少なくて済みますね。

  • 朝食を抜いてダイエット?

  • 朝食を抜くと昨夜の夜から次の日の昼までの長い時間食事を摂らないことになります。するとエネルギーは不足するわけですが、体はエネルギーの節約モードに入ってしまうので思ったほど体内に貯蓄されたエネルギーは消費されません。食事を抜くと頭がぼ-っとしたり体がだるくて活発に動く気がしないのはそのせいです。


    出典 :間違ったダイエット方法|キレイに痩せる!ダイエットの正しい知識と方法
  • 朝ご飯は、一日の燃料補給の時間ですよね。
    摂取量に気をつけて、毎朝ちゃんと取るようにした方がよさそうです。

  • 油分を抜いてダイエット?

  • 油も体には必要な栄養素ですからきちんと摂らなくてはいけません。
    出典 :間違ったダイエット方法|キレイに痩せる!ダイエットの正しい知識と方法
  • 重要なのは摂る油の種類です。揚げ物などに使う油は体内に十分足りていますので控えても良いですが、魚などに含まれる油は不足しがちなので積極的に取り入れましょう。
    出典 :間違ったダイエット方法|キレイに痩せる!ダイエットの正しい知識と方法
  • 揚げ物や脂分たっぷりのお肉、最高ですね。おいしいからついつい量が増えてしまう。
    というのを我慢して適量摂取すれば良いですよね~

  • 炭水化物ダイエットって大丈夫?

  • 炭水化物は、摂取し過ぎると血糖値が急上昇し、インスリンが発動して脂肪にしてしまいます。時間が経つとその急上昇した血糖の反動で、今度は低血糖となり食欲がわいてきます。
    出典 :炭水化物抜きダイエット|キレイに痩せる!ダイエットの正しい知識と方法
  •  

    しかし、炭水化物は体に必要な糖質をとる身近な食材です。
    血糖値が上がらなければ、満腹感を得られないので、絶炭水化物と言うのは難しそうですね。
    逆に満腹感が無ければイライラが発生し、ストレスがたまり余計食欲が上がってしまうのではないでしょうか?

  • 運動をして汗をかきましょう。

  •  

    運動をして汗をかく事は非常に健康的です。とよく言われますが、過度な運動を突然始めたりする人が多かったり、疲れたからと言って、ゆっくり湯船に入る人も多いようです。
    まず、過度な運動は、体を酷使し壊しやすい状況が発生します。実際に壊してしまうと、せっかく始めた運動は打ち止めになってしまいます。集中力が切れるのです。
    また、しっかり汗をかいた状態で湯船にゆっくり入るという事は、干乾びた体を水分にしっかり浸してしまっています。ふやけて、膨張します。
    まるで、1日のうちにダイエットからのリバウンドみたいな感じですね。

  • まずは、少しずつ運動を始めて、長く続く様なメニューでやっていきましょう。
    運動後はシャワーや短時間の入浴で軽く汗を流す程度にしましょう。

  • サウナに行って大量の汗をかきましょう!!!?

  •  

    汗をかくイコール減量と考えるのは、体重制限のあるスポーツ選手だけで十分だと思いませんか?
    汗は体内に必要な水分です。だから、精神的にも汗をかいて減量できる範囲は知れています。
    また、サウナで汗をかいた状態は、干からびた干物と同じ状態です。急激な水分補給はかえって細胞が膨張しやすく、逆効果になります。
    ちゃんとした知識で、発汗と水分補給を行ってください。

  • 薬に頼ったダイエット???

  • 医師の指導によって病院で使う肥満症の改善薬のほかには、ダイエットに効果があると認められている薬はありません。
    最近はインターネットなどで、外国のダイエット用サプリメントなどを使用する人が増えていますが、その中には日本で認められていない薬物が入っていて、危険なケースも少なくありません。また自然成分をうたっているものにも、実際には認可されていない化学物質が入っているケースもあり、健康を害する危険性もあります。
    出典 :間違ったダイエットに注意!|肥満|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  • 本当に怖いですね。
    医師や薬は、我々にとって様々な面で神頼み的な存在です。それすら疑ってかかった方が良いのか・・・

  • 通信販売DVDを見ながらダンス?

  •  

    ダイエットのためのダンスって、長続きすると思います?
    そもそも、ダンスが好きですか?運動が好きですか?
    高いお金を出して、おおよそ半分以上の人がお蔵入りしていることでしょう。
    そして、自分には持続力が無いのだと自己嫌悪に陥り、ストレスから過食症になるケースも少なくありません。恐ろしいですね~

  • ”たった3週間で10㎏減”というキャッチコピーのダイエット商品にご注意を!!

  • 今まで様々な宣伝を目にしてきましたし、それをやった人の末路も知っています。
    どんなに良いキャッチコピーでも、楽な道はないのが結論です。
    急激に痩せるようなダイエットは、体内ホルモンを急激に変化させてしまい、体のあらゆるところに障害をもたらす危険を伴います。
    また、成功しても、それを持続しなければなりません。
    良い商品も使い方を誤れば、諸刃になるという事です。
    ちなみに、私の知人でダイエット効果のあるウエットスーツを購入。かなり高額でしたね。現在では、当時の倍の体重になってしまいました。